1. Home
  2. EAT
  3. 飲むと逆に太る「スムージー」の特徴は? 摂り方次第で効果も変わる

飲むと逆に太る「スムージー」の特徴は? 摂り方次第で効果も変わる

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,448

Maya A. Kishida(翻訳)

スムージー

スムージーを飲めば、やせると思ってない?

市販か手作りかを問わず、お気に入りのスムージーには余計なカロリーや糖分、脂肪が潜んでいるかもしれませんよ。グリーンスムージーでさえも、中の材料に十分気をつけないと、太る原因になるんです。

スムージーを朝食にするのはヘルシーなの?

タンパク質、炭水化物、ヘルシーな脂肪などの栄養素がバランスよく含まれているなら、もちろんスムージーはヘルシーな朝食になります、と言うのは、食品表示の読み方を解説した『Read It Before You Eat It』の著者で認定管理栄養士のボニー・タブ=ディックスさんです。スムージーはジュースとは異なり、野菜や果物から繊維質を取り除かないため、満腹感も得られます

「スムージーは健康的な朝食になり得るのですが、フルーツジュースやシロップをたくさん加えてしまうと、一見身体によさそうに見えても、まるで別物になってしまいます」とタブ=ディックスさん。「糖分が高いためにほんの少しの間は元気になったように感じるでしょうが、その後、またお腹が空いてしまうのです」

健康的なスムージーを作るには?

スムージー

image via shutterstock

スムージーの糖分を減らしつつ、腹持ちをよくするには、1食あたり20〜30gのタンパク質を摂るよう栄養士は推奨しています。

主要栄養素であるタンパク質をスムージーにたっぷり加える方法としては、プロテインパウダーを使うのが非常に便利。ただしプロテインパウダーは、含まれている砂糖が少ないか、あるいは無加糖で、人工甘味料未使用のタイプを選ぶようにしましょう。

また、スムージーのベースとなる液体も慎重に選ぶこと。フルーツジュースは糖質がたっぷりですが、タンパク質や脂肪が含まれていません。そこでジュースではなく、低脂肪牛乳かアーモンドミルクやココナッツミルク、カシューナッツミルクなどにするとよいでしょう。

よりヘルシーにするには?

無糖のナッツバターやヘンプシード、チアシード、フラックスシードパウダーなどを用いると、ヘルシーな脂肪を摂ることができるし、スムージーにカリカリした食感も加わります。

ギリシャヨーグルトを2%ほどいれると、カロリーを増やしすぎることなく、ヘルシーな脂肪やタンパク質を追加できます。クリーミーな食感になりボリュームも出るので、満腹感もアップしますよ」(タブ=ディックスさん)

さらに低糖質の果物をスムージーに加えると、砂糖を使わずに自然の甘さを出せます。ただし加えるのは1人前か2人前だけという分量を厳守すること。スムージーに果物を入れすぎると、血糖値の急上昇と急降下をすぐに招いてしまうことに。ちなみに、新鮮なフルーツの代わりに冷凍果物を使えば、スムージーがより濃厚でクリーミーになります。

飲むより、食べるほうがいい

スムージー

image via shutterstock

満腹感を促進して消化を助けるためにも、タブ=ディックスさんはスムージーをストローで吸ってゴクゴク飲むのではなく、ボウルに入れてスプーンで食べることを勧めています。

スタンフォード・ヘルスケアの臨床栄養師レア・グルッポさんも「満腹感を得るには、飲むよりも、噛んで飲み込む方がよい」と話します。

念のために言っておくと、食べ物をブレンダーで攪拌したからといって、その分栄養素が体によく吸収されるようになるわけではありません。ブレンダーで細かく砕いた食べ物は、早く体内を移動するため、食べ物を噛んだ場合よりも、実際には吸収率が下がってしまうこともあるのです。

スムージーは果物を食べるのと同じくらい体によい?

果物

image via shutterstock

答えはイエスでもあり、ノーでもあります。あまりにたくさん果物を加えたり、ベースにフルーツジュースを使用したりすると、糖分とカロリーの摂り過ぎのリスクを招くとタブ=ディックさんは注意しています。

でもスムージーに2人分を超える量の果物を入れないようにすれば、健康的といえる分量ですし、あわせて果物の抗酸化物質も摂取できます。

グリーンスムージーはヘルシーなの?

グリーンスムージー

image via shutterstock

野菜を十分に食べることができない場合、スムージーなら自分の好みの味で食事により多くの野菜を取り入れるすばらしい手段になります。

繊維質だけでなくビタミンA、ビタミンKをたっぷり摂取するためにも、色の濃い葉物野菜を入れるようにしましょう。冷凍カリフラワーやサツマイモ、ズッキーニも選択肢としてはとてもよいです。さらに栄養をアップさせるなら、ターメリックや抹茶パウダー、アダプトゲンを加えても。シナモンやカルダモンなどの身体を温めるスパイスで風味を加えてもよいでしょう。

「野菜が嫌いな人は、イチゴやバナナの味ならグリーンスムージーを飲む方が野菜を食べるより楽だと思えるかもしれません。果物ではなくフレッシュハーブをたくさんの野菜とブレンドするのが好きな人もいます。いずれにしても人それぞれの好みですね」(タブ=ディックスさん)

ただし、飲む量だけは気をつけて。グロッポさんは、体重を落とそうとしている人の場合、おやつに飲むスムージーは150kcal以下に、食事として飲む場合は350kcal以下に抑えるようすすめています。体重を維持しようとしている人であれば、食事代わりの飲み物の場合500〜600kcalまで許容範囲です。

次回に続きます。

ヘルシーなスムージーのレシピ

抗酸化ジュースの決定版! 辛みがアクセントの「スプラウト&トマトみかんスムージー」

食事から抗酸化を考えてみる。せっかくならおいしくいただきたいところですが、抗酸化作用だけではなく、スプラウトの辛みがいい具合のアクセントのスムージー...

https://www.mylohas.net/2019/04/188705sp_aging_recipe.html

無駄のない筋肉と満腹感が得られる! 高タンパク簡単スムージー8

無駄のない筋肉が手に入り、満腹感・満足感が得るのに手っ取り早いのが、スムージーを飲むこと。8つのメニューアイデアを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/187812pvn_smoothie2.html

Mandy Ferreira and Tiffany Ayuda/Are Smoothies Healthy? 5 Ways Your Smoothie Is Making You Gain Weight/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?