1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

Healthday News

2,568

MYLOHAS編集部

マンモグラフィ検査をしている女性

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、全米で義務化の方向へ

乳がんのスクリーニング検査で「高濃度乳房(デンスブレスト)」が見つかった場合、乳がんリスクが高いことを本人に通知することを義務化する――。このような新しいルールを盛り込む案を、米食品医薬品局(FDA)が公表しました。

今回の変更案は、2019年3月に発表されたもの。この案ではマンモグラフィ施設の規制強化についても触れられており、施設が基準を満たしていなければ、別の認定施設で再検査が受けられることを、FDAが患者に通知できるようになるそうです。

アメリカでは、40歳以上の女性の半数以上がデンスブレスト

女性の乳

今回の変更の目的について、FDA長官は「乳がんスクリーニングを時代に即したものに発展させ、患者に健康管理に関わる情報をより多く提供することを目指している」と話しています。

乳腺組織の割合が高いデンスブレストは乳がんのリスク因子であると同時に、マンモグラフィで撮影すると画像が白くなるため、乳がん病変が見つかりにくいことが知られています。

FDA首席次長は、「デンスブレストの女性は、乳がんリスクや健康状態への影響について医師と話し合う必要があります。アメリカでは40歳以上の女性の半数以上にデンスブレストがあり、乳がんリスクに関わる乳腺濃度などのリスク因子について、患者に正しい情報を提供するためのサポートが重要です」とコメントしています。

マンモグラフィの施設基準も20年ぶりにルール変更

マンモグラフィ

しかし、ある専門家によれば、アメリカ女性の多くは既に自分の乳腺濃度について知っているそうです。アメリカの37州およびコロンビア特別地区では、既に乳腺濃度について患者に通知することが義務付けられており、今回の変更案はそれに追随するものだということです。

この専門家は「マンモグラフィは、女性の命を救うのに役立ってきたことは明らかです」と述べ、「マンモグラフィが陰性でも、別の検査を追加することで、がんが見つかる場合もあります。そのため、追加検査を保険適用で受けられるようにすることが望ましいでしょう」と話しています。

また、別の専門家は「マンモグラフィは国が規制すべきです。今回のような新しいガイドラインや基準を求める動きは歓迎されるもので、むしろ遅すぎるくらいだと思います」と述べています。なお、FDAがマンモグラフィ施設に関する重要なルール変更を提案するのは、実に20年以上ぶりということです。

知っておきたい、乳がんのこと

女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

女性特有の病気にかからないためにも、毎日の食事でしっかりと栄養を摂ることが大切です。女性に不足がちな栄養素をたっぷり含んだスーパー食材たちをご紹介し...

https://www.mylohas.net/2019/06/193074pvn_healthiest.html

乳がん検診で精密検査と言われたら…そのときどうしますか?

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「乳がん検診で精密検査と言われたら……」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験...

https://www.mylohas.net/2019/06/strategy47.html

HealthDay News 2019年3月27日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Press Release/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    5. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    6. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    7. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. 巻き肩&猫背改善トレーニング。背中とお尻を鍛える効果も!

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    4. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    10. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら