1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット中でも罪悪感ゼロ!おからパウダーで作るココナッツクッキー

ダイエット中でも罪悪感ゼロ!おからパウダーで作るココナッツクッキー

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

10,516

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。インスタグラムでヘルシーなレシピを紹介しています!

クッキー

先月インスタグラムで「どんなレシピを載せてほしいか」とアンケートをとったところ、多くの方から「おからパウダーを使ったレシピを知りたい!」という答えが返ってきたので、今回はおからパウダーを使ったクッキーを作りました!

小麦粉や白砂糖、バターなどの乳製品、卵を使用していないため、ヴィーガンかつグルテンフリーでダイエット中でも安心して食べられます。また、栄養たっぷりのおからパウダーをふんだんに使っているため、美容効果も期待できるんです!

おからパウダーで作るグルテンフリーココナッツクッキー

ダイエット中には控えたいクッキーなどの焼き菓子ですが、どうしても食べたくなるときってありますよね。そんなときにオススメなのがこの「おからパウダーで作るグルテンフリーのココナッツクッキーです。

小麦粉を一切使わずおからのみで作るため、栄養満点でお腹にも溜まります!

クッキーの材料

<材料>

  • おからパウダー 1/2カップ
  • ココナッツフレーク(ファイン) 1と1/2カップ
  • アーモンド 1/2カップ
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • はちみつかメープルシロップ 1/2カップ
  • ココナッツオイルかオリーブオイル 大さじ2
  • バニラエッセンス 数滴
  • 水 大さじ1〜

<レシピ>

  1. オーブンを150℃に予熱する。
  2. アーモンドをミキサーで砕く。
  3. 大きめのボウルに、おからパウダー、ココナッツフレーク、アーモンド、シナモンパウダーを入れ、全体が混ざるまで軽く混ぜる。
  4. そこにはちみつ、オイル、バニラエッセンスを加えてしっかりと混ぜ、水分が足りないと感じたら水を追加する。
  5. 生地がまとまったら、直径2cm程度のボールをつくり、直径7cm厚さ3mmくらいの平らな丸いクッキーになるように成形していく。
  6. オーブントレーにクッキーを数ミリ間隔を空けて並べ、予熱したオーブンで約20分間焼く。
  7. クーラーに移動させて、15分間程度完全に冷ましたら完成。

このレシピのスーパーフード: おからパウダー

おからパウダー

おからパウダーとは、豆腐を作るときに出る大豆のしぼりカスを乾燥させ、パウダー状にしたもののことです。

おからパウダーには大豆タンパク質や食物繊維、イソフラボンなどの体にうれしい栄養素がたくさん含まれており、便秘予防などさまざまな効果が期待できます。

おからパウダーは、このレシピのように小麦粉の代わりに使用したり、ハンバーグやつくねのカサ増しに入れたり、水で戻しておからサラダにしたり、ヨーグルトに少し混ぜたりと、手軽に使うことができるので、常備していてもいいかもしれませんね。

このレシピのスーパーフード: ココナッツ

ココナッツ

ココナッツは、脂質のなかでも脂肪として蓄積されにくい「中鎖脂肪酸」という脂質を含んでいるため、肉やサラダ油などの脂質よりもダイエットに向いていると言われています。

また、ココナッツは体内でのケトン体の生成を促進してくれます。ブドウ糖の代わりにケトン体がエネルギー源として使われるようになることによって、脂肪の燃焼が活発になるんです!

甘さもあるため、砂糖の量を減らして代わりにココナッツを入れると、カロリーも抑えられますよ。

ダイエット中でも甘いものが食べたい

200kcal以内でおいしいおやつ! ダイエット中の間食に役立つ10の工夫

ダイエット中に甘いものやしょっぱいものが食べたいとき、舌もお腹も満足できるヘルシーで低カロリーの間食を、栄養士が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/06/192913pvn_200kcal.html

高カロリースイーツに要注意。ヘルシーじゃないデザートの見分け方

冬のパーティで出されるスイーツには、糖質や脂質が1日分以上含まれているものもあるんです。ヘルシーじゃないデザートの見分け方は?

https://www.mylohas.net/2018/12/182058calorie.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた