1. Home
  2. HEALTH
  3. スクワットは深くor浅く? お尻の筋肉に効くのはどっち?

スクワットは深くor浅く? お尻の筋肉に効くのはどっち?

30日間の「筋肉が人生を変える理由」

18,130

田邉愛理

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ科学研究者の久保孝史さんと語り尽くします。

筋トレする女性

image via Shutterstock

Testosteroneさん

Testosteroneさん

ここらへんでお尻を集中的に鍛える方法について復習したほうがいいんじゃないか?

久保さん

久保さん

例えば、スクワット中は深くしゃがむとお尻の筋肉が多く動員されることがわかっています。それからスクワット中のバーベルは低い位置で担いだ方がお尻の筋肉を動員しやすいことが明らかになっていますので、バーを担ぐ位置も意識してみるといいでしょう。
さらにルーマニアンデッドリフトや、ヒップスラストという種目もオススメです。特にヒップスラストは最近になって研究が進み始めた種目で、スクワットよりも重い重量を担ぐことができるということもあり、お尻の筋肉の動員がスクワットよりも大きいことも明らかとなっています。ちなみにスクワット中は200種類以上の筋肉が活動しているんですよ!

Testosteroneさん

Testosteroneさん

太っている、痩せすぎている、お尻が垂れているなどの身体的なコンプレックスが解消されることで、自尊心が向上したり、自信がついて異性に対する積極性が生まれてきたりすることは当然恋愛にもプラスになる。個人的観測ですが筋力の向上=自尊心の向上は紛れもないファクトです。

30日間の「筋肉が人生を変える理由」をもっと見る

「超 筋トレが最強のソリューションである −筋肉が人生を変える超・科学的な理由−」(文響社刊)
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味……。そんな悩みの99%は筋トレとプロテインで解決する!というTestosterone。現役のスポーツ科学研究者とタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューション」を、最新の科学的エビデンスで紹介する。

Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。110kgに達する肥満児だった学生時代、米国留学中に筋トレと出会い40kg近いダイエットに成功。筋トレと正しい栄養学の知識を広めることをライフワークにしており、無料ダイエットサイト「DIET GENIUS」、アスリート向けトレーニングメディア「STRONG GENIUS」を主宰。Twitterフォロワーは80万人を超える。

筋トレをはじめよう

わきの「ぷよ肉」をなくす上腕三頭筋トレーニング6選【動画つき】

二の腕は間違った運動で太くなる可能性も! パーソナルトレーナーに、締まったほっそり腕を手に入れるための運動を伝授してもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/193212pvn_arms2.html

少ない回数で二の腕やせ。速攻ひきしまる簡単エクササイズ5選

腕やせトレーニングといえば、上腕二頭筋ばかりに目がいきがちですが、実は腕の裏側の強化が大事。自宅で簡単にできるダンベルエクササイズを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/193210pvn_arms.html

    Ranking

    1. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    2. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    5. 驚くほど簡単だった。新生姜でつくるジンジャーシロップ。ジンジャーエールにも紅茶にも

    6. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    7. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    8. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    9. 人気料理家・栗原はるみさんが解決。料理下手でも自炊を続けるコツ

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    4. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    7. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら