1. Home
  2. BODY
  3. 1日たった5分で体の流れを整えていける「スゴレッチ」はすごかった!

1日たった5分で体の流れを整えていける「スゴレッチ」はすごかった!

筋肉学

58,578

鈴木希

スゴレッチ

肩こりがつらい、疲れが取れない、やせないなど日々感じる不調や見た目の悩みを、「仕方ないこと」だとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

でも、体の不調はあたりまえではないと、プロスポーツ選手が通う整骨院院長の萩原健史(はぎわら けんじ)先生は言います。

今まで5万人以上の施術を行なってきた萩原先生は、体の流れを整えることで、アスリートのコンディショニングや女性の体型変化への対応、腰痛・肩こりの解消をアドバイスしてきました。

そのメソッドが詰まった著書『スゴレッチ』(ダイヤモンド社)には、「体調、痛み、見た目……体のあらゆる悩みを根本から治すスゴすぎるストレッチの方法」が載っています。1日たった5分で体の流れを整えていけるスゴレッチとは、どんなものなのでしょうか。

不調の根本「ゆがみ」をリセット

ゆがみ

人の体は、血液が全身に循環するようにできているもの。だから、流れが滞る箇所こそ、バランスが悪い箇所なのだそう。流れが滞ることでむくんだり、自律神経のバランスが乱れて原因不明の体調不良が起きたり、精神状態に悪影響を及ぼしたりすることも。

私たちの体は日常生活の中で、本来あるべき姿からちょっとずつずれていってしまっているのだとか。スゴレッチでは、不調の根本である体のゆがみをリセットするところから始まります。

「骨が正しい位置におさまることで、内臓も正常に動きだし、本来の機能を取り戻していきます」と萩原先生。

たとえば、肩甲骨のゆがみの典型が「内巻き肩」。現代人はパソコンやスマートフォンをのぞきこむ時間が長くなっています。

すると、首や上半身が丸まりますよね。この体勢が長くなると肩が内側に巻き込まれ、背中にある肩甲骨の位置がずれていくのです。肩甲骨がずれることで筋肉も一緒に引っ張られ、結果的に肩や首、腰に痛みが出てきます。

『スゴレッチ』50ページより引用

つい肩を揉んだり腰をたたいたりしがちですが、それでは表面をほぐしているだけで、すぐ元に戻ってしまうのだそう。内側に巻き込まれてしまった骨や筋肉を正しい位置に戻すことが、根本からの解決方法。本当の意味でのリセットが必要なのです。

「正しい体」を脳にインプットする

覚える

ただ、せっかくゆがみをリセットしても、日常の体の使い方を正していかなければ効果は長続きしないと萩原先生は言います。では、どうしたらいいのでしょうか。

そこで重要なのが、反復運動をすること。無意識のうちに脳が覚えていた「悪い体の使い方」を「正しい使い方」で上書き保存するのだそう。そこで大切になるのが、「反復運動で全身を運動させる(つなげる)」ストレッチです。

体が上手に連動して機能するには、「前後バランス」「左右バランス」「上下バランス」の3つの要素が大切に。なにもしないでいると重力に負け、体のパーツが自然と下へ下がっていき、ゆがみがより強くなる……そこで、重力に抗う遠心力が必要になるのです。

日々の体の使い方を、遠心力が働きやすい動作に変えていくことで重力の影響を受けにくくする、ということなんです。そして、遠心力を利用した体の本来の動きが、「対角螺旋運動」です。対角とは、右腕と左足、左腕と右足、という斜めの動き。そして、螺旋とは背骨を中心に体をねじる動きです。

『スゴレッチ』65ページより引用

このように「リセット」と「連動」の2つを組み合わせることで、「循環」しやすい体に整っていくそう。血流がよくなることで、自律神経も整いやすくなるのは、体にとって嬉しい話です。

やってみよう! 「東京タワーストレッチ」

スゴレッチは、簡単な点もいいところ。実際に全5種類をしっかりやっても、5分かからない程度の短さ。萩原先生は、きちんと実践すればたった1回で効果が現れ、3週間続ければその効果を実感できると言います。

書籍で紹介している5大ストレッチから、「東京タワーストレッチ」をやってみましょう。

STEP1:足を深く(前足、後ろ足ともに90度になるように)曲げる

step1

写真:よねくらりょう

STEP2:手をカンチョーポーズで組み、そのまま天井に向けてグッと伸びる(腕は耳にくっつけるように)

step2

写真:よねくらりょう

STEP3:前足を出しているほうに体をクッと傾け、30秒キープ!反対側も同じように!

step3

写真:よねくらりょう

東京タワーストレッチは、「これだけで全部整う」という万能ストレッチ

股関節の前面(腸腰筋)・体側(わきから腰)が伸び、体の前後バランス、左右バランス、骨盤の旋回、すべてのバランスが整います。また、猫背、反り腰、骨盤のゆがみ解消、肩こり・腰痛の改善、冷えやむくみ、疲労解消や自律神経の乱れにも効果的なのだそう。

手順や動きを正確に再現できれば、整骨院の治療1回分に匹敵する効果が得られるそうなので、ぜひやってみてください。

循環する体ができていくと、最後は歩くだけで体が自然と整っていくようになると、萩原先生。歩くというのは、対角(振り子)の動きも、螺旋(ねじり)の動きもあり、体をきちんと使えていれば、ただ歩くだけで体全体がポンプのように動き、循環もしていく

そんな快適な状態までたどり着けるように、スゴレッチを毎日続けていきたいですね。

今日から、ストレッチ!

10回転がすだけ! フォームローラーで猫背改善ストレッチ

筋膜をここちよくほぐすフォームローラーは、ケガの予防にも効果的。猫背になった姿勢をスッキリ改善する方法を専門家が動画でレクチャー。

https://www.mylohas.net/2019/03/186229pvn_foamroller.html

筋肉の凝りをセルフでほぐすには? おすすめマッサージボール5つ

筋肉の凝りをセルフでほぐすならマッサージボールがおすすめ。できれば、保管場所に困らず、それでいてきちんと効果を感じられるタイプがベストです。そこで、...

https://www.mylohas.net/2019/05/191442buy_massageball.html

スゴレッチ ]ストレッチ画像提供:ダイヤモンド社、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?