1. Home
  2. SPORTS
  3. しなやかな筋肉の持ち主、ハル・ベリーの過激な筋トレって?

しなやかな筋肉の持ち主、ハル・ベリーの過激な筋トレって?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

17,773

Seina Ozawa(翻訳)

ハル・ベリー

女優ハル・ベリーは、現在52歳。毎週金曜日に#FitnessFriday(フィットネスフライデー)のタグをつけて投稿し、自身のトレーニングメニューをファンにシェアしています。トレーナーのピーター・リー・トーマスと昨年1月からスタート。

ハルとピーターはそれ以来ずっと投稿を続けており、毎週私たちに刺激を与えてくれます。今回は、そんなハル・ベリーから学んだ健康の極意をいくつかピックアップしてご紹介します。

  1. カーディオトレーニングの重要性を理解する
  2. ヨガを行う
  3. 新しいことに挑戦する
  4. そう簡単にいかないこともある
  5. メディシンボールを使ってトレーニングする
  6. みんなを元気づけるために、献身的にワークアウトに取り組む
  7. 巨大なタイヤを持ち上げる
  8. コンクリートブロックも持ち上げる
  9. オリンピック選手のようにトレーニングする
  10. リカバリーを行う

1. カーディオトレーニングの重要性を理解する

カーディオは人気のエクササイズとは言えませんが、体型を維持するためには重要です。

「私にとってカーディオはワークアウトに欠かせないもの。カーディオをやらないと、私のフィットネスルーティンは終わらないわ」と2018年9月に投稿しています。「カーディオと心臓の健康には密接な関係があるの。効率的に全身へ血液を送り出して、血圧や安静時心拍数のバランスを整えてくれるわ

2. ヨガを行う

ヨガの効果は、身体的なものだけではありません。

「一番苦しいときこそ、自分の内面的な強さが最も役に立つ」とハルは投稿で綴っています。「自分の内面的な強さとつながりを持てる、簡単なメディテーション(瞑想)をシェアするわ。つらいときでも、より楽に動けるようになります」。お気に入りだというヨガポーズのやり方も紹介。

3. 新しいことに挑戦する

新しいことを始めるのは苦手という人も多いですが、挑戦してみなければ自分がどれだけできるのかわかりません。ハルにとって新たな挑戦はなんと逆立ち! 完璧なフォームを身につければ、ほぼすべての筋肉を鍛えることができます。ちなみに、逆立ちで一番重要なのはコアです。

「フィットネスルーティンにとらわれて、毎週毎週同じことを繰り返しやりがち」とハルは2018年8月に投稿しています。「みんな、脚、上半身、腹筋と毎回同じエクササイズを続けて、なんで体に真の変化が起こらないのか疑問に思う。その答えはこうよ。体にショックを与えなきゃダメ。体が反応できる新しいエクササイズをやらなきゃいけないの」

4. そう簡単にいかないこともある

健康とフィットネスの道のりは長く、一夜にして理想の体型が手に入るわけではありません。ワークアウトに励んだり、最後のレップをこなすエネルギーなんて残ってない、という日もあるでしょう。ハルからのアドバイスは、それでもやり通すこと!

「よくみんなから、疲労への対処法とか、私のような生活を送りながらハードなワークアウトをこなすパワーとエネルギーがどこから湧いてくるのか、って聞かれるわ」と2018年9月の投稿でシェアしています。「一番は、意志の力よ。気力で乗り越えること。心を決めて。自分の健康とフィットネスへの道を大切にする、と決意するの」

5. メディシンボールを使ってトレーニングする

この重いワークアウトボールの使い方など「まったく知らなかった」というハルですが、今年1月の投稿で、トレーナーと一緒にメディシンボールを使ったトレーニングに励んでいる写真を公開しました。

「メディシンボールでこんなにたくさんの実用的で楽しいエクササイズができるなんて、全然知らなかった。しかも全部、家でできるのよ」とハル。「これらのエクササイズはコアに働きかけながら、敏捷性とバランスを鍛えられるの。カーディオにもいいわ!」

6. みんなを元気づけるために、献身的にワークアウトに取り組む

何かができないと感じたときは、この写真を見てやる気を出して。フィットネスのインスピレーションをもらえるのはもちろん、ハルからの素敵なメッセージも添えられています。

「国際女性デーを祝って、私のフィットネスの旅には今や不可欠な、パワフルで影響力のあるすべての女性に、この#FitnessFridayを捧げるわ。みなさんは、率直で潔く、懸命に努力している、最高に力強い存在よ」と3月に長文で投稿しています。

7. 巨大なタイヤを持ち上げる

ロープの写真を見ても特に何も感じなかったというみなさん、これならどうでしょう?「ワークアウトにバリエーションを与えてくれるユニークな器具が好きなの。エクササイズを楽しく続けられるわ」とハルは3月に投稿しています。

「タイヤを使ったトレーニングは闘争心をかき立ててくれるから、自分の限界に挑むのに効果的。体型維持とカーディオの両方に取り組めるパーフェクトな方法よ」やっぱりハルはすごい、と感心せざるを得ません。

8. コンクリートブロックも持ち上げる

ハルの新しいダンベルは、どうやらコンクリートブロックのよう! ハルは、ときどき昔ながらのジム器具におさらばして、使えそうなものは何でも試しているとのこと。

「私たちの考える真の戦士は、どんな環境にも目を向けられる人。自分のルーティンに挑むために、新しくて面白い方法を見つけ続けるの(おしゃれなジムに通う必要はないわ!)」と4月の投稿で綴っています。

9. オリンピック選手のようにトレーニングする

さすがはハル・ベリー、期待通りですよね。「最近、ブルガリアン・サンドバッグを使い始めたの。オリンピック選手用に作られたものなんだけど、もう夢中よ!」と3月に投稿。「強化トレーニング、カーディオ、プライオメトリクスなどなど、なんにでも使えるわ!」

10. リカバリーを行う

重要なのはバランスで、体を休ませてあげることも大切

「怪我をしている方や、私のように仕事に打ち込んでいて、長時間働いたり昼と夜のダブルシフトで働いている方は、ワークアウトと同じくらいリカバリーも重要よ」と、昨年10月の投稿でハルは語っています。

セレブのトレーニングをマネしてみたい

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー・ロペス。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

https://www.mylohas.net/2018/11/179832attractive-body.html

ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

36歳のブルトニーの腹筋は、くっきりと割れていて圧巻。彼女のワークアウトは驚くほどシンプル。ぜひ真似をしてみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178573britney.html

Nicol Natale/Halle Berry's Fittest Instagram Moments Will Make You Want to Hit the Gym/Seina Ozawa(翻訳)

    Ranking

    1. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    2. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. やせないときに試したい。ダイエット成功の秘訣3つ

    9. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました