1. Home
  2. BODY
  3. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

筋肉学

41,093

山本千尋

食事をする家族

60歳から空手を再開して、現在は黒帯という運動生理学の権威、森谷敏夫教授。3食しっかり食べて運動することが、パワフルな生活を支えています。

「森谷筋肉塾」夏期集中講座、第4回は「筋肉を維持させるための食事」について学びましょう。

糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

京大の筋肉先生こと、森谷敏夫教授の「森谷筋肉塾」夏期集中講座。第3回は「糖質制限ダイエット」の仕組みについて、じっくり教えていただきます。スパルタ教...

https://www.mylohas.net/2019/07/194202sp_muscle_moritani03.html

第4回まとめ

  • 理想の食事比率は、「糖質6:タンパク質2:脂質2」。
  • 一日に必要なタンパク質は、体重1kgに対し1g。毎食20gを目安にとること。
  • 朝と昼はしっかり、夜は軽めを心がける。

「糖質6:タンパク質2:脂質2」を、3食バランスよく

和食

──前回、「炭水化物」を食べなければダメだと教えていただきましたが、どのくらい食べればいいのでしょう。

森谷敏夫教授

森谷塾長(以下、塾長)

私の場合、ジョギングと空手を毎日交互にやっているし、トレーニングもしているので、一日のエネルギーの7割近くを炭水化物から摂っています。

炭水化物から食物繊維を抜いたものが糖質ですが、脳と筋肉を守るためには、炭水化物を抜いたり、何かひとつの食材ばかりを食べ続けたりするのは絶対にダメ。「糖質6:タンパク質2:脂質2」の比率でバランスよく食べること。

とくに気をつけてほしいのは、タンパク質の摂取量です。筋肉を維持するために必要なタンパク質は、体重1kgに対して1gが目安。体重60kgの人だと一日最低60gのタンパク質をとらなければなりません。


── 一日60gのタンパク質なら実践できそうです。昨日も、朝は食べなかったし、昼もサンドイッチですませたけど、夜は赤身のステーキを食べましたから。

森谷敏夫教授

塾長

ぜんぜんダメっ! それだと夜ステーキを食べるまでの間に、筋肉はどんどん分解されてしまいます。

タンパク質は、毎食20gずつ食べること。牛乳180ccに含まれるタンパク質は9gで、卵1個には7g。どれかひとつの食材で摂ろうとせず、組み合わせて20gにすればいいんです。


豆乳と牛乳

──3食に分けて食べないといけないんですね。ところで、タンパク質といってもいろいろありますが、どのタンパク質がいいのでしょう。

森谷敏夫教授

塾長

植物性の大豆タンパクと、牛乳などに含まれるホエイタンパク質(乳清タンパク質)を比較実験したことがありますが、ホエイタンパク質のほうが、筋肉に合成されるスピードが速いという結果が出ました。

も筋肉にいいのではないかと考え、いま研究を進めているところです。でも、植物性タンパク質には食物繊維などが豊富に含まれていますし、どちらもバランスよく摂ればいいと思います。


タンパク質が足りなければ、ヨーグルトなどをプラス

乳製品

──タンパク質をしっかりとれば、筋肉はキープできるんですね。

森谷敏夫教授

塾長

いや、それだけじゃ不十分で、やっぱりちゃんと運動しないと年とともに筋肉は落ちていきます

トレーニングをしてから2時間以内が、筋肉のタンパク質合成が進む時間。なので、筋肉量を減らさないために一番効果的なのは、運動直後から30分以内にタンパク質を摂ることです。

「タンパク質が足りないな」と思ったら、牛乳やヨーグルトなどでさっと補う。日頃から意識しておくことが大事ですね。


男性の食事

──ちなみに、塾長はどんな食事をされてますか?

森谷敏夫教授

塾長

朝は和食が多いかな。納豆に焼き魚、具だくさんの味噌汁にごはん。それに牛乳かヨーグルト、フルーツを食べます。

昼は大学の学食で一品ものではなく、定食をチョイス。タンパク質が足りないなと思ったらヨーグルトを足します。

、外食するときもバランスを考えて注文しますね。お好み焼き屋にはよく行きますが、そこでは野菜やカキなどを鉄板焼きで頼んで、カキ玉お好み焼きにはネギをトッピング。

朝と昼はしっかり、夜は軽めを心がけています。


──やっぱり朝ごはんを食べることって、大事なんですね。

森谷敏夫教授

塾長

朝ごはんを抜く人は早死にする、というデータもあるくらい、朝ごはんは重要です。

食べたものの消化や吸収はベルトコンベアみたいに流れ作業で進んでいきます。だから朝ごはんを食べないと歯車が狂ってしまうので、食べ物を分解する酵素やホルモンが出にくくなり、せっかく食べたものをしっかり分解できなくなることもある。不規則な生活をしていると、生活習慣病になりやすいのはこのためです。

夜にドカ食いをして、朝ごはんを抜いている人は、すぐに生活スタイルを見直してや!


宿題

【今日の宿題】1食20gのタンパク質、摂れてますか?

手軽に食べられる外食ほど、炭水化物や脂肪過多になりがち。タンパク質が足りないなと思ったら、いつでも牛乳やヨーグルト、納豆などをプラスできるよう、常備しておくといいですね。朝・昼・夕、それぞれ20gずつタンパク質を摂って運動をすることが、筋肉維持の第一歩です!

第1回:「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ
第2回:誰が見ても「やせた!」とわかる身体を手に入れるダイエット法
第3回:糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説
第5回:「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

タンパク質足りてますか?

「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

学生時代は体操でオリンピックを目指し、69歳の現在も体脂肪率9.8%という驚異の身体を持つ応用生理学とスポーツ医学を専門とする京都大学名誉教授・森谷...

https://www.mylohas.net/2019/07/194192sp_muscle_moritani01.html

不調やイライラ、タンパク質不足が原因かも。朝から摂る大きなメリット

今、3人に2人の女性が「“朝”のタンパク質不足」に陥っているといいます。指摘するのは、メディアでも知られる東大ママドクターこと伊藤明子先生。なぜ朝に...

https://www.mylohas.net/2019/02/184960protein.html

森谷敏夫教授

森谷敏夫(もりたに としお)教授
1950年、兵庫県生まれ。1980年、南カリフォルニア大学大学院博士課程修了(スポーツ医学、Ph.D.)。テキサス大学、テキサス農工大学大学院助教授、京都大学教養部助教授、カロリンスカ医学研究所国際研究員(スウェーデン政府給費留学)、米国モンタナ大学生命科学部客員教授等を経て1992年、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、2000年から同科教授。2016年から京都大学名誉教授。専門は応用生理学とスポーツ医学で、生活習慣病の温床になる肥満のメカニズムに関する研究や運動ができない人々のための骨格筋電気刺激研究などを精力的に進めている。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー