1. Home
  2. BODY
  3. 姿勢を改善する簡単筋トレ10。立ち姿がきれいな人は腹筋を鍛えてる

姿勢を改善する簡単筋トレ10。立ち姿がきれいな人は腹筋を鍛えてる

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

86,002

Seina Ozawa(翻訳)


腹筋

image via shutterstock

下腹部を鍛えると、歩く・走ると言った日常動作がしやすくなります。また、腰の痛みや姿勢の気になる方には、特に効果が期待できます。

前回は、認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさんが考案した10の下半身エクササイズを紹介しました。今回も引き続き、コアのすべての筋肉を鍛えつつ、下腹部をしっかり使うエクササイズを見ていきましょう。

  • 時間:40~60分
  • レップ数:8~12レップを3セット
  • 準備するもの:グライダーもしくは小さなハンドタオルを1ペア、ヨガマット
  1. ロッキングプランク
  2. マウンテンクライマー&ダウンドッグスプリット
  3. ダウンドッグ&ニータップ
  4. プランクパイク
  5. グライダーを使ったマウンテンクライマー
  6. グライダーを使ったフロッガー
  7. プランクトータップ
  8. ハイニー
  9. ハーフバーピー
  10. タックジャンプ

1. ロッキングプランク

力がついてきたら、同じ動きをハイプランクでやってみましょう。

やり方:

  1. 肘つきプランク(ロープランク)のポーズをとります。肘を肩の真下におき、手の指先は前に向けましょう。頭のてっぺんから足先まで、まっすぐ一本のラインになるように伸ばします。
  2. コアを引き締めながら、大臀筋・大腿四頭筋・腕を使っていきます。体を10センチ程度前に動かし、肩が肘より前に出るようにします。
  3. 次に体を10センチ程度後ろへ動かして戻します。体がまっすぐ伸びた状態をキープするようにしてください。

2. マウンテンクライマー&ダウンドッグスプリット

やり方:

  1. ハイプランクのポーズから始めて、手首の真上に肩がくるようにします。下腹部の腹筋を使いながら、右膝を右肘に近づけます。左足はしっかりとマットにつけておきましょう。
  2. 右脚を後ろに持ち上げ、右足を天井に向かって伸ばします。
  3. 反対側も同様に繰り返します。これで1レップです。

3. ダウンドッグ&ニータップ

やり方:

  1. ハイプランクのポーズから始めて、手首の真上に肩がくるようにします。
  2. お尻を押し上げてダウンドッグのポーズをとりながら、左手をマットから離して、右膝を軽くタップします。
  3. 左手をマットに戻したら、反対側も同様に繰り返します。これで1レップです。

4. プランクパイク

やり方:

  1. ハイプランクのポーズから始めて、手首の真上に肩がくるようにします。
  2. グライダーもしくはハンドタオルを1ペア用意し、その上につま先を乗せます。コアを使いながら、足を手の方へスライドさせます。できるだけ脚を伸ばしたまま行いましょう。
  3. お尻が天井に向かって引き上げられます。少しキープしたら、足を元の位置へスライドさせ、プランクに戻ります。これで1レップです。

5. グライダーを使ったマウンテンクライマー

やり方:

  1. ハイプランクのポーズをとり、グライダーもしくはハンドタオル1ペアの上につま先を乗せます。
  2. コアを引き締めたら、左足をスライドさせ、左膝を左肘の方へ引き寄せます。再びスライドさせてハイプランクに戻ります。
  3. 反対側も同様に繰り返しますが、できるだけ速く動いて心拍数を上げていきましょう。エクササイズ全体を通して、手首の真上に肩がくるようにキープしてください。

6. グライダーを使ったフロッガー

やり方:

  1. ハイプランクのポーズをとり、グライダーもしくはハンドタオル1ペアの上につま先をしっかり乗せます。
  2. コアを使いながら、手の外側に向かって両足をスライドさせます。
  3. 再びスライドさせてプランクに戻ります。繰り返しながら、速く動いて心拍数を上げていきましょう。常に手首の真上に肩がくるようにキープしてください。

7. プランクトータップ

カロリー消費量を上げるには、プランクジャックを行ってください。両足を横にすばやくスライドさせ、足を開いたり閉じたりします。

やり方:

  1. ハイプランクのポーズをとり、グライダーもしくはハンドタオル1ペアの上につま先をしっかり乗せます。
  2. コアと大臀筋を意識しながら、右足を右へスライドさせ、真ん中へ戻します。
  3. 左側も同様に繰り返します。これで1レップです。

8. ハイニー

やり方:

  1. 足を腰幅に開いてヨガマットの上に立ちます。手はこぶしを握って、脇に下ろします。
  2. 下腹部の腹筋を使いながら、右手と一緒に左膝をすばやく上に持ち上げます。
  3. 左脚を床に下ろしたら、左手と右膝も同じように繰り返します。すばやく、足の親指の付け根(母指球)を使って動きましょう。

9. ハーフバーピー

やり方:

  1. 足を腰幅に開いて立ち、つま先を少し外側に開きます。手は頭の上で伸ばしてください。胸を開いたまま、深くスクワットします。
  2. 肩の下の床に両手をつき、両足を後ろに蹴って、ハイプランクの姿勢をとります。
  3. 足をジャンプさせて戻し、立ち上がって頭の上に手を伸ばします。これで1レップです。

10. タックジャンプ

やり方:

  1. 足を腰幅に開いて立ち、手を頭の上で伸ばします。
  2. コアと大臀筋を意識しながら、真上にジャンプし、両膝を持ち上げ手でタッチします。
  3. 床に柔らかく着地したら、繰り返します。すばやく動いて心拍数を上げていきましょう。

気になるところを引き締めたい

トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

「お腹まわりの贅肉を落とすトレーニング」は存在するの? 部分やせは叶うもの? トレーニングにまつわる疑問を解消する、脂肪と筋肉の話をご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/06/192912belly_training.html

鍛えたい部分をピンポイントで。自宅で10分、脂肪が燃えるトレーニング

筋トレと有酸素運動を交互に行い、脂肪燃焼をUP! サーキットトレーニングの完璧なメニューを決める方法を考えましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/192366pvn_training2.html

Tiffany Ayuda/20 Best Lower-Ab Exercises for a Rock-Solid Core/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由