1. Home
  2. MIND
  3. 「よく笑うほど長生きする」は本当?

「よく笑うほど長生きする」は本当?

Healthday News

2,688

MYLOHAS編集部

ハハハと笑う女性

日本人は男女とも、日常生活の中で笑う頻度が高いほど全死亡率や心血管疾患の発症率が低くなる可能性があることが、山形大学の研究で示されました。心筋梗塞や脳卒中を減らして、長生きするためには、日常生活で笑う機会を増やすことが鍵となりそうです。

普段あまり笑わない人の方が死亡率が高い

笑わない女性

これまでの研究で、ポジティブな心理的要因は長寿をもたらすとされるのに対し、抑うつや不安、心理的苦痛といったネガティブな要因は心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の発症につながるとされています。

研究グループは、心理的要因のうち「笑い」に着目。山形県の一般住民を対象に、毎日の生活の中で笑う頻度と全死亡率および心血管疾患の発症率との関連について新たにデータを集めて研究しました。

対象は、2009~2015年に山形県の一般住民を対象とした「山形県コホート研究」に参加し、健康診断を受けた40歳以上の男女1万7,152人。日常的に笑う頻度を尋ね、参加者をその頻度で「週1回以上」「週1回未満~月1回以上」「月1回未満」の3つのグループに分けました。

追跡期間中(中央値5.4年)の死亡者は257人(1.5%)で、138人(0.8%)が心血管疾患を発症しました。その結果、日ごろほとんど笑わない「月1回未満」の人では、「週1回以上」笑っていた人に比べて全死亡率と心血管疾患の発症率は統計学的に高いことが明らかになりました。

そこで、年齢や性、高血圧、喫煙や飲酒の習慣を考慮して解析したところ、笑う頻度が「週1回以上」の人に比べ、ほとんど笑わない「月1回未満」の人では、全死亡リスクが1.95倍に、心血管疾患の発症リスクが1.42倍になっていました。また、「週1回未満~月1回以上」の人の心血管疾患の発症リスクは1.62倍でした。

笑いは長生きの秘訣だった!?

笑う女性たち

では、生活に笑いが少ない人には、何か特徴のようなものがあるのでしょうか?

これについて詳しくみたところ、笑う頻度が低かったのは、男性、喫煙や飲酒の習慣がある人、糖尿病患者、運動不足の人、独身者だったそうです。

今回の結果を踏まえ、研究グループは「日本人の男女では、“笑い”が少ないことは単独で全死亡や心血管疾患を発症するリスク因子である可能性が示されました。心血管疾患を減らし、長寿を目指すには、日常生活でもっと笑う機会を持つ工夫が必要かもしれません」と話しています。

たくさん笑ってヘルスケア

「作り笑顔をするだけ」のメリットがすごい!

楽しい気分を増幅させ、ストレス軽減にも効果があるのが「笑顔」。日常のささいな不満は、フェイク・スマイルで吹き飛ばしましょう。

https://www.mylohas.net/2019/03/185287get_better02.html

笑うとストレスが減るは本当だった! 師走を乗り切る10の方法

年末年始は楽しいけれどストレスも感じるもの。集中力を保ち、おだやかな気持ちになれるちょっとしたコツをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/12/181765stress.html

HealthDay News 2019年4月22日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved./(参考情報)Abstract/Full Text image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた