1. Home
  2. EAT
  3. 貧血予防、便秘解消、美肌。3つの目的別スムージーにおすすめの食材

貧血予防、便秘解消、美肌。3つの目的別スムージーにおすすめの食材

1,912

横山智世

スムージーを作る女性

手軽に野菜や果物を摂取できる、スムージー。もはや定番となりつつある、朝食メニューのひとつです。

今回は、貧血予防・便秘解消・美肌の3つの目的別、スムージーに入れたい食材を紹介します。

スムージーで不足しがちな栄養素を摂取

スムージー

毎日、野菜をたくさん食べたくても、それって意外と大変。でもスムージーなら、苦手な野菜や果物も摂取しやすくなります。野菜不足になりがちな食生活をサポートしてくれるスムージーですが、魅力はそれだけではありません。

加熱に弱い栄養素も、グリーンスムージーではしっかりと摂取できるところもうれしいポイントです。現代人はビタミン、ミネラル、食物繊維等などが不足しがちだと言われていますが、スムージーではそれらの栄養素がたっぷりと含まれているため、普段の食生活に上手に取り入れて補いましょう。(「DietPlus」より引用)

では体調に合わせて、もっと効果的に摂取するにはどうしたらいいのでしょうか?

貧血予防におすすめの食材は?

ほうれん草

多くの女性が悩む「貧血」を予防してくれる食材も、スムージーにすることで手軽に取り入れることが可能に。おすすめの食材は、「ほうれん草」と「小松菜」です。

血液の元となる鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップしますが、ほうれん草も小松菜も、鉄分とビタミンCの両方が含まれています。

さらに、小松菜にはカルシウムも豊富に含まれているため、ストレス緩和や骨粗しょう症予防にもおすすめです。(「DietPlus」より引用)

そのままはちょっと苦手という人でも、フルーツなど飲みやすい食材と一緒にトライしてみて。

便秘解消には、食物繊維+菌を

ヨーグルトとキウイ

便秘に悩んでいる人には、スムージーはおすすめの飲み物だそう。なぜかと言うと、野菜や果物にはたっぷりの食物繊維が含まれているから。

また、乳酸菌を含む「ヨーグルト」を加えると腸内環境の改善が見込め、便秘解消につながりますよ。(「DietPlus」より引用)

ほうれん草やキウイフルーツなど選べる食材が多いと、毎日異なる組み合わせを楽しめそうです。ヨーグルトで味がまろやかになるのもいいですね。

美肌を狙うなら、ビタミンC!

柑橘類

スムージーで美肌を目指すなら、言わずと知れたビタミンCを摂取することがおすすめだそう。

ビタミンCが多く含まれている食材には、「ベリー類」や「柑橘類」があります。どちらも他の食材と合わせやすいですよね。(「DietPlus」より引用)

しかし、柑橘類には、強い紫外線により皮膚細胞を傷つけてしまう成分に変化する光毒性があります。この光毒性がシミの一因になり得るので、朝食に取るのは控えるのがよさそう。

食べ過ぎた翌日や、不足しがちな栄養素を補いたいときなど、毎日の食生活に上手にスムージーを取り入れてみましょう。

ただし、体を冷やしてしまうこともあるので、体を温めるメニューと一緒に摂ることをおすすめします。

スムージー生活をはじめよう

乱れがちな食生活をリセット! 全然苦くない、デトックスグリーンスムージー

やっと寒さが終わり、暖かくなってきましたね。そうすると飲みたくなるのがジュースやスムージー。そこで今回は、6種類もの野菜と果物がたっぷり詰まったグリ...

https://www.mylohas.net/2019/05/189781greensmoothie.html

美腸のための新習慣! 野菜の栄養が丸ごと摂れる高性能ブレンダー

人気のカフェ「Sign」や、「星野リゾート」などでも使用されている、ダネッツの高性能ブレンダーをお試し。その実力やいかに……。

https://www.mylohas.net/2019/05/191511dunnetts.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?