1. Home
  2. EAT
  3. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

100,274

加藤智子

長友佑都選手

健康で美しい身体を保つための食事の方法はさまざま。野菜中心のメニューにしたり炭水化物を抜いたりといろいろ試すも、栄養のバランスが偏り、かえって体調不良に陥ったり、満腹感を得られず長続きしなかったり──。

サッカー日本代表選手の長友佑都さんが提案する食事法は、そんな悩みを解決しながら、集中力を高め、仕事のパフォーマンスも上げるという画期的なもの。相次ぐ怪我や病気を経験しながら充実の選手生活を続けていられるのは、この糖質をコントロールするという食事法のおかげだそう。

先に行われた長友佑都さんの「ファットアダプト食事法 発表会」で紹介された、その独特の食事法に注目します。

驚きの回復力を実現した食事方法

長友佑都選手が考案した「ファットアダプト食事法」

2018年よりトルコのリーグでプレーしている長友さん。リーグ連覇やトルコ杯優勝への貢献など、華々しい活躍ぶりが報じられてきましたが、昨年は、試合中の負傷で肺の手術を受けたという衝撃的なニュースが飛び込んできたことも──。

「怪我をしたのが2018年10月24日で、11月末には試合復帰。諦めろ、厳しいと言われていた2019年1月のアジアカップにも出ました。

術後1週間ごとに検査がありましたが、『これはどうして?』と医師が驚くほどの早い回復でした。間違いなく、専属の加藤超也シェフと、北里大学北里研究所病院の山田悟医師の管理のもと、最高の食事をしてきたからです」(長友さん)

トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

中野ジェームズ修一さんに伺った「自重トレーニング」。イスまたはテーブルがあれば、いつでもできる簡単トレーニングです。特別な道具は必要ありませんし、回...

https://www.mylohas.net/2019/05/190404event_nakano.html

ポイントは、良質な脂質とタンパク質を摂取すること

ファットアダプト食事法のメニュー例

ファットアダプト食事法のメニュー例。右上より時計回り:サーモン洋風照り焼きリゾット、白身魚のカルパッチョ 〜梅ドレッシング〜、たっぷり野菜のミネストローネ、豚肉グリルとミックス野菜のバルサミコサラダ ©︎Shinji Minegishi

この糖質量をコントロールする「ファットアダプト食事法」は、長友さんと加藤シェフ、山田医師がタッグを組み、3年の月日をかけて完成させたものだそう。

「イタリアのインテルにいた頃は、筋肉系の怪我がすごく多く、悩んでいました。が、この4年ほどで怪我はまったくなくなり、回復力も高くなった。ピッチの中でも、試合が終わった後も、疲れが取れやすくなったんです。

僕はまず、血糖値の測定と、食べ物のアレルギーの検査を受け、自分の身体を知ることから始めました。

僕は食後の血糖値が上がりやすかったので、糖質の量を少しずつ減らし、かわりにタンパク質と脂質を意識的に摂るようにしました。魚や肉など、脂質、タンパク質が豊富な食材、オリーブオイルなどもよく摂ります。甘いものも好きだったのですが、できるだけ低糖質のものをとるようにしています」(長友さん)

糖質管理をしっかりすれば、カロリーを気にしすぎることなく、食事を楽しみながらダイエットができるともいいます。

眠気解消、集中力もアップ

長友佑都選手

でも、これって長友さんのような特別に身体を鍛えている人のための食事法なのでは──?

「なにも、僕のようなアスリートだけのためのものではないんです。僕は、この食事法を続けて、眠気を感じることがなくなり、頭が冴えなくてボーっとすることがなくなった。集中力が増して、パフォーマンスが上がってきたんです。

同じ食事をしている僕の妻も、風邪をまったくひかない。肌の調子もよくなったと言っています。

怪我が多く、そろそろ引退かもしれなかった僕は、この食事法で人生が変わったといっても過言ではない。食事が大切だということを伝えたいと思いました」(長友さん)

トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

「お腹まわりの贅肉を落とすトレーニング」は存在するの? 部分やせは叶うもの? トレーニングにまつわる疑問を解消する、脂肪と筋肉の話をご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/06/192912belly_training.html

長友選手の専属シェフが自動献立レシピサイト「FAT ADAPT」で指導

長友佑都のファットアダプト食事法

こうした思いがこめられた著作『長友佑都のファットアダプト食事法 カラダを劇的に変える、28日間プログラム』(監修:山田悟、幻冬舎)も、このほど出版。

さらには、ファットアダプト食事法をひとりでも多くの方が実践できるようにと「FAT ADAPT」を開発中。このサービスはDMM.comの健康的なレシピ提案アプリMENUS by DMM.com(メニューズ)」が、加藤シェフの献立指導をAI化する技術協力を行っており、7月末から本格始動とのこと。これによって、誰もが簡単に「ファットアダプト食事法」を理解でき、実践できるように。

メニュー提案を行う加藤シェフはこう話してくれました。

「たとえば、魚をおろすところから始める料理ではなく、 スーパーで手に入る食材、缶詰なども使いながらできるメニューも組み込んでいきたいと思ってメニュー開発をおこないました。

忙しい30代、40代の女性にとって重要だと思うのは、良質な脂質を摂取することだと思っていて、僕はよく“脳のクレンジングオイル”と表現するんです。たとえば、細胞膜は脂質でできていますが、それがやせ細ると、シワやたるみの原因にもなってしまうんです。

だから、野菜サラダにオリーブオイルをかけて食べるといったこともおすすめですね」(加藤シェフ)

長友佑都選手

最後に、長友さんからはこんな力強いエールが──。

「女性のみなさんには、日々健康で生き生きとして、きれいでいてもらいたい! と思っています。身体や肌の悩みを持つ方にも、僕自身が感じた効果を実感していただければ。

加藤シェフの料理は、ただ栄養があるだけでなくおいしいので、どんどん実践してキラキラと輝いていただきたいです」(長友さん)

長友佑都選手

長友佑都(ながとも ゆうと)さん
プロサッカー選手。明治大学在学中の2006年にU-22日本代表に初選出されて注目される。2011年から7年間、イタリアの名門チーム、インテルで活躍。現在はトルコリーグ・ガラタサライSKに所属し、リーグ2連覇、トルコ・カップ戦優勝の2冠を達成。日本代表としては3度、ワールド・カップに出場している。

アスリートの健康法とは?

羽生結弦さんが実践している「オンとオフの切り替え術」

日本を代表するトップアスリートで、五輪連覇記録を持つ男子フィギュアスケート選手の羽生結弦さんが語る、上手なオンとオフの切り替え方は?

https://www.mylohas.net/2019/06/193390yuzuruhanyu.html

【丸山桂里奈のメンタル】「自分自身を信じること。それがすべてを可能にする」

日本サッカーで初めてワールドカップ優勝を経験した、当時のメンバー、丸山桂里奈さん。現在は、おとぼけキャラとしてお茶の間の人気者です。そんな丸山さんを...

https://www.mylohas.net/2019/05/191400sp_mental_maruyamakarina.html

撮影/中山実華、取材・文/加藤智子、構成/寺田佳織(マイロハス編集部)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?