1. Home
  2. BODY
  3. 万能すぎる「ココナッツオイル」料理以外の活用法。乾燥する日焼け肌対策に

万能すぎる「ココナッツオイル」料理以外の活用法。乾燥する日焼け肌対策に

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,207

Maya A. Kishida(翻訳)

ココナッツオイル

image via shutterstock

そういえば、うちにもある……。

一時期流行ったココナッツオイル。使いきれずに持て余してしまっていませんか? でも捨ててしまうのは、ちょっと待って! 高飽和脂肪が含まれたココナッツオイルはモイスチャライザーとして有能なんです。おまけにココナッツオイルには抗菌・抗真菌性作用も。

アリゾナ州スコッツデールにあるロックウッド・ナチュラルメディシンクリニックの自然療法医エリザベス・タッディケンさんがすすめるココナッツオイルの使い方をぜひ試してみてください。

  1. ヘアパックで髪をやわらかに
  2. リップバームをつくる
  3. 水虫を和らげる
  4. ひどい日焼けをしずめる
  5. オイルプリングでお口をきれいに
  6. 湿疹を和らげる

1. ヘアパックで髪をやわらかに

ビン

スパに匹敵するヘアパックで髪をやわらかく。

作り方:

  1. オーガニックの精製ココナッツオイル(液体の状態)大さじ3〜5杯にローズマリーの精油20滴を混ぜます。
  2. できたオイルで髪の毛をよくマッサージしてからシャワーキャップで頭を覆いましょう。
  3. そのまま30分から1時間ほど置いてシャンプーで洗い流します。

2. リップバームをつくる

リップバーム

ココナッツオイルのリップバームを手作りしてみては?

作り方:

  1. オーガニックの精製ココナッツオイル大さじ2、ココアバター大さじ2、みつろう(フレークかペレット、ネット通販かショップで購入できます)大さじ2を、耐熱性計量カップに入れます。
  2. 小さななべに5cmほど水を張り、計量カップを底だけが浸かるようにして置きます。カップに入れた材料が溶けるまでときどきかき混ぜながら、弱火から中火でなべを温めましょう。
  3. 材料が溶けたらなべを火からおろし、リップバームの容器に注意しながら液体を注ぎます(7mlの容器で12〜15個分くらいできます)。それぞれの容器にシナモンの精油を2滴ずつ垂らし、よく混ぜてからすぐにフタをして冷蔵庫で冷ましたらできあがり。お友だちにもプレゼントしてみて!

3. 水虫を和らげる

ココナッツ

夏の暑さで足が汗をかくと、真菌感染症の水虫になってしまう可能性が。ココナッツオイルは、感染して剥離した肌の症状を改善してくれるかもしれません。

水虫の治療薬を塗布した上からオーガニックの精製ココナッツオイルを塗り、綿の靴下でカバーしましょう。

4. ひどい日焼けをしずめる

ココナッツ

日焼け止めをたっぷり塗ったとき、ちょっとした塗り忘れがあったりしませんか?

ヒリヒリした日焼けの痛みがすっかり落ち着くまで待ってから、オーガニックのラベンダーの精油を2、3滴混ぜたコールドプレスのオーガニックココナッツオイルを塗って、乾燥とかゆみを和らげましょう。

ココナッツオイルの抗炎抗菌作用が、ダメージを受けた肌が治癒するのを助けてくれるはず。

5. オイルプリングでお口をきれいに

口腔ケア

ココナッツオイルを食べたいとは思わない人も、ココナッツオイルで口をすすいでぺッと吐き出すだけでも、歯や歯茎に多くのメリットがありそうです(オイルを吐き出すときはゴミ箱に。排水溝が詰まらないようにするためです)。

これは「オイルプリング」と呼ばれる伝統的なアーユルヴェーダの療法で、オイルに含まれるラウリン酸がプラークを減らし、歯肉炎のリスクを軽減することが研究でも示されています。

やり方:

  1. 歯を磨いてフロスをした後に、追加のお手入れとして行ってください。オーガニックココナッツオイル大さじ1を口に含み、口の中全体にゆっくりとオイルを回して行き渡らせます。
  2. これをできるだけ長い時間行ってから(理想的には少なくとも5分間ですが、長ければ長いほどよいです)、オイルを吐き出し、最後ににっこり微笑んで。

6. 湿疹を和らげる

ビン

あなたや子どもが湿疹(手やひじ、ひざなどの肌に赤くかゆみが出るような自己免疫症状)に悩んでいるなら、自然療法としてココナッツオイルが役に立つかも。

症状の緩和には、1日に2回、肌が鱗のように荒れている箇所にやさしく塗りましょう。

ココナッツオイル、いろんな使い方

「潤滑ゼリー」の知られざる世界。目的や成分別で選ぶならどれ?

潤滑ゼリーにはさまざまなタイプがあり、それぞれ良い点と悪い点があります。ここで挙げるものの中に、あなたにピッタリのものが見つかるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/06/192988pvn_lubricants.html

紫外線による日焼け肌に。オイルの正しい使い方を皮膚科医に聞く

万能に思えるココナッツオイル。しかしヒリヒリ痛む日焼けにべったり塗ってはまずいようです。正しい塗り方を皮膚科医が解説します。

https://www.mylohas.net/2019/05/189798pvn_coconut.html

6 Health Benefits of Organic Coconut Oil, According to an Expert / Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由