1. Home
  2. BODY
  3. 10人に1人が悩んでる。ホルモン乱れで太る卵巣のトラブル

10人に1人が悩んでる。ホルモン乱れで太る卵巣のトラブル

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,027

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

不妊

image via shutterstock

そもそもダイエットは誰にでもキツイものですが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で悩む女性にとって、とりわけ大変なことです。

アメリカの場合、15歳から44歳の女性では10人に1人の割合でPCOSの症状がみられます。PCOSと診断された女性にはホルモンの乱れがあり、そのせいで新陳代謝が低下します。その結果ダイエットがうまくいかなくなるのです。

そういった女性に最も効果的なダイエット方法をご紹介する前に、まずは、PCOSとはどういった状態をいうのか、解説します。

PCOSって、なに?

子宮

image via shutterstock

「PCOSとは、病気というより、一連の病的な状態と捉えた方が的確です」と内分泌学者で、ニューヨーク プレスビテリアン病院で体重と代謝の専門として勤務するレカ・B・クマー医師。

そしてPCOSは、エストロゲンなど身体機能に関与するさまざまなホルモンに影響することから、PCOSと診断された女性は妊娠しにくくなる場合があります。PCOSは排卵障害を起こすことから、女性の不妊の一番の原因とされています。

PCOSの症状は?

髪を気にする女性

image via shutterstock

クマー医師は、「PCOSの最も特徴的な症状の3つのうち2つが当てはまる場合、PCOSと診断される」と説明します。主な症状には、月経不順や無月経、高アンドロゲン血症、卵巣の多囊胞性変化が挙げられます。

しかし、必ずしも卵巣に囊胞がなければ、PCOSと診断されないわけではないことに気を付けなければなりません。米国保健福祉省によれば、PCOSのその他の特徴的な症状は下記の通りです。

  • 男性型多毛症:すなわち男性のように髭や体毛が濃くなること。PCOSと診断された女性のうち70%ほどに男性型多毛症の症状が見られる。
  • 尋常性ざ瘡(にきび):特に顎、胸部、背中の上部に多くできる。
  • 薄毛
  • 皮膚の黒ずみ:特に首、わきの下、胸の下に見られる。
  • 腕や首の皮膚のたるみ

なぜPCOSだとやせにくいの?

体重計を持つ女性

image via shutterstock

「PCOSがダイエットの問題となる主要因は、インスリン抵抗性にあります。インスリン抵抗性とは糖代謝異常のことで、それにより体重が安定せず、脂肪が蓄積されている状態になります」とクマー医師は説明します。つまりそれは、インスリンが持つ血糖値を下げる作用が減弱している状態、またはインスリン過剰の状態になっているということ。

PCOSと診断された多くの女性がやせられずに苦労しています。なぜならPCOSによって空腹ホルモンが乱され、一日をとおして血糖値が乱高下するからです。「その結果、PCOSと診断された女性が、過食症や体重の増減を繰り返すような摂食障害になるケースは珍しくありません」とクマー医師。

>次回は、PCOSと診断された人に効果のあるダイエット法を詳しく説明します。

本記事は、2019年5月15日に、内科、内分泌学、糖尿病、代謝の専門医で、予防医学審査委員会のメンバーでもあるレカ・クマー医師によって、医学的知見から監修されています。

女性特有のトラブルいろいろ

婦人科トラブルの相談、子宮がんの検査と治療を丁寧に/婦人科医・入江琢也先生

いざ病院に行こうと思ったとき、どこに行けばいいのかわからない。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。第4回目は、婦人科トラブル、...

https://www.mylohas.net/2019/06/191586doctors_04.html

おりものが生臭い? 気づきにくい「子宮頸がん」5つのサイン

早期発見が難しいと言われる子宮頸がん。見つけにくい子宮頸がんのサインをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186729pvn_cervicalcancer.html

Tiffany Ayuda/6 Best Ways to Lose Weight If You Have PCOS, According to Experts/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?