1. Home
  2. BODY
  3. マンネリになりがちな性生活。6つのテクで解消しよう

マンネリになりがちな性生活。6つのテクで解消しよう

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,477

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

男女

パートナーと、もっと深く繋がりたいですよね。

「タントリックセックスとは、結果よりもプロセスにこだわる愛の育て方なのです」と、『Buddha’s Bedroom』の著者で臨床心理学者、セックスセラピストのシェリル・フレイザーさん。

フレイザーさんによると、タントリックセックスでは、フィニッシュ(オーガズム)に至るまでではなく、セックスの経験すべてを大切にします。逆説的ではありますが、プロセスをフルに楽しむことで、よりよいオーガズムにもつながるのです。

ソース・スクール・オブ・タントラ・ヨガ(ハワイ州カフルイ)のディレクター、チャールズ・ミュアさんは、「タントリックセックスは、一定の決まったプロセスを言うのではなく、ある種の体位を言っているのでもありません。実際、どんな体位でもタントラセックスになり得ます」と話します。

前回は、タントリックセックスの基礎知識を専門家に聞きました。今回も引き続き、いつものパートナーとの関係にタントリックセックスを取り入れる方法を、ミュアさんに教えてもらいましょう。

「ベッドルームを整える」「とてもゆっくり動く」など、6つのポイントはこちら

  1. 騎乗位の時間を取る
  2. アイコンタクトする
  3. 身体全体に広がる性的エネルギーを目で見えるように
  4. 空想の中でも我を失わない
  5. ひとりでちょっとした探求をしてみる
  6. 毎日5分間、パートナーと触れ合う
  7. 辛抱強く!

1. 騎乗位の時間を取る

カップル

image via shutterstock

ミュアさんによると、女性のお尻を持ち上げた形でのセックスは、ほとんどクリトリスを刺激しません(神経終末が集まる場所のメリットを生かせず、もったいないのです)。

しかし、タントリックヨガの体位なら大丈夫。パートナーの上にまたがり、背筋を後ろに反らしてコブラのポーズをとります。パートナーの恥骨からの刺激に加え、男性の上下の動き、女性の左右の動きによる刺激も感じることができます。

2. アイコンタクトする

見つめ合う男女

image via shutterstock

「タントリックセックスは、“あなた”と“わたし”をひとつに調和させるものです」とフレイザーさんは説明します。

そのためにもアイコンタクトは大切。ときどき動きを止めて、我に返って、パートナーとの調和を確認するのです。互いの目を見て、タントラの呼吸を何度か試み、微笑み、穏やかな視線を投げかけます。

3. 身体全体に広がる性的エネルギーを目で見えるように

エネルギー

image via shutterstock

「セックスのときには、気持ちをみなセックスに集中して、もっと喜びを感じたいと思うかもしれません。でも、その代わりに、そうした感覚を身体に吸収して、身体の上方に循環させるようなイメージを持ってみては」とマクギーバーさん。すると、その瞬間の喜びすべてを味わうことができるのです。

そのための提案として、フレイザーさんは「エネルギーが生まれる起点としてタントラではとらえられている会陰部(肛門と膣壁または陰嚢の間のエリア)に、白い光やエネルギーの球をイメージしてみるのです」と説明します。その上で、その球を背筋に沿って上昇させ、心と精神、つま先から頭のてっぺんまで身体全体に広げるように意識するのです。

4. 空想の中でも我を失わない

目

image via shutterstock

オーガスムが近づいているとき、空想に身をゆだねるのも簡単ですが、現実やパートナーと自分とを切り離してしまっていることになります。そこでタントリックフィックス(修正)を行うのです。

「オーガスムに近づいていると感じたら、今何が起こっているのか意識し続けます。目を見開き、パートナーとオーガズムを共有するのです。愛情を深めることにつながり、少し怖じ気づくような気持ちにもなるかもしれません」(フレイザーさん)

今までは目を閉じていたことで、“運気を強めるチャンス”も失っていた可能性もあります。でも、これを実践すれば、身体的にも感情的にもエネルギーを高めることができるはず。

5. ひとりでちょっとした探求をしてみる

ヒップ

image via shutterstock

骨盤底筋を締めたり、緩めたりしてみます。「そうすることで、ちょっとした何かを感じることでしょう」(フレイザーさん)

このいわば“エネルギーの貯蔵庫”を意識することで、性的経験の喜びを深めていくことができるでしょう。

6. 毎日5分間、パートナーと触れ合う

カップル

image via shutterstock

「速さや強さを変えながら、次のようなタッチをやってみます」とミュアさんがタントラ式のふれあいとして挙げるのは「手を当てる、愛撫する、手を回す、もむ、やさしくつねる、引っかく、たたく、やさしくたたく、など」

前と後ろ、身体全部に意識を向けます。「陰(ゆっくり、軽く、狭い範囲)陽(速く、深く、広い範囲で)を切り替えながら、相手の脳の注意をとらえていくのです。そうすることで、今を感じ取ることができ、もっと多くを感じられるはず。

「エネルギーや思いを感じるためは、5分あれば十分です」と、ミュアさんは説明します。

7. 辛抱強く!

話し合う男女

image via shutterstock

覚えておきたいのは、タントラはプロセスを楽しむものだということ。「もしうまくいかなくてゲームを投げ出しても、決して落ち込まないようにします」とフレイザーさんは言います(パートナーの目を見つめていやな気持ちになり、イケなくなる場合もあります)

「新しいことを学び、もっと上達したいなら、試行錯誤は避けて通れません。気楽な気持ちで冒険を楽しむこと。欲張らなければ、イライラすることもないはず」(フレイザーさん)

パートナーともっと仲よく

心理カウンセラーが教える「信頼を失った相手と復縁する方法」

恋愛でも仕事でも、一度失った信頼関係を取り戻すには時間とコツがいります。心理カウンセラーがすすめる5ステップを紹介。場合によっては、信頼関係をさらに...

https://www.mylohas.net/2019/05/191485sp_mental_pvn_relationship.html

もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

結婚生活に問題を抱えているとき、離婚を考える前にできることは? ふたりの関係を改善するためのヒントを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190604pvn_marriage2.html

Cassie Shortsleeve/The Ultimate Tantric Sex Guide for Beginners, According to Tantra/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた