1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

Healthday News

2,301

MYLOHAS編集部

マンモグラフィ検査をしている女性

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、全米で義務化の方向へ

乳がんのスクリーニング検査で「高濃度乳房(デンスブレスト)」が見つかった場合、乳がんリスクが高いことを本人に通知することを義務化する――。このような新しいルールを盛り込む案を、米食品医薬品局(FDA)が公表しました。

今回の変更案は、2019年3月に発表されたもの。この案ではマンモグラフィ施設の規制強化についても触れられており、施設が基準を満たしていなければ、別の認定施設で再検査が受けられることを、FDAが患者に通知できるようになるそうです。

アメリカでは、40歳以上の女性の半数以上がデンスブレスト

女性の乳

今回の変更の目的について、FDA長官は「乳がんスクリーニングを時代に即したものに発展させ、患者に健康管理に関わる情報をより多く提供することを目指している」と話しています。

乳腺組織の割合が高いデンスブレストは乳がんのリスク因子であると同時に、マンモグラフィで撮影すると画像が白くなるため、乳がん病変が見つかりにくいことが知られています。

FDA首席次長は、「デンスブレストの女性は、乳がんリスクや健康状態への影響について医師と話し合う必要があります。アメリカでは40歳以上の女性の半数以上にデンスブレストがあり、乳がんリスクに関わる乳腺濃度などのリスク因子について、患者に正しい情報を提供するためのサポートが重要です」とコメントしています。

マンモグラフィの施設基準も20年ぶりにルール変更

マンモグラフィ

しかし、ある専門家によれば、アメリカ女性の多くは既に自分の乳腺濃度について知っているそうです。アメリカの37州およびコロンビア特別地区では、既に乳腺濃度について患者に通知することが義務付けられており、今回の変更案はそれに追随するものだということです。

この専門家は「マンモグラフィは、女性の命を救うのに役立ってきたことは明らかです」と述べ、「マンモグラフィが陰性でも、別の検査を追加することで、がんが見つかる場合もあります。そのため、追加検査を保険適用で受けられるようにすることが望ましいでしょう」と話しています。

また、別の専門家は「マンモグラフィは国が規制すべきです。今回のような新しいガイドラインや基準を求める動きは歓迎されるもので、むしろ遅すぎるくらいだと思います」と述べています。なお、FDAがマンモグラフィ施設に関する重要なルール変更を提案するのは、実に20年以上ぶりということです。

知っておきたい、乳がんのこと

女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

女性特有の病気にかからないためにも、毎日の食事でしっかりと栄養を摂ることが大切です。女性に不足がちな栄養素をたっぷり含んだスーパー食材たちをご紹介し...

https://www.mylohas.net/2019/06/193074pvn_healthiest.html

乳がん検診で精密検査と言われたら…そのときどうしますか?

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダケア戦略術」。今回は、「乳がん検診で精密検査と言われたら……」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験...

https://www.mylohas.net/2019/06/strategy47.html

HealthDay News 2019年3月27日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Press Release/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた