1. Home
  2. BODY
  3. 股の汗ばみを減らす方法5つ。アンダーヘアは剃ったほうがいいの?

股の汗ばみを減らす方法5つ。アンダーヘアは剃ったほうがいいの?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,031

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

デリケートゾーン

image via shutterstock

蒸し暑くなると、膣(ちつ)の汗と臭いが気になります。

この膣のあたりの汗はどうすればよいのでしょう? 皮膚科医が、股の汗と臭いの対処法を教えます。

膣まわりの汗と臭いの原因は、こちらの記事で。

  1. 湿気を逃す下着を選ぶ
  2. アンダーヘアのお手入れをする
  3. 肌にやさしい洗浄剤を使用する
  4. パウダーを少しはたく
  5. 専門家に相談する

1. 湿気を逃す下着を選ぶ

下着

image via shutterstock

おりもの専用シートはなるべく使わないで。それらのシートは熱をこもらせ、ますます汗をかかせるからです。

もしおりものが多い場合や、シートを使用するほうが快適に感じるのであれば、コットン100%のものを選ぶようにするとよいでしょう。コットン製は化学繊維よりも湿度を逃しやすく、通気性があります。

マサチューセッツ州の専門委員会の認定を受けた皮膚科医であるジョイス・イマヒヤロボ・イップさんは、着心地のよいコットン製の通気性に優れた下着を選ぶことをすすめます。

「吸湿性のある生地を使用した下着も、運動の際にはベストです」(イマヒヤロボ・イップさん)

運動後には、直ちにその汗をかいた服を脱いで、毛包炎やカンジダ感染症のリスクを防ぎます

2. アンダーヘアのお手入れをする

アンダーヘア

image via shutterstock

「気温が暖かい時期には特に、アンダーヘアのお手入れをすることで、膣のあたりの汗を抑えることができます」と説明するのは、DermWarehouseの創始者であるアラン・パークスさん。

これはあくまでも個人の好みですが、試してみる価値はあり。陰毛は、汗腺の状態を悪化させ、汗の蒸発をさえぎるため、不快な臭いがこもります。陰毛を短くすることで、通気性が増し、臭いのこもりを防ぎます。

3. 肌にやさしい洗浄剤を使用する

ボディーソープ

image via shutterstock

肌に合った製品の使用で、見違えるようになります。パークスさんは、「膣のあたりの皮膚はとても敏感なので、生理用品などが直接膣の内部に入ってしまわないほうがいい」と言います。膣のpHバランスを乱し、感染リスクを高めるのです。

股の汗による臭いがあったとしても、膣のあたりを洗うのに洗浄力の高い石鹸は必要なく、「肌にやさしい洗浄剤を選ぶこと」と、イマヒヤロボ・イップさんは勧めます。 外陰部を清潔にすると臭いはなくなります

4. パウダーを少しはたく

パウダー

image via shutterstock

股のあたりによく汗をかく人にとって、コーンスターチが主成分のデオドラントパウダーは、救世主となります。

この場合もやはり、膣の内部に入らないよう注意するようにとパークスさんは言います。パウダーは、外陰部に軽くはたく程度におさえます。タルクが主成分のベビー用パウダーは、卵巣がんのリスクを高めるなど、女性の健康上悪い影響を与えることが明らかにされています。

5. 専門家に相談する

医者

image via shutterstock

発汗がひどい場合や、多汗症の疑いがある場合には、皮膚科医に診てもらうとよいかもしれません。皮膚科医から、発汗を抑える作用のある抗コリン剤を処方してもらえます」と解説するのはパークさん。

ボトックス注射を問題のある部分に打つことで、最長6か月間、完全に発汗を抑えることが可能です」(アメリカ皮膚科学会上級会員で、ニューヨークで最先端の皮膚科学の認定皮膚科医として活躍するスーザン・フレッドラーさん)。これは実際、わきの汗じみで悩む人に対して行われる一般的な治療法です。

結論:下の部分に汗をかくことは普通のことです。パークさんは「膣のあたりに汗をかくのは、なにも心配するようなことではありません」と言います。

もし本当に心配であれば、ここでのアドバイスを試してみるか、皮膚科医に相談してみることで、その汗の悩みから解放されるでしょう。

※本記事は、2019年6月6日に、産科学および婦人科学の准教授で、予防医学審査委員会のメンバーであるキャロライン・スウェンソン医師によって、医学的知見から監修されています。

聞きにくい症状、なんとかしたい

アンダーヘアの処理、おすすめは? 専門医に聞く、デリケートゾーンのモヤモヤ

デリケートゾーンについての気になるモヤモヤを、美容婦人科のスペシャリスト、みつゆき みどり先生にぶつけてみました!アンダーヘアの処理や気になる黒ずみ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186644sp_sex_sensitivezone04.html

体臭の原因って? 医師が教える、正しいニオイ対策

口臭や足のニオイ、汗臭さ、ワキガ、加齢臭など、“ニオイ”の原因は様々。ニオイのスペシャリスト上田先生の著書『オトナ女子のためのスメらない手帖』から、...

https://www.mylohas.net/2019/02/185191smellcare.html

Kelsey Butler/Why You Get So Sweaty Around Your Vagina—and How to Deal With It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?