1. Home
  2. BODY
  3. 二人の距離が劇的に近づく! ヨガを応用したセックステクニック6

二人の距離が劇的に近づく! ヨガを応用したセックステクニック6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,570

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

バックハグ

image via shutterstock

「タントリックセックス(タントラセックス)」って聞いたことある?

なんだか神秘的で、はかり知れないものを想像してしまいそうな言葉ですね。しかし、実は、あなたが思うほど突飛なものではありません。

「タントリックセックスとは、結果よりもプロセスにこだわる愛の育て方なのです」と、『Buddha’s Bedroom』の著者で臨床心理学者、セックスセラピストのシェリル・フレイザーさん。

フレイザーさんによると、タントリックセックスでは、フィニッシュ(オーガズム)に至るまでではなく、セックスの経験すべてを大切にします。逆説的ではありますが、プロセスをフルに楽しむことで、よりよいオーガズムにもつながるのです。

それはまたパートナーとの距離をより縮めることに。セクシュアリティの教育者で『Tantric Sex and Menopause』の共著者であるジャネット・マクギーバーさんによると、タントラに取り組むことで、パートナーともっと深いレベルで身体がつながれるようになるとのこと。

タントリックセックスとは?

ヨガ

image via shutterstock

タントラの専門家として性生活についての指導に取り組み、インスティチュート・オブ・オーセンティック・タントラ・エデュケーションの創設者でもあるデビ・ワード・エリクソンさんによると、タントリックセックスの基本である「タントラ」は、インド伝統の行法。さまざまな様式や流派があり、それぞれに異なったメソッド、レッスン、テクニックがあります。

「伝統的に、タントラとは“織る”という意味」(デビさん)なのですが、もともとは特殊なヨガの技を指していました。スキルと能力を高めていくと、このヨガをセックスにも応用することができ、そこで“エネルギー”が生まれてくるのです。

それでは、いつものパートナーとの関係にタントリックセックスを取り入れる方法を、ソース・スクール・オブ・タントラ・ヨガ(ハワイ州カフルイ)のディレクター、チャールズ・ミュアさんに教えてもらいましょう。

  1. ベッドルームを整える
  2. タントラ式の呼吸にトライする
  3. “スプーン”になって呼吸する
  4. とてもゆっくりと動く
  5. 側位を試してみる
  6. バストにこだわる

1. ベッドルームを整える

寝室

image via shutterstock

タントリックセックスとは一連の体験そのもの。だから雰囲気を盛り上げることは大事です。「寝室は愛の営みの場所。だから、ロマンチックな環境を整えます」(ミュアさん)

穏やかな音楽を流したり、照明を薄暗くしたり、ベッドの脇に心安らぐものや、キャンドルで照らすのもおすすめ。

「家に寝室が2つあるとすれば、一方をタントリックセックスのために使うのもいいでしょう」とミュアさん。

2. タントラ式の呼吸にトライする

呼吸

image via shutterstock

「タントリックセックスが初めてなら、“タントラユニオン呼吸法(Tantric Union Breathing)”で始めてみて」とエリクソンさん。

裸か、服を着たままで、パートナーと一緒に座るか、あるいは並んで横になります。あるいは、親密さを高めるために「ヤブヤム」と呼ばれるタントラの伝統の座り方をします。ヤブヤムとは、枕かクッションの上で足を組んだ男性(または“陽”のパートナー)と、その膝の上に座った女性(または“陰”のパートナー)で向き合って座るのです。

「それから、アイコンタクトを取り、呼吸パターンを合わせます。それぞれ約5秒間、息を吸い、止め、吐きます」とミュアさん。一緒に呼吸を遅くすることは2人の関係を高め、迷走神経(脳と身体をつなぐ脳神経の一つ)を刺激することで身体をリラックスさせるのです。

3. “スプーン”になって呼吸する

spooning

image via Getty Images

「ムードを深めるために、2人で横になって“スプーンポジション(Spooning)”を取ります。片方の人が後ろからもう片方の人を数分間抱きしめて、呼吸を同期させていきます」とミュアさん。

「このポジションを取ることでエネルギーの中心(チャクラ)を合わせることができ、パートナーとの間のエネルギーのやりとりを行えるのです」

4. とてもゆっくりと動く

セックス

image via shutterstock

「物事を急かしてしまわないように我慢するのです。今までのどんな動きよりも遅く」とミュアさん。こうすることで、今この瞬間の満足度を高めるばかりではなく、それまで知らなかったパートナーの新しい一面を見つける可能性もあるのです。

「セックスするにしても、挿入は数ミリずつにしてみて」とマクギーバーさん。

5. 側位を試してみる

側位

image via shutterstock

タントリックセックスでよく使う体位のひとつが、“側位”です。男性が横向きになり、女性が足をまきつけるようにして、つながるのです。これでより感度が高まります」(マクギーバーさん)

官能的な気分のまま、パートナーとゆっくりリラックスしてみて。

6. バストにこだわる

バスト

image via shutterstock

乳首には何百もの神経終末があります。しかも、バストと胸筋は心臓のチャクラにつながっており、大きな愛情と喜びをもたらすと考えられています」とミュアさん。

手でローションを温めてからパートナーのバストをマッサージします(パートナーにも同じようにしてもらいます)。

パートナーとのセックスを充実させるには?

「潤滑ゼリー」の知られざる世界。目的や成分別で選ぶならどれ?

潤滑ゼリーにはさまざまなタイプがあり、それぞれ良い点と悪い点があります。ここで挙げるものの中に、あなたにピッタリのものが見つかるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/06/192988pvn_lubricants.html

性欲低下を解消させる「瞑想トレーニング」のやり方

瞑想で高まるセックスの感度。セックスで満たされ、更なるオーガズムを感じられるようになる方法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192019pvn_meditation2.html

Cassie Shortsleeve/The Ultimate Tantric Sex Guide for Beginners, According to Tantra/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?