1. Home
  2. HEALTH
  3. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が…

子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が…

Healthday News

9,044

MYLOHAS編集部

子宮頸がん検診

低すぎる!? アメリカの「子宮頸がん検診」受診率

アメリカ・ミネソタ州在住の女性を対象にした調査結果で、子宮頸がん検診の受診率が、これまでの調査結果に比べ“受け入れ難いほど”低かったことが明らかになりました。推奨されている子宮頸がん検診を受けた女性は、2016年には21~29歳で約半数、30~65歳では3分の2に満たなかったということです。

検診を推奨通りに受けないと、子宮頸がん早期発見はむずかしい

アメリカでは、米国予防医療作業部会(USPSTF)や米国がん協会などの複数の専門団体が、子宮頸がん検診についてガイドラインを示しています。

2012年には、これらを統一した指針が示されており、21~29歳の女性は3年間隔の細胞診(パップテスト)30~65歳の女性は、3年間隔の細胞診または5年間隔で細胞診とヒトパピローマウイルス(HPV)検査の同時併用が推奨されています。

推奨通りの検診を受ければ、前がん病変を早期に発見し、綿密な経過観察や治療を行うことができると研究リーダーは解説しています。

ところが、最近アメリカでは、検査を受ける女性の数は増えるどころか減少していたことが分かりました

なお、米国がん協会の推定によれば、2018年には国内で13,240人の女性が浸潤性子宮頸がんと新たに診断されていました。

検診への意識の高さには人種差も

16歳以上の女性たち

今回の研究では、2005~2016年にミネソタ州オルムステッド郡に在住する16歳以上の女性47,203人(2005年)~49,5104人(2016年)を対象に、子宮頸がん検診の受診率の推移を調査しました。

その結果、2016年時点の検診受診率は、21~29歳の女性では53.8%(3年間隔の検診が47.3%、5年間隔が6.5%)、30~65歳の女性では64.6%(同60.8%、3.9%)で、2015年の米国民健康聞き取り調査での21~65歳の3年間隔の受診率(81.1%)を大きく下回っていました。

この調査では、子宮頸がん検診の受診率には人種差が大きいことも明らかになりました。2016年時点の受診率は、白人女性に比べてアフリカ系米国人では約50%低く、アジア系の女性では約30%低いことが判明しました。「こうした人種差は、憂慮すべきもの」と研究リーダーは受け止めています。

こうした結果から、研究グループでは「女性に手を差し伸べ、命を守ることにつながる検査を受けてもらえるよう、子宮頸がん検診の受診率向上を目指した新たな方策を考えていく必要があります」と訴えています。

まずはクリニックで夜間や休日に検診を受けられるようにすることや、救急診療所での検診の提供、HPVの自宅検査キットの普及などを目指していくそうです。

子宮頸がんについてもっと知りたい

子宮頸がんを予防できる“HPVワクチン”って知っていますか?

今回は、「子宮頸がんを予防できるワクチン」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2018/07/strategy27.html

子宮頸がんの予防と早期発見のための正しい方法

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。前回は「受けるべき5大がん検診」について、お届けしました。今回は、「子宮頸がんの正しい予...

https://www.mylohas.net/2018/06/170025.html

HealthDay News 2019年1月8日 / Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. / (参考情報)Abstract/Full Text image via shutterstock

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら