1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 目の下のクマに悩んでいる人に朗報! どんなクマにも対応するコスメとは

目の下のクマに悩んでいる人に朗報! どんなクマにも対応するコスメとは

3,230

知恵子

0shutterstock_259227584

image via shutterstock

パソコンやスマホの利用が日常化しているなか、目もとの肌悩みを持つ女性が増えてきました。なかには、効果を実感できるようなアイテムにまだ出会えていないという人も。そんな時は最先端美容に頼るというテがあります。

目もとの悩み、その原因とは?

資生堂が30代の働く女性を対象に、「どのような変化で肌の疲れを感じるか」を調査(※)したところ、第一位は「目の下」という結果に。確かに、目の下にクマができるとショックです。

その主な原因は、目のまわりの血行不良。血流の滞りは皮膚に色の変化としてあらわれますが、目のまわりは皮膚が薄いため色が出やすくなるのです。

老け顔のきっかけになりやすいので、すぐになんとかしたいもの。ではどのようにケアすればよいのでしょうか?

目の下のクマに対応したコスメ

目のクマ対策として必要なのは血流改善です。血流速度と血流量をアップすれば、クマの目立ちを抑え、弾力もアップするのです。

そのためのアイテムとして便利なのが、2019年7月1日に発売される「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」。

アイケア用品

「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」21,600円(税込)
ナビジョンDRアイセラム 15g ,ナビジョンDRアイフィラー 2枚×8包入

美容皮膚研究とともに育まれた、美容クリニックなど医療機関限定取り扱いブランドであるナビジョン。プロフェッショナルな技術で美しくなりたい気持ちに向き合う、頼れるナビゲーターです。

そのナビジョンが目の下のクマに悩む女性たちのために開発した「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」は、1か月間の集中目もとケアシステム

乾燥によるくすみにアプローチする目もと用美容液「ナビジョンDRアイセラム」と、針のヒアルロン酸が1枚につき1,800本もついているシート状美容液「ナビジョンDRアイフィラー」がセットになっています。

明るく、うるおって、ハリのある目もとに

スキンケアする女性

image via shutterstock

「ナビジョンDRアイセラム」は、乾燥によるくすみにアプローチ。塗布した瞬間から、みずみずしいうるおいが肌に満ち、ピンとしたはりのある明るい目もとへ導きます。

乾燥による小じわも目立たなくなるとか。主にしわやたるみが原因とされる黒クマに対応しています。

使い方は、朝晩のお手入れ時に化粧水のあと、指先に小さなパール粒1個分をとり、目のまわりにていねいになじませたらOKです。

「ナビジョンDRアイフィラー」は、ヒアルロン酸のうるおいをひと晩中、じっくりと角層の深くまで届けます。

だから、ふっくらとうるおう、はりのある目もとへ。主に血行不良が原因とされる青クマ、そして黒クマに対応しています。

週2回を目安に、夜、化粧水とアイセラムをなじませた後に使います。シートを貼ったまま眠れるから、とってもラク。

すべてのクマに対応している「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」。この長きに渡る美容皮膚研究から生まれたスキンケアブランドの技術を使えば、目もとの悩みも解消し、表情もいきいきと生まれ変わるはずです。

※ 30〜39歳女性に「肌にどのような変化があったときに自分が疲れていると感じるか」を調査(複数回答)。2017年7月実施。

[ナビジョン]

「老け顔」対策は大切です

皮膚科医に聞く「老け顔」対策。頬がこけるのを防ぐ方法は?

年齢とともにこけてくる頬。「老け顔」の進行をくい止める方法について、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/06/192894beauty_qa5.html

眠っている間に、顔のシワを増やさないためには?

自然な老化現象とはいえあまり作りたくないのがシワ。嫌なシワを減らしたいなら取り入れていきたいことをチェックして実践していきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/192527pvn_wrinkles2.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析