1. Home
  2. HEALTH
  3. スクワットは深くor浅く? お尻の筋肉に効くのはどっち?

スクワットは深くor浅く? お尻の筋肉に効くのはどっち?

30日間の「筋肉が人生を変える理由」

17,967

田邉愛理

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ科学研究者の久保孝史さんと語り尽くします。

筋トレする女性

image via Shutterstock

Testosteroneさん

Testosteroneさん

ここらへんでお尻を集中的に鍛える方法について復習したほうがいいんじゃないか?

久保さん

久保さん

例えば、スクワット中は深くしゃがむとお尻の筋肉が多く動員されることがわかっています。それからスクワット中のバーベルは低い位置で担いだ方がお尻の筋肉を動員しやすいことが明らかになっていますので、バーを担ぐ位置も意識してみるといいでしょう。
さらにルーマニアンデッドリフトや、ヒップスラストという種目もオススメです。特にヒップスラストは最近になって研究が進み始めた種目で、スクワットよりも重い重量を担ぐことができるということもあり、お尻の筋肉の動員がスクワットよりも大きいことも明らかとなっています。ちなみにスクワット中は200種類以上の筋肉が活動しているんですよ!

Testosteroneさん

Testosteroneさん

太っている、痩せすぎている、お尻が垂れているなどの身体的なコンプレックスが解消されることで、自尊心が向上したり、自信がついて異性に対する積極性が生まれてきたりすることは当然恋愛にもプラスになる。個人的観測ですが筋力の向上=自尊心の向上は紛れもないファクトです。

30日間の「筋肉が人生を変える理由」をもっと見る

「超 筋トレが最強のソリューションである −筋肉が人生を変える超・科学的な理由−」(文響社刊)
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味……。そんな悩みの99%は筋トレとプロテインで解決する!というTestosterone。現役のスポーツ科学研究者とタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューション」を、最新の科学的エビデンスで紹介する。

Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。110kgに達する肥満児だった学生時代、米国留学中に筋トレと出会い40kg近いダイエットに成功。筋トレと正しい栄養学の知識を広めることをライフワークにしており、無料ダイエットサイト「DIET GENIUS」、アスリート向けトレーニングメディア「STRONG GENIUS」を主宰。Twitterフォロワーは80万人を超える。

筋トレをはじめよう

わきの「ぷよ肉」をなくす上腕三頭筋トレーニング6選【動画つき】

二の腕は間違った運動で太くなる可能性も! パーソナルトレーナーに、締まったほっそり腕を手に入れるための運動を伝授してもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/193212pvn_arms2.html

少ない回数で二の腕やせ。速攻ひきしまる簡単エクササイズ5選

腕やせトレーニングといえば、上腕二頭筋ばかりに目がいきがちですが、実は腕の裏側の強化が大事。自宅で簡単にできるダンベルエクササイズを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/193210pvn_arms.html

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら