1. Home
  2. BODY
  3. 「最高の眠り」を手に入れた? 10年ぶりにマットレスを変えてみた

「最高の眠り」を手に入れた? 10年ぶりにマットレスを変えてみた

3,405

浦上藍子

目覚める女性

朝の二度寝、時間ができた日の昼寝、そして夜の睡眠。どれもそれぞれにすばらしく、眠りって偉大だと思っています! と熱く語るライターの浦上さん。

このたび、10年ぶりにマットレスを変えてみたところ、毎晩・毎朝、新鮮な感動を味わうことになったというので、マットレスが眠りに与える影響についての感想を聞かせてもらいました。

眠りの質が一日を左右する

不快な気分の女性

よく眠れた朝は、ベッドからおりて洗面所に向かうまでの足取りから違います。テキパキ顔を洗って、すぐに仕事にとりかかれます。

反面、起き抜けから首筋がこわばっていたり、夜、なかなか眠れずにモゾモゾと寝返りを繰り返すときの悲しさ。起きてからもしばらくぼーっとして時間を無駄にし、気づくともうお昼になっているのです。眠りがうまくいかないと、一日が気持ちよく始まらないし、すっきりと終わりません

この違いは何からくるのか。できることなら、すべての日を心地よい眠りで締めくくりたい。すーっと眠り、パチッと起きるために、さまざまな方策を試してきました。枕を変えたり、寝る前にストレッチをしたり、アロマを焚いたり、遮光カーテンをつけたり。ただ、マットレスは大物だけに、そう気軽には取り替えられません。

今回、交換に踏みきったのは、10年使ったこと、床に直接敷いていたときに裏面にカビを発生させてしまったこと(これが大きい……!)、そして最近、どうも寝ても疲れが抜けきらないことから。長年、高反発マットレスを愛用してきて、寝心地には不満はなかったのですが、少しくたびれてきたかも、とは思っていました。

睡眠の満足度が上がった!

いびきに苦しむカップル

新しく我が家に仲間入りしたのは、コアラマットレス。オーストラリア発のブランドで、オンライン販売のみで展開しているマットレスです。

コアラマットレスの特徴は、2cmほどの低反発層16cmもの高反発層の二層構造になっていること。ワインを注いだグラスをおいてから飛び乗っても、一滴もこぼれないという「ワインチャレンジ」の動画でも話題になりました。すぐれた振動吸収力で、隣の人の寝返りにも影響されず、朝までぐっすり眠れる、という触れ込みです。

さて、コアラマットレス到着初日の夜から、わたしは「マットレスで眠りは変わる!」を大実感することになりました。

これまでサポート力が高い高反発マットレスを愛用してきたので、コアラマットレスの肌ざわりはふんわりやわらかく、やさしく感じます。足先まで包まれている感じ、幸せ。

横向きに寝たときにも、適度に体が沈むので、首や肩に負担がかからず、なんだかラクです。

そして、確かに朝まで、隣の夫の気配に邪魔されることがない……! わたしはときどき、大音量のいびきをかくそうですが、「マットレスを変えてから、無音で寝ている」という夫の証言も。検証期間が短いため、たまたまかもしれませんが、上部の低反発層によって背骨のカーブが保たれ、気道が確保しやすくなっているのかもしれません。

寝具の見直し、おすすめです

寝具を選ぶ女性

これまでさまざま方策を試してきましたが、そのどれよりも眠りの質向上への貢献度がすばらしく、マットレスの重要性を改めて感じることになりました。

睡眠の質を劇的に上げたいという人は、寝具の見直しを検討するのもいいかもしれません。自分に合った寝具で、幸せな眠りを手に入れたいですね。

コアラマットレス

睡眠の質を見直してみませんか?

6時間未満では心の疲れはとりきれない? 意外とやっている睡眠のNG習慣

忙しい現代人にとって、眠りは生活の質を左右する重大テーマのひとつ。 心地いい睡眠で明日への活力をチャージするために、私たちが意識すべきこととは? 予...

https://mylohas.net/2019/06/193227sleep.html

30分以内に眠れない? 睡眠障害かもしれない代表的な6つのサイン

夜に、なぜか目覚めてしまう?たまたま寝つけないだけなのか、実は睡眠障害なのか。見分けるポイントはこの6つ!

https://mylohas.net/2019/06/189546pvn_sleep.html

[コアラ・マットレス]

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析