1. Home
  2. EAT
  3. 老けない身体をつくる8つの食材。チョコはミルクよりダークで!

老けない身体をつくる8つの食材。チョコはミルクよりダークで!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,001

Maya A. Kishida(翻訳)

チョコ

image via shutterstock

健康で長生きするためにも、毎日の食事に加えていきたい食べ物は?

病気を予防し、栄養をたっぷり摂取するのに最適な食べ物を過去2回に渡ってご紹介してきました。(豆類、サツマイモ、オリーブオイルなど7つは、こちら。コーヒー、茶、ニンニクなど7つは、こちら

今回も、病気にかからず健康的に生きるために積極的に摂りたい食材をご紹介します。

  1. アボカド
  2. ベリー類
  3. プラムやプルーン
  4. カカオ
  5. ココナッツオイル
  6. ターメリック(うこん)
  7. オートミール
  8. マッシュルーム

1. アボカド

アボカド

クリーミーな緑のアボカドは、繊維質やヘルシーな脂肪はもちろん、ビタミンC、ビタミンK、B、E、Aなどのビタミンやミネラルが豊富

またバナナよりもカリウムの量が高いのです。「カリウムには、食事に含まれる塩分によるマイナス効果を調整して、血圧を下げる役割があります。カリウムを多く摂取すれば、尿から多くのナトリウムを体外に排出できるのです」(シティ・キッズ・ニュートリション設立者で認定栄養士のデボラ・マルコフ=コーエンさん)

アボカド好きに朗報! しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

アボカド好きに朗報! 皮を剥かずに、より果肉の詰まったアボカドを見分けるコツをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/04/188071avocado.html

2. ベリー類

ベリー

ラズベリー、イチゴ、ブラックベリー、ブルーベリーは、体内の炎症を抑える抗酸化物質のポリフェノールが豊富

ディクソンさんのおすすめは、週にベリー類を3〜5回ほど食べるようにすること。「冷凍のベリーでもいいですよ」

3. プラムやプルーン

プルーン

プラムやプルーンなど色の濃いフルーツは、フリーラジカルのダメージと闘うパワフルな抗酸化物質が豊富

「環境内のフリーラジカルは、細胞の外観や機能を変化させてダメージを与え、がんの一因になることも」と話すのは、イートライトフィットネスのオーナーでパーソナルトレーナーのロジャー・E・アダムス博士です。

「抗酸化物質には防御効果があり、身体の細胞の劣化や老化による悪影響を防ぐとされています」。刻んだプラムやプルーンをサラダに入れたり、自然の甘さを生かしてスムージーに加えても。

4. カカオ

カカオ

チョコレートが好きな人、喜んで!

カカオ70%以上のダークチョコレートは、ミルクチョコレートよりも糖質の量が低いんです。またダークチョコレートは、免疫機能の健康をサポートするマグネシウムや鉄分も豊富に含んでいます。

5. ココナッツオイル

ココナツ

ココナッツオイルは適量であれば(1日におよそ大さじ1〜2杯)心臓にもよいとされています。

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪は動物由来のものとは異なり、健康面でメリットもあることがわかっています。

またビタミンEも豊富なので、天然のモイスチャライザーとしても利用できます。

6. ターメリック(うこん)

ウコン

金色のスパイス、ターメリック(うこん)には、心疾患やアルツハイマー、がんの予防のほか、抑うつや関節炎の軽減など、多くの健康メリットがあるのではないかといわれています。

ターメリックの有効成分クルクミンに抗炎症の作用があると考えられているのです。卵料理やライス、スープ、スムージーなど、いろいろなものにターメリックを加えて、栄養を少々プラスしてみては?

7. オートミール

オートミール

全粒穀物でいちばん健康的とされるのが、血糖値やコレステロールを下げるといわれるオーツ麦

「血糖の急上昇を長期にわたって予防できれば、心臓にもかなりよい」と認定管理栄養士のフランシス・ラージマン=ロスさん。

「健康を考えて毎日1杯のオートミールを食べるのもすばらしい方法ですが、マフィンやパンケーキにオーツ麦を加えるのもおすすめです」

8. マッシュルーム

マッシュルーム

栄養価が高いマッシュルーム。特にビタミンDは骨の健康維持に欠かせません。またマッシュルームを食べると頭も冴えるかも。

マッシュルームは生で食べるにせよ、調理するにせよ、アンチエイジングによいとされる栄養素をたっぷり摂取できます。

栄養豊富な食材で元気に

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を...

https://www.mylohas.net/2019/06/192432diet_egg.html

栄養素は90種類以上! 奇跡の食材「モリンガ」って知ってる?

スーパーフードはよくある食材よりも栄養価が高く、それだけでいろんな栄養素を摂れることから、セレブを中心に脚光を浴びています。その中でも、超がつくほど...

https://www.mylohas.net/2019/03/186028moringa.html

Jenn Sinrich/22 Best Foods for a Long, Healthy Life, According to Dietitians/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた