1. Home
  2. BODY
  3. 「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

筋肉学

31,604

山本千尋

太った女性

学生時代は体操でオリンピックを目指し、69歳の現在も体脂肪率9.8%という驚異の身体を持つ、京都大学名誉教授・森谷敏夫教授。

応用生理学とスポーツ医学が専門の森谷教授が、この度「森谷筋肉塾」の塾長として、MYLOHAS読者の悩みや疑問に答えてくれる講座を5回にわたってお届けします。

第1回は、「なぜ筋肉を鍛えなければいけないのか」。「森谷筋肉塾」夏期集中講座、いよいよ開講です!

第1回まとめ

  • 筋肉が減ると、糖尿病・骨粗しょう症・認知症になるリスクあり。将来寝たきりの可能性も⁉
  • 妊娠する前に筋肉をつけておかないと、妊娠糖尿病になりやすい。
  • 立つだけで1.2倍、歩くと3倍のエネルギーを使う!

運動不足の人は、寝たきり予備軍⁉

筋肉

──そもそもの話で恐縮ですが、筋肉ってどうして必要なんですか?

森谷敏夫さん

森谷塾長(以下、塾長)

ほんまに、そもそもやな(苦笑)。まぁ、よろしい。イチから説明しましょう。みなさんは筋肉を運動するときに使うだけのものだと思ってるでしょうが、私は「筋肉は大事な臓器」だと考えています。

たとえば、世界最高レベルで心身の健康管理をされているNASAの宇宙飛行士。彼らは宇宙に2週間滞在して、地上に帰還する頃には全員「骨粗しょう症」になっていて、非常に高い「糖尿病」のリスクにもさらされている。どうしてそうなると思います?


宇宙飛行士

──無重力が関係しているのでしょうか……。

森谷敏夫さん

塾長

そう、無重力状態にいると、筋肉をまったく使わないから。

姿勢を保ち、身体を動かす筋肉を「骨格筋」といいますが、一般的に筋肉と呼ばれているのは骨格筋のこと。骨格筋は人間の身体の4割を占めていて、ここで糖を消費したり、骨をつくりだすメッセージ物質を生み出したりしています。だから筋肉は、立派な臓器。無重力空間では筋肉が使えないから、宇宙飛行士たちは体調が悪くなる。

反対に筋肉をしっかり動かしていれば、糖尿病や骨粗しょう症になるリスクは大きく減る、ということです。


老父婦の散歩

──つまり、筋肉を鍛えることは、病気の予防につながると。

森谷敏夫さん

塾長

そういうこと。「歩くスピードが遅い人は認知症になる確率が高い」という調査結果(東京都健康長寿研が70歳以上の1,149人を調査)が出ているように、「足腰の弱さが認知症に直結する」こともわかっています。

将来、認知症や糖尿病で寝たきりになって、誰かにオムツをかえてもらうようになりたくなければ、いまから運動して筋肉をしっかり鍛えておかないといけない。


「妊娠糖尿病」予防のためにも、筋肉は大事

妊婦の検診

──なるほど。将来、寝たきりにならないために、筋肉が必要ということですね。

森谷敏夫さん

塾長

それだけじゃない。これから出産を考えている人にとっても、筋肉を鍛えておくことは大切。運動不足の人が妊娠すると、輪をかけて運動しなくなるから「妊娠糖尿病」になりやすくなる。

成人してから運動していないと、筋肉は1年に1%ずつ減っていく。筋肉が減ると、体脂肪が増えてだらしない身体になっていきます。とくにこれからの季節、女性は見た目を気にして、急にダイエットをはじめたりするでしょ。


──そうですね、薄着の季節はやはり気になります。何もしていないと筋肉が減っていくことはわかりましたが、それにしても、どうしてこんなに太ってしまうのか……。

ソファで休む人


森谷敏夫さん

塾長

一日中座りっぱなしで、動かないから太るんだよ!

立ったり、歩いたりという日常の運動で消費されるエネルギーのことをNEAT(ニート:Non Exercise Activity Thermogenesis / 非運動性活動熱産生)といいます。本来、人間の身体は一日のエネルギー代謝の約4割をNEATで使うようにプログラムされているのに、現代人はあまりに動かないから太るんです。

座っているときを1とした場合、立つだけで1.2倍、歩くと3倍のエネルギーを使います。日頃からちょこまか動くようにするだけで、身体つきも変わってくるはずです。

さて、ここで質問。電車に乗っているとき、席が空いたらどうします?


──もちろん、ありがたく座ります。

森谷敏夫さん

塾長

バカモン! 何もわかっとらん(怒)。電車では座らない、乗り換え時にはエスカレーターではなく階段を使う、そしてできるだけ歩くこと。今日から早速実践するように。ここまでオッケー?


宿題

【今日の宿題】ちょこまか運動を心がけるべし!

  • 電車では、席が空いても座らない。
  • 乗り換えや数階上がるときには、できるだけ階段を使う。
  • 座りっぱなしはNG。30分~1時間に1度は、立ちあがって歩くこと。

第2回:誰が見ても「やせた!」とわかる身体を手に入れるダイエット法
第3回:糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説
第4回:「朝ごはんを抜く人は早死にする」健康と筋肉に効く食事とは?
第5回:「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

筋肉をつけて健康な体を手に入れよう

筋トレこそ究極のアンチエイジング。その理由は?

「筋トレが世の中の問題のほとんどを解決する」と信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさんの、“筋トレ名言”をご紹介。筋トレこそ...

https://www.mylohas.net/2019/07/192861muscle04.html

タンパク質だけじゃない! ひきしまった身体のための栄養バランス

最近、「ただ細い」ではなく、「ひきしまった身体」を目指す人が増えています。「筋肉=タンパク質」と思いがちですが、どうやら筋肉をつけるための食事は、た...

https://www.mylohas.net/2019/07/193123sp_muscle_nutrition01.html

森谷敏夫さん

森谷敏夫(もりたに としお)教授
1950年、兵庫県生まれ。1980年、南カリフォルニア大学大学院博士課程修了(スポーツ医学、Ph.D.)。テキサス大学、テキサス農工大学大学院助教授、京都大学教養部助教授、カロリンスカ医学研究所国際研究員(スウェーデン政府給費留学)、米国モンタナ大学生命科学部客員教授等を経て1992年、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、2000年から同科教授。2016年から京都大学名誉教授。専門は応用生理学とスポーツ医学で、生活習慣病の温床になる肥満のメカニズムに関する研究や運動ができない人々のための骨格筋電気刺激研究などを精力的に進めている。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?