1. Home
  2. BODY
  3. 片頭痛があるとドライアイになりやすい?

片頭痛があるとドライアイになりやすい?

Healthday News

1,706

MYLOHAS編集部

片頭痛の女性

片頭痛があって辛いという人、ひょっとしてドライアイにもなっていませんか

アメリカ・ノースカロライナ大学のグループによる研究から、片頭痛がある人はドライアイである確率が高く、特に高齢の女性でその傾向が強いことが明らかになりました。

研究では、2008~2018年にノースカロライナ大学の関連病院を受診した18歳以上の患者7万2,969人を対象に、片頭痛の有無で2つの群に分けて、ドライアイの有無を調べました。全体の7.3%は片頭痛、13.2%はドライアイと診断されていました。

片頭痛があるとドライアイでもある人が明らかに多い

ドライアイの女性

その結果、片頭痛のある人がドライアイであるリスクは、片頭痛のない人の1.72倍、薬剤の使用など関係のある因子を考慮しても1.42倍であることが分かりました。

また、65歳以上の人に限ると、このリスクは、男性では約2倍、女性では約2.5倍に上っていました。つまり、ドライアイのリスクは年齢が上がるにつれ高まり、特に女性でその傾向が強いということです。

今回の研究では因果関係は明らかになっていませんが、研究グループによれば、ドライアイと片頭痛の関連は以前から指摘されていたということです。

ドライアイでは、眼の表面を覆う「涙液層」がダメージを受けます。このため、眼の不快感や視覚障害をはじめとした目の障害が生じ、生活の質(QOL)の低下につながることもあります。

片頭痛とドライアイはセットで注意すべき

脳と目

そもそも、ドライアイの人はどれくらいいるのでしょうか?

アメリカでは、成人の8~34%がドライアイであることが知られています。一方、片頭痛は約14%といわれています。

では、いったい、何が片頭痛とドライアイを結びつけているのでしょう?

研究グループは、どちらの疾患も、細胞レベルで似たような「潜在的な炎症プロセス」があり、これが関与していると述べています。

彼らの仮説によれば、ドライアイの炎症性の変化が神経筋組織でも同じような変化を引き起こし、片頭痛の発症や進行につながる可能性があるとのこと。また、眼の表面の異常な乾燥が、片頭痛を誘発する鍵になる神経経路を刺激する可能性も考えられるそうです。

このため、研究グループは「現在、片頭痛があるか、過去に片頭痛になったことがある人はドライアイになるリスクが高いようです。片頭痛とドライアイの関係が何であれ、どちらか一方があれば、もう一方も抱えている可能性が高いことを念頭に置く必要があります」と注意を促しています。

頭痛の悩みは人それぞれ

慢性的な頭痛を放置するとどうなる?

長い間、 頭痛に苦しんだ結果、起こる疾患が 「頭痛の最終形」といわれる「脳過敏症候群」。新しい疾患として提唱し、国際的な論文も発表している東京女子医...

https://www.mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html

頭痛に振り回されないために。天気によっておこる頭痛の対策&予防法

間もなく梅雨の季節。天気が悪くなると頭痛がする、雨が降ると昔ケガをした部位が痛む、 などの経験はありませんか? 気象が関係する体調不良、「天気痛」。...

https://www.mylohas.net/2019/06/192524sp_headache_weather02.html

HealthDay News 2019年3月8日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報) Abstract/Full Text

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?