1. Home
  2. EAT
  3. ちゅるんと食べられる、高タンパク質&食物繊維たっぷりの「そばサラダボウル」

ちゅるんと食べられる、高タンパク質&食物繊維たっぷりの「そばサラダボウル」

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

11,269

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。インスタグラムでヘルシーなレシピを紹介しています!

そばサラダボウル

そばがおいしい季節になってきましたね! でも、少し困ってしまうのが栄養素の偏り……。そんな問題を解決してくれるのが、この「そばサラダボウル」。野菜だけでなく、手軽なジャパニーズスーパーフードをたっぷり使用することで、たくさんの栄養素をたったひとつのボウルに詰められるのです!

そばを茹でる以外には火も使わないため、忙しいときにもオススメな時短レシピになっています。

栄養満点! そばサラダボウル

そばサラダボウル

そばをメインにしたボウルに比べて、野菜がたっぷり詰まっている「そばサラダボウル」。忙しいと野菜が不足しがちですが、これを食べればそんな問題が解決しちゃいます!

前日やその日の朝に具材を切っておけば、食べるときにはそばを茹でるだけで済ませることができ、またさらに手間が省かれます。ドレッシングは、めんつゆ以外にゴマドレッシングやオリーブオイルなんかで食べても美味しいですよ。

<材料>

  • そば 半人前
  • サニーレタス 2〜3枚
  • にんじん 1/3本
  • アボカド 1/4個
  • きゅうり 1/3本
  • 大葉 2枚
  • 納豆 1パック

(ドレッシング)

  • めんつゆ 大さじ1
  • 水 大さじ1/2

<レシピ>

  1. 袋に記載されている茹で時間に従って、そばを茹でる。
  2. その間にすべての野菜を洗い、サニーレタスを食べやすい大きさに、にんじんときゅうりを細切りに切り、アボカドを薄くスライスしておく。
  3. そばが茹であがったら、冷水にさらして冷ます。
  4. ボウルにサニーレタスを敷き詰め、上にすべての具材を乗せていく。
  5. 最後にめんつゆと水を合わせたドレッシングをかけたら完成。

このレシピのスーパーフード: そば

そば

image via Shutterstock

そばにはマグネシウムや食物繊維、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

日本では古くから親しまれているそばですが、海外ではその魅力的な栄養素から、最近になって人気に火が付いています。そばの実を細挽きにしたそば粉は、グルテンフリーの粉としてクレープやパンケーキなどのスイーツに使われています。

十割そば以外のそばには小麦粉が入っており、グルテンフリーではないことが多いので、グルテンアレルギーの方は気をつけてくださいね!

このレシピのスーパーフード: 納豆

納豆

image via Shutterstock

納豆は、健康な体づくりに欠かせないタンパク質を豊富に含んでいます。食物繊維もたっぷり含まれているため、腸の活性化ダイエットにも効果的と言われています。

また、レシピ内のアボカドに含まれる水溶性食物繊維が、納豆の善玉菌のエサになることで、さらに整腸効果がアップするんです。

海外でも、植物性タンパク質として人気が出てきています。

日本が誇るスーパーフード、納豆

毎日の食事で役立つ! 管理栄養士が教える8つの納豆トリビア

日本人にはおなじみの食材である納豆だが意外と知らないことあったりがします。そこで、今回は発酵料理に詳しい料理家・管理栄養士の舘野真知子先生が毎日の食...

https://mylohas.net/2019/02/nattotrivia.html

腸内環境の改善に。香ばしくてふわふわの納豆フリットのレシピ

日本人のソウルフードとも言える、納豆。身近な食材なのに、食べ方は「混ぜてごはんと一緒に食べる」の一辺倒になっていませんか? もしそうだったらもったい...

https://mylohas.net/2019/01/183375natto_recipe01.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析