1. Home
  2. EAT
  3. ヘルシーなドリンク・お菓子7つ。ポップコーンは健康にいい!?

ヘルシーなドリンク・お菓子7つ。ポップコーンは健康にいい!?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

17,488

Seina Ozawa(翻訳)

ポップコーンを食べる女性

image via shutterstock

栄養価の高い食事をすることは、深刻な病気を防いだり、免疫系を健康的に維持することに役立ちます。コレステロールの低下、消化の改善、減量サポート、健康的な肌や髪の維持など、健康メリットの高いおやつや飲み物を集めてみました。

  1. ダークチョコレート
  2. ポップコーン
  3. ピーナッツバター
  4. ワイン
  5. 紅茶
  6. コーヒー
  7. ケフィア

1. ダークチョコレート

チョコレート

ダークチョコレートには、フラボノイド抗酸化物質がたっぷり含まれます(ミルクチョコレートの3倍以上)。血小板の凝集を防いで、場合によっては動脈閉塞の改善まで期待できる成分です。

おすすめは、カカオ70%以上のダークチョコレート。午後のおやつや夕食後のデザートとして、ダークチョコレートチップ大さじ2と新鮮なベリー類を一緒に食べれば、カロリー摂取を抑えながら心臓への健康効果が期待できます。

2. ポップコーン

ポップコーン

抗炎症性抗酸化物質たっぷりのポップコーンは、唯一100%未加工の全粒穀物です。なので、1日の全粒穀物の摂取目標量を達成するには最高のスナックと言えるでしょう。

ひとつ注意したいのは、袋詰めされた電子レンジ用ポップコーンはカロリーが高く、添加物が使われている点。とうもろこしの実を買ってきて自分で作るのがおすすめです。バターの代わりにヘルシーなオリーブオイルやトリュフオイルを使うとおいしいですよ。

3. ピーナッツバター

ピーナッツバター

骨の強化に役立つマグネシウムから免疫力を高めるビタミンB6まで、ピーナッツバターには体が必要とするさまざまなビタミンやミネラルが入っています。

食物繊維やタンパク質も豊富なので、満腹感が長時間続きます。また、減量や糖尿病予防に効果的な一価不飽和脂肪も含まれます。砂糖が追加されていない無糖ピーナッツバターを選ぶようにしてください。

4. ワイン

ワイン

ワインの抗酸化物質は、コレステロール値の低下や血管の健康増進など、心臓の健康にいい効果をもたらします。

また、ワインの成分レスベラトロール(白ワインよりも赤ワインに多く含まれる)は、脂肪細胞の増殖の抑制、血糖値の調整、うつ病の予防に効果的とされています。

ただし、飲みすぎには注意。アルコール飲料の摂取量は男性が1日2杯までなのに対し、女性は1日1杯が目安です。

5. 紅茶

紅茶

緑茶の抗酸化成分は、がん進行の遅延、血流の改善、肝機能の改善、アルツハイマー病やパーキンソン病など脳疾患発症率の低下につながると言われていますが、紅茶も負けていません。

紅茶には、脳卒中のリスク低減や喫煙による肺のダメージを軽減する効果があるとされています。週に1杯だけ飲む方も、1日に数杯飲むという方も、紅茶を飲む習慣は健康維持に役立つようです。

6. コーヒー

コーヒー

コーヒーの健康効果についてはまだはっきりとわかっていませんが、コーヒー1杯で得られるメリットは少ないかもしれません。

アメリカ国立がん研究所(NCI)の大規模研究では、1日に2~3杯のコーヒーを飲んだ女性は死亡リスクが13%低下したといいます。

コーヒーを毎日摂取した場合、糖尿病、皮膚がん、認知症、アルツハイマー病などのリスク軽減につながるとも言われています。

7. ケフィア

ケフィア

発酵乳のケフィアには、免疫や消化機能を正常に保つプロバイオティクスがぎっしり。ケフィアに含まれるプロバイオティクスには、有害な微生物カンジダを抑制する効果もあります。

スムージーに入れてもおいしいですし、そのまま飲む場合は味付きのものよりカロリーや糖分の少ないプレーンケフィアを選ぶのがおすすめです。

★他にも栄養豊富な食材は多数! Vol.1Vol.2Vol.3もチェック。

体にいいものしっかり摂りたい

ダイエット中でも食べられる「低カロリーな間食」7つ

専門家がおすすめする間食って? 栄養をたっぷりで、小腹も満たされるのに、どれも200kcal程度のメニューをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/193530pvn_200kcal3.html

10分以下で作れる高タンパク食。サバの水煮缶とグラノーラを使ったサラダ

10分以下で作れて高タンパク。サバの水煮缶とグラノーラのサラダのレシピをご紹介。サバ缶でDHAを、手軽なグラノーラでタンパク質を気軽に摂取できますよ...

https://www.mylohas.net/2019/06/192728recipe.html

The Editors of Prevention/The 50 Foods the World's Healthiest Women Eat Every Day/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた