1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

Healthday News

2,344

MYLOHAS編集部

マンモグラフィ検査をしている女性

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、全米で義務化の方向へ

乳がんのスクリーニング検査で「高濃度乳房(デンスブレスト)」が見つかった場合、乳がんリスクが高いことを本人に通知することを義務化する――。このような新しいルールを盛り込む案を、米食品医薬品局(FDA)が公表しました。

今回の変更案は、2019年3月に発表されたもの。この案ではマンモグラフィ施設の規制強化についても触れられており、施設が基準を満たしていなければ、別の認定施設で再検査が受けられることを、FDAが患者に通知できるようになるそうです。

アメリカでは、40歳以上の女性の半数以上がデンスブレスト

女性の乳

今回の変更の目的について、FDA長官は「乳がんスクリーニングを時代に即したものに発展させ、患者に健康管理に関わる情報をより多く提供することを目指している」と話しています。

乳腺組織の割合が高いデンスブレストは乳がんのリスク因子であると同時に、マンモグラフィで撮影すると画像が白くなるため、乳がん病変が見つかりにくいことが知られています。

FDA首席次長は、「デンスブレストの女性は、乳がんリスクや健康状態への影響について医師と話し合う必要があります。アメリカでは40歳以上の女性の半数以上にデンスブレストがあり、乳がんリスクに関わる乳腺濃度などのリスク因子について、患者に正しい情報を提供するためのサポートが重要です」とコメントしています。

マンモグラフィの施設基準も20年ぶりにルール変更

マンモグラフィ

しかし、ある専門家によれば、アメリカ女性の多くは既に自分の乳腺濃度について知っているそうです。アメリカの37州およびコロンビア特別地区では、既に乳腺濃度について患者に通知することが義務付けられており、今回の変更案はそれに追随するものだということです。

この専門家は「マンモグラフィは、女性の命を救うのに役立ってきたことは明らかです」と述べ、「マンモグラフィが陰性でも、別の検査を追加することで、がんが見つかる場合もあります。そのため、追加検査を保険適用で受けられるようにすることが望ましいでしょう」と話しています。

また、別の専門家は「マンモグラフィは国が規制すべきです。今回のような新しいガイドラインや基準を求める動きは歓迎されるもので、むしろ遅すぎるくらいだと思います」と述べています。なお、FDAがマンモグラフィ施設に関する重要なルール変更を提案するのは、実に20年以上ぶりということです。

知っておきたい、乳がんのこと

女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

女性特有の病気にかからないためにも、毎日の食事でしっかりと栄養を摂ることが大切です。女性に不足がちな栄養素をたっぷり含んだスーパー食材たちをご紹介し...

https://www.mylohas.net/2019/06/193074pvn_healthiest.html

乳がん検診で精密検査と言われたら…そのときどうしますか?

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「乳がん検診で精密検査と言われたら……」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験...

https://www.mylohas.net/2019/06/strategy47.html

HealthDay News 2019年3月27日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Press Release/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    2. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    3. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    4. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 運動は苦手だった...メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

    9. 簡単に「感じのいい人」になれる方法

    10. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?