1. Home
  2. BODY
  3. 筋トレに年齢は関係ない! やれば応えてくれるのが筋肉の魅力

筋トレに年齢は関係ない! やれば応えてくれるのが筋肉の魅力

30日間の「筋肉が人生を変える理由」

17,836

田邉愛理

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ科学研究者の久保孝史さんと語り尽くします。

筋トレする女性

image via Shutterstock

久保さん

久保さん

要介護になってしまう原因を分析すると、一番割合が高いのが脳卒中です。次が認知症で、3番目が高齢による衰弱です。そして4番目が骨折・転倒、5番目が関節疾患になります。
要介護になる理由のうち、3番目の一部から5番目までを合わせた、筋肉や関節、骨といった「運動器の機能低下」がなんと全体の約30%になるのです(厚生労働省「国民生活基礎調査」2013年より)。こうした流れに抗おうとしたとき、筋トレが大きな役割を果たすのです。

Testosteroneさん

Testosteroneさん

60歳を超えた人でも筋トレすれば筋肉は成長する。筋トレは人が何かを始めるのに遅過ぎるなんてことはないということを我々に教えてくれている
人生で一番若いのは常に今。年齢なんてただの数字に過ぎない。そんなものに君の行動を制限させるな。ご老人でも時の流れに逆らって筋肉を成長させられるんだ、君にできない理由なんてあるのか?

30日間の「筋肉が人生を変える理由」をもっと見る

「超 筋トレが最強のソリューションである −筋肉が人生を変える超・科学的な理由−」(文響社刊)
自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味……。そんな悩みの99%は筋トレとプロテインで解決する!というTestosterone。現役のスポーツ科学研究者とタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューション」を、最新の科学的エビデンスで紹介する。

Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。110kgに達する肥満児だった学生時代、米国留学中に筋トレと出会い40kg近いダイエットに成功。筋トレと正しい栄養学の知識を広めることをライフワークにしており、無料ダイエットサイト「DIET GENIUS」、アスリート向けトレーニングメディア「STRONG GENIUS」を主宰。Twitterフォロワーは80万人を超える。

筋トレをはじめよう

「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

学生時代は体操でオリンピックを目指し、69歳の現在も体脂肪率9.8%という驚異の身体を持つ応用生理学とスポーツ医学を専門とする京都大学名誉教授・森谷...

https://www.mylohas.net/2019/07/194192sp_muscle_moritani01.html

総計35万フォロワー以上! 筋トレの意欲をあげるSNSアカウント5選

普段コミュニケーションツールとして使っているSNSでも、多くの筋トレ情報を発信し、筋トレに励む人たちを応援しているアカウントがあります。そんな、SN...

https://www.mylohas.net/2019/07/193052sp_muscle_sns.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた