1. Home
  2. EAT
  3. 老けない身体をつくる8つの食材。チョコはミルクよりダークで!

老けない身体をつくる8つの食材。チョコはミルクよりダークで!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,557

Maya A. Kishida(翻訳)

チョコ

image via shutterstock

健康で長生きするためにも、毎日の食事に加えていきたい食べ物は?

病気を予防し、栄養をたっぷり摂取するのに最適な食べ物を過去2回に渡ってご紹介してきました。(豆類、サツマイモ、オリーブオイルなど7つは、こちら。コーヒー、茶、ニンニクなど7つは、こちら

今回も、病気にかからず健康的に生きるために積極的に摂りたい食材をご紹介します。

  1. アボカド
  2. ベリー類
  3. プラムやプルーン
  4. カカオ
  5. ココナッツオイル
  6. ターメリック(うこん)
  7. オートミール
  8. マッシュルーム

1. アボカド

アボカド

クリーミーな緑のアボカドは、繊維質やヘルシーな脂肪はもちろん、ビタミンC、ビタミンK、B、E、Aなどのビタミンやミネラルが豊富

またバナナよりもカリウムの量が高いのです。「カリウムには、食事に含まれる塩分によるマイナス効果を調整して、血圧を下げる役割があります。カリウムを多く摂取すれば、尿から多くのナトリウムを体外に排出できるのです」(シティ・キッズ・ニュートリション設立者で認定栄養士のデボラ・マルコフ=コーエンさん)

アボカド好きに朗報! しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

アボカド好きに朗報! 皮を剥かずに、より果肉の詰まったアボカドを見分けるコツをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/04/188071avocado.html

2. ベリー類

ベリー

ラズベリー、イチゴ、ブラックベリー、ブルーベリーは、体内の炎症を抑える抗酸化物質のポリフェノールが豊富

ディクソンさんのおすすめは、週にベリー類を3〜5回ほど食べるようにすること。「冷凍のベリーでもいいですよ」

3. プラムやプルーン

プルーン

プラムやプルーンなど色の濃いフルーツは、フリーラジカルのダメージと闘うパワフルな抗酸化物質が豊富

「環境内のフリーラジカルは、細胞の外観や機能を変化させてダメージを与え、がんの一因になることも」と話すのは、イートライトフィットネスのオーナーでパーソナルトレーナーのロジャー・E・アダムス博士です。

「抗酸化物質には防御効果があり、身体の細胞の劣化や老化による悪影響を防ぐとされています」。刻んだプラムやプルーンをサラダに入れたり、自然の甘さを生かしてスムージーに加えても。

4. カカオ

カカオ

チョコレートが好きな人、喜んで!

カカオ70%以上のダークチョコレートは、ミルクチョコレートよりも糖質の量が低いんです。またダークチョコレートは、免疫機能の健康をサポートするマグネシウムや鉄分も豊富に含んでいます。

5. ココナッツオイル

ココナツ

ココナッツオイルは適量であれば(1日におよそ大さじ1〜2杯)心臓にもよいとされています。

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪は動物由来のものとは異なり、健康面でメリットもあることがわかっています。

またビタミンEも豊富なので、天然のモイスチャライザーとしても利用できます。

6. ターメリック(うこん)

ウコン

金色のスパイス、ターメリック(うこん)には、心疾患やアルツハイマー、がんの予防のほか、抑うつや関節炎の軽減など、多くの健康メリットがあるのではないかといわれています。

ターメリックの有効成分クルクミンに抗炎症の作用があると考えられているのです。卵料理やライス、スープ、スムージーなど、いろいろなものにターメリックを加えて、栄養を少々プラスしてみては?

7. オートミール

オートミール

全粒穀物でいちばん健康的とされるのが、血糖値やコレステロールを下げるといわれるオーツ麦

「血糖の急上昇を長期にわたって予防できれば、心臓にもかなりよい」と認定管理栄養士のフランシス・ラージマン=ロスさん。

「健康を考えて毎日1杯のオートミールを食べるのもすばらしい方法ですが、マフィンやパンケーキにオーツ麦を加えるのもおすすめです」

8. マッシュルーム

マッシュルーム

栄養価が高いマッシュルーム。特にビタミンDは骨の健康維持に欠かせません。またマッシュルームを食べると頭も冴えるかも。

マッシュルームは生で食べるにせよ、調理するにせよ、アンチエイジングによいとされる栄養素をたっぷり摂取できます。

栄養豊富な食材で元気に

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を...

https://www.mylohas.net/2019/06/192432diet_egg.html

栄養素は90種類以上! 奇跡の食材「モリンガ」って知ってる?

スーパーフードはよくある食材よりも栄養価が高く、それだけでいろんな栄養素を摂れることから、セレブを中心に脚光を浴びています。その中でも、超がつくほど...

https://www.mylohas.net/2019/03/186028moringa.html

Jenn Sinrich/22 Best Foods for a Long, Healthy Life, According to Dietitians/Maya A. Kishida(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの