1. Home
  2. BODY
  3. 腕はほっそり、お尻はぷりん。ボディメイクに効く「部分筋トレ」

腕はほっそり、お尻はぷりん。ボディメイクに効く「部分筋トレ」

30日間の「筋肉が人生を変える理由」

11,594

田邉愛理

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ科学研究者の久保孝史さんと語り尽くします。

筋トレする女性

image via Shutterstock

久保さん

久保さん

トレーニングの際に可動域を変化させることで、部分的な筋肥大を誘発できる可能性があることが多くの研究から明らかになっています。難しく考える必要はなくて、簡単に言うと筋トレ中に動いた筋肉が発達します
Bloomquistら(2013年)の研究では、12週の間、週に3回深いスクワット(ディープスクワット)を行ったグループと浅いスクワット(パーシャルスクワット)を実施したグループを比較した場合、ディープスクワットをした人たちの方が、太ももの前の筋肉が統計的に有意に筋肥大をしていることが明らかになりました。
一方、パーシャルスクワットを行ったグループは、太ももの付け根あたりの部分しか筋肥大を起こしておらず、膝にかけての部分は統計的に有意ではないものの、筋肉量が減ってしまっていることが明らかになっています。これは「Regional hypertrophy」と呼ばれている現象で、この分野だけで膨大な数の論文が発行されるほど注目を集めているものです。

Testosteroneさん

Testosteroneさん

よくダイエット特集などで取り上げられる「部分痩せ」はとても難しく実現は厳しいが、狙った場所だけを鍛えて大きくする「部分筋トレ」はできるのだ! 「腕はほっそり、お尻はプリンとした~い♡」というわがまま女子の願いも、筋トレなら叶えてくれる。

30日間の「筋肉が人生を変える理由」をもっと見る

「超 筋トレが最強のソリューションである −筋肉が人生を変える超・科学的な理由−」(文響社刊)
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味……。そんな悩みの99%は筋トレとプロテインで解決する!というTestosterone。現役のスポーツ科学研究者とタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューション」を、最新の科学的エビデンスで紹介する。

Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。110kgに達する肥満児だった学生時代、米国留学中に筋トレと出会い40kg近いダイエットに成功。筋トレと正しい栄養学の知識を広めることをライフワークにしており、無料ダイエットサイト「DIET GENIUS」、アスリート向けトレーニングメディア「STRONG GENIUS」を主宰。Twitterフォロワーは80万人を超える。

筋トレをはじめよう

姿勢を改善する簡単筋トレ10。立ち姿がきれいな人は腹筋を鍛えてる

下腹部のトレーニングは腰痛や姿勢の改善などメリットがいっぱいあります。トレーナーが教える、コアのすべての筋肉を鍛えつつ、下腹部をしっかり使うエクササ...

https://www.mylohas.net/2019/07/193741sp_muscle_pvn_core2.html

タンパク質で、ハリ肌・ツヤ髪・筋肉を手に入れる!

人の体の約6分の1を占めるタンパク質。近年は「筋肉を作る」という観点からとくに注目を集めていますが、タンパク質の役割はそれだけではありません。立命館...

https://www.mylohas.net/2019/07/193908protein.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?