1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 10名のすっぴん美人がやっている習慣。美容クリームよりもいいのは…

10名のすっぴん美人がやっている習慣。美容クリームよりもいいのは…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

15,636

Maya A. Kishida(翻訳)

スキンケア

image via shutterstock

海外でも有名人が続々と、すっぴん顔をインスタで公開しています。

ジェニファー・ロペスからハル・ベリーら、ノーメイクでも輝いているスターの自撮りを見てみましょう。

グウィネス・パルトロー、シンディ・クロフォードら10名のインスタグラムはこちら

  1. ジェニファー・ロペス
  2. コートニー・ カーダシアン
  3. ハル・ベリー
  4. ソフィア・ベルガラ
  5. メラニー・ブラウン
  6. エヴァ・ロンゴリア
  7. ヒラリー・ダフ
  8. キャリー・アンダーウッド
  9. エバ・チェン
  10. ケリー・リパ

1. ジェニファー・ロペス

エイジングという言葉はジェニファー・ロペスには関係ないようです。主演映画『Hustlers』の公開を控えるスターは49歳には見えません。

それはとても厳格な食事とジムでのワークアウトのおかげ。それも1日も休まないのだとか。すごいですね!

2. コートニー・ カーダシアン

リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のスター、コートニー・ カーダシアン

彼女自身が運営するウェブサイト「Poosh」では、彼女のような肌になれるナチュラルなビューティプロダクツをいくつかを紹介しています。

3. ハル・ベリー

スキンケアに関するいいアドバイスがほしい、新しいワークアウトについて知りたい、体についての前向きな言葉や自分を愛せる言葉を探している……ならば、映画『キャットウーマン』の主演女優ハル・ベリーのインスタグラムをチェック!

ハル・ベリーは52歳ですが、いまが最高な時期であることをセルフィーが証明しています。彼女の輝かしい肌の秘密はアンチエイジングのクリームではなく、エクササイズなんです。

4. ソフィア・ベルガラ

コロンビアのセクシーな女優、ソフィア・ベルガラ。

リップを塗っていないだけでも動揺してしまうのに、プールサイドでノーメイクのこの写真には、本当にクラクラしそう。

5. メラニー・ブラウン

#NoFilterというハッシュタグで変顔のセルフィーをアップしたメラニー・ブラウン

スパイス・ガールズの元メンバーだった彼女は、この写真では家族とバケーションを楽しんでいる様子。日焼けした顔が生き生きとしています。

6. エヴァ・ロンゴリア

朝なのに、こんなに美しく見えるなんてありえなくない? と思うけど、44歳のエヴァ・ロンゴリアは可能だと証明しました。

日曜日の朝、赤ん坊の息子の可愛い足と一緒にポーズを決めてます。

7. ヒラリー・ダフ

最近2人目の赤ちゃんを産んだ、女優で歌手のヒラリー・ダフ

楽しげな素顔のセルフィーでは長男のルカと一緒にポーズ。

8. キャリー・アンダーウッド

ラフなお団子ヘアにカジュアルな格好のキャリー・アンダーウッド

カントリーミュージシャンである彼女は、メイクをしなくてもまったく問題なさそう。

9. エバ・チェン

ファッショニスタのエバ・チェン

ドレスアップしてイベントを飛び回っている姿を見慣れていたけど、インスタグラムに投稿された息子のタオくんと一緒のかわいらしいセルフィーでも輝いています。

10. ケリー・リパ

48歳のケリー・リパと夫のマーク・コンスエロスのセルフィーは、誰もが堪能するはず。

ビーチサイドで撮った写真のふたりは、とにかくステキ。もちろんノーメイクです。

美しさは努力の賜物

角質ケア&保湿のルーティンが人気。セレブが美を保つ秘訣とは?

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176960celeb.html

セレブの美の秘密。腸をキレイにする「水酸化マグネシウム」

便秘は美容の大敵です。気をつけているのに、便秘になってしまう人っていると思います。お通じを自然なかたちで改善できるものが、今ハリウッドで人気です。疲...

https://www.mylohas.net/2014/03/036082mag.html

Nicol Natale/20 Celebrities Who Are Literally Glowing In Their No-Makeup Selfies/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた