1. Home
  2. EAT
  3. ヘルシーなドリンク・お菓子7つ。ポップコーンは健康にいい!?

ヘルシーなドリンク・お菓子7つ。ポップコーンは健康にいい!?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,142

Seina Ozawa(翻訳)

ポップコーンを食べる女性

image via shutterstock

栄養価の高い食事をすることは、深刻な病気を防いだり、免疫系を健康的に維持することに役立ちます。コレステロールの低下、消化の改善、減量サポート、健康的な肌や髪の維持など、健康メリットの高いおやつや飲み物を集めてみました。

  1. ダークチョコレート
  2. ポップコーン
  3. ピーナッツバター
  4. ワイン
  5. 紅茶
  6. コーヒー
  7. ケフィア

1. ダークチョコレート

チョコレート

ダークチョコレートには、フラボノイド抗酸化物質がたっぷり含まれます(ミルクチョコレートの3倍以上)。血小板の凝集を防いで、場合によっては動脈閉塞の改善まで期待できる成分です。

おすすめは、カカオ70%以上のダークチョコレート。午後のおやつや夕食後のデザートとして、ダークチョコレートチップ大さじ2と新鮮なベリー類を一緒に食べれば、カロリー摂取を抑えながら心臓への健康効果が期待できます。

2. ポップコーン

ポップコーン

抗炎症性抗酸化物質たっぷりのポップコーンは、唯一100%未加工の全粒穀物です。なので、1日の全粒穀物の摂取目標量を達成するには最高のスナックと言えるでしょう。

ひとつ注意したいのは、袋詰めされた電子レンジ用ポップコーンはカロリーが高く、添加物が使われている点。とうもろこしの実を買ってきて自分で作るのがおすすめです。バターの代わりにヘルシーなオリーブオイルやトリュフオイルを使うとおいしいですよ。

3. ピーナッツバター

ピーナッツバター

骨の強化に役立つマグネシウムから免疫力を高めるビタミンB6まで、ピーナッツバターには体が必要とするさまざまなビタミンやミネラルが入っています。

食物繊維やタンパク質も豊富なので、満腹感が長時間続きます。また、減量や糖尿病予防に効果的な一価不飽和脂肪も含まれます。砂糖が追加されていない無糖ピーナッツバターを選ぶようにしてください。

4. ワイン

ワイン

ワインの抗酸化物質は、コレステロール値の低下や血管の健康増進など、心臓の健康にいい効果をもたらします。

また、ワインの成分レスベラトロール(白ワインよりも赤ワインに多く含まれる)は、脂肪細胞の増殖の抑制、血糖値の調整、うつ病の予防に効果的とされています。

ただし、飲みすぎには注意。アルコール飲料の摂取量は男性が1日2杯までなのに対し、女性は1日1杯が目安です。

5. 紅茶

紅茶

緑茶の抗酸化成分は、がん進行の遅延、血流の改善、肝機能の改善、アルツハイマー病やパーキンソン病など脳疾患発症率の低下につながると言われていますが、紅茶も負けていません。

紅茶には、脳卒中のリスク低減や喫煙による肺のダメージを軽減する効果があるとされています。週に1杯だけ飲む方も、1日に数杯飲むという方も、紅茶を飲む習慣は健康維持に役立つようです。

6. コーヒー

コーヒー

コーヒーの健康効果についてはまだはっきりとわかっていませんが、コーヒー1杯で得られるメリットは少ないかもしれません。

アメリカ国立がん研究所(NCI)の大規模研究では、1日に2~3杯のコーヒーを飲んだ女性は死亡リスクが13%低下したといいます。

コーヒーを毎日摂取した場合、糖尿病、皮膚がん、認知症、アルツハイマー病などのリスク軽減につながるとも言われています。

7. ケフィア

ケフィア

発酵乳のケフィアには、免疫や消化機能を正常に保つプロバイオティクスがぎっしり。ケフィアに含まれるプロバイオティクスには、有害な微生物カンジダを抑制する効果もあります。

スムージーに入れてもおいしいですし、そのまま飲む場合は味付きのものよりカロリーや糖分の少ないプレーンケフィアを選ぶのがおすすめです。

★他にも栄養豊富な食材は多数! Vol.1Vol.2Vol.3もチェック。

体にいいものしっかり摂りたい

ダイエット中でも食べられる「低カロリーな間食」7つ

専門家がおすすめする間食って? 栄養をたっぷりで、小腹も満たされるのに、どれも200kcal程度のメニューをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/193530pvn_200kcal3.html

10分以下で作れる高タンパク食。サバの水煮缶とグラノーラを使ったサラダ

10分以下で作れて高タンパク。サバの水煮缶とグラノーラのサラダのレシピをご紹介。サバ缶でDHAを、手軽なグラノーラでタンパク質を気軽に摂取できますよ...

https://www.mylohas.net/2019/06/192728recipe.html

The Editors of Prevention/The 50 Foods the World's Healthiest Women Eat Every Day/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!