1. Home
  2. EAT
  3. 毎食タンパク質を摂るために。食卓への簡単な取り入れ方とは?

毎食タンパク質を摂るために。食卓への簡単な取り入れ方とは?

ポジティブ栄養学

13,250

吉川圭美

筋トレしている女性

体を鍛えるのに欠かせない栄養、タンパク質。

運動をするということは、体の筋肉に負荷をかける行為でもあります。そこで壊れた筋肉を修復するのに、材料であるタンパク質を補給する必要があります。

タンパク質は筋肉の材料となる以外にも、コラーゲンや免疫細胞、各種ホルモンの材料など体のあらゆるところで使われています。そのため、運動するなら、なおさらしっかりタンパク質を補給することが重要。

実際、私も食事のことをあまり考えずに毎日ランニングをした結果、風邪ばかりひいていた、という苦い経験を持っています。だからこそ、運動と食事はセット、ぐらいの気持ちで考えてほしいと思っています。

必要なタンパク質を満たしたうえで、運動スタート

ヘルシーな食事をする女性

それほど重要なタンパク質ですが、どれくらい食べればいいの? と首をかしげる人も多いかもしれません。 一日当たりのタンパク質の量としては、一般的に体重1kg当たり1〜1.5gほどが目安と考えられています。

どのくらいハードな運動をしているかにもよりますが、体にとってもっとも大切な栄養だからこそ、運動中はできるだけ多めに摂ってほしいところ。たとえば体重50kgの人なら最低でも50g、できれば75gといったところです。

具体的に食材にどれくらい入っているのか見ていくと、例えば鶏もも肉は125gで20.7g、塩シャケひと切れ(80g)17.9g、納豆1パック(50g)8.2g、といった具合。

コンビニやスーパー、レストランにいる女性をみると、心配になってしまう人も少なくありません。例えば、朝ごはんは通勤時に買った甘いカフェオレ、ランチはパスタやおにぎり、夜はそうめん、といった食事では、運動に必要な量はおろか日常生活に必要な分も満たしていないのでは、と気になってしまいます。

タンパク質とアミノ酸の関係って?

タンパク質の多い食品

ちなみに、タンパク質はアミノ酸がくっついてできています。このままでは分子が大きすぎて吸収できないため、食べたタンパク質は一度小さなアミノ酸にまでバラバラにされた後、再び人体に合ったタンパク質に組み替えられて筋肉になったり、爪や髪になったり、免疫細胞になったりして使われます。

このとき、人間の体では作ることができないけれど、生きていくために欠かせないアミノ酸というものがいくつか存在します。普段食べているタンパク質のなかにこのアミノ酸がどれくらい含まれているか、多く摂れているかを考えることもポイントです。 さらに体内でタンパク質を作るうえで、「メチオニン」というアミノ酸は大切であり、動物性のタンパク源に多いと考えられています。

知れば知るほど意識して摂りたいタンパク質。筋肉をつけたいなら、なおさらしっかりとチャージする必要があるということです。

とにかく毎食タンパク質を摂ろう

タンパク質の多い食品

タンパク質を摂るのに数字でいちいち考えるのはしんどい、難しいことを考えるのは面倒、という人は、とにかく毎食ごとに肉や魚を取りいれてみましょう

このとき、「魚と大豆製品」というふうに2種類のタンパク質を摂るのがポイント。たとえばランチの豚の生姜焼きに納豆小鉢をトッピングしたり。デスクワークの方ならその分ご飯の量を減らすことで、食後の眠気も抑えることができます。コンビニランチなら、シャケおにぎり(具は多目がおすすめ)にゆで卵、枝豆をプラスしてもいいですね。 もちろん量もしっかりと。

もし大豆製品が多めなら、動物性のタンパク質をプラスするのもコツ。アミノ酸の質を高めることで、筋肉として使われやすいタンパク源となります。納豆を食べるときに卵をプラスする、豆腐には鰹節やしらすをプラスする、といった工夫を。おつまみに枝豆をオーダーするなら、ぜひ焼き鳥もセットで。

ふだん肉や魚をほとんど食べない人は、まずはとにかく毎食タンパク質を摂ることを目標に。ちなみに、こういう方が突然ステーキ屋さんに行って肉300gを食べたりすると、消化が追いつかずに胃腸の調子を崩してしまうこともよく聞くトラブルです。焦らず少しずつ増やしていきましょう

またプロテインを取り入れるなら、使用原料や添加物のチェック、お腹の様子を観察するのも忘れずに。

引き締まった体づくりのためには、カロリーを意識するだけでなく、体を作る材料を入れることも忘れずに。ぜひ、意識してみてくださいね。

タンパク質を摂りましょう

タンパク質で、夏までに美しい体を手に入れる! Amazon売れ筋プロテイン5選

美容成分入りや低糖質など、美容面にもこだわった女性にうれしいプロテインを5選をお届け。筋肉をつけるには、適度な運動とともにタンパク質をしっかりとるこ...

https://mylohas.net/2019/07/193961protein.html

タンパク質で、ハリ肌・ツヤ髪・筋肉を手に入れる!

人の体の約6分の1を占めるタンパク質。近年は「筋肉を作る」という観点からとくに注目を集めていますが、タンパク質の役割はそれだけではありません。立命館...

https://mylohas.net/2019/07/193908protein.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由