1. Home
  2. BODY
  3. 筋トレの恩恵をキチンと受けるために、必要なものとは?

筋トレの恩恵をキチンと受けるために、必要なものとは?

30日間の「筋肉が人生を変える理由」

25,296

田邉愛理

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ科学研究者の久保孝史さんと語り尽くします。

筋トレする女性たち

image via Shutterstock

久保さん

久保さん

『BioMed Research International』に掲載されたStrasserら(2013年)の総説では、筋トレがグルコースの輸送体であるGLUT4による糖の取り込みを増加させることによって、2型糖尿病を予防できる可能性があることを示唆しています。
また『Diabetes Care』に掲載されたEvesら(2006年)の総説によると、筋トレはサルコペニアなどを予防するほか、血糖コントロールやインスリン感受性を改善するため、2型糖尿病罹患者にも推奨できるものであるとしています。
一つ留意してほしいこともあります。Evesらも「ほとんどの先行研究が専門家のスーパーバイズ(監督)のもとで行われたものであること、筋トレには専門の器具やエクササイズの知識がある程度必要であること」を指摘しています。つまり筋トレの恩恵を十分に受けるには正しい知識と環境が必要ではないか、ということを示唆しているのです。

Testosteroneさん

Testosteroneさん

全人類が正しい筋トレの知識を理解し、手軽に筋トレに取り組める環境を整えることは俺の人生の究極の目標だ。超安価でアクセスもしやすい筋トレインフラを近い将来絶対に整えて見せる。
日本政府さん、スポーツ庁さん、やりましょう。いつでも協力します。

30日間の「筋肉が人生を変える理由」をもっと見る

「超 筋トレが最強のソリューションである −筋肉が人生を変える超・科学的な理由−」(文響社刊)
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味……。そんな悩みの99%は筋トレとプロテインで解決する!というTestosterone。現役のスポーツ科学研究者とタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューション」を、最新の科学的エビデンスで紹介する。

Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。110kgに達する肥満児だった学生時代、米国留学中に筋トレと出会い40kg近いダイエットに成功。筋トレと正しい栄養学の知識を広めることをライフワークにしており、無料ダイエットサイト「DIET GENIUS」、アスリート向けトレーニングメディア「STRONG GENIUS」を主宰。Twitterフォロワーは80万人を超える。

筋トレをはじめよう

【動画あり】二の腕は動かさないとタプタプに。自宅で10分集中トレーニング

腕を太くせずに、強く美しく鍛える3つの上腕二頭筋エクササイズをご紹介。ダンベルを使って腕の筋肉をパワーアップさせ、健康維持につなげましょう。

https://www.mylohas.net/2019/05/191097pvn_bicep.html

筋肉と一緒に心も鍛える! 筋トレで元気になる理由

筋トレは、筋力アップだけでなく心の健康にも役立ちます。筋トレで元気になる理由をアメリカのパーソナルトレーナーが解説!

https://www.mylohas.net/2019/05/191067pvn_muscle3.html

※一部、著書の表記と異なる箇所がございます。

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの