1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 目の下のクマに悩んでいる人に朗報! どんなクマにも対応するコスメとは

目の下のクマに悩んでいる人に朗報! どんなクマにも対応するコスメとは

3,271

知恵子

0shutterstock_259227584

image via shutterstock

パソコンやスマホの利用が日常化しているなか、目もとの肌悩みを持つ女性が増えてきました。なかには、効果を実感できるようなアイテムにまだ出会えていないという人も。そんな時は最先端美容に頼るというテがあります。

目もとの悩み、その原因とは?

資生堂が30代の働く女性を対象に、「どのような変化で肌の疲れを感じるか」を調査(※)したところ、第一位は「目の下」という結果に。確かに、目の下にクマができるとショックです。

その主な原因は、目のまわりの血行不良。血流の滞りは皮膚に色の変化としてあらわれますが、目のまわりは皮膚が薄いため色が出やすくなるのです。

老け顔のきっかけになりやすいので、すぐになんとかしたいもの。ではどのようにケアすればよいのでしょうか?

目の下のクマに対応したコスメ

目のクマ対策として必要なのは血流改善です。血流速度と血流量をアップすれば、クマの目立ちを抑え、弾力もアップするのです。

そのためのアイテムとして便利なのが、2019年7月1日に発売される「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」。

アイケア用品

「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」21,600円(税込)
ナビジョンDRアイセラム 15g ,ナビジョンDRアイフィラー 2枚×8包入

美容皮膚研究とともに育まれた、美容クリニックなど医療機関限定取り扱いブランドであるナビジョン。プロフェッショナルな技術で美しくなりたい気持ちに向き合う、頼れるナビゲーターです。

そのナビジョンが目の下のクマに悩む女性たちのために開発した「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」は、1か月間の集中目もとケアシステム

乾燥によるくすみにアプローチする目もと用美容液「ナビジョンDRアイセラム」と、針のヒアルロン酸が1枚につき1,800本もついているシート状美容液「ナビジョンDRアイフィラー」がセットになっています。

明るく、うるおって、ハリのある目もとに

スキンケアする女性

image via shutterstock

「ナビジョンDRアイセラム」は、乾燥によるくすみにアプローチ。塗布した瞬間から、みずみずしいうるおいが肌に満ち、ピンとしたはりのある明るい目もとへ導きます。

乾燥による小じわも目立たなくなるとか。主にしわやたるみが原因とされる黒クマに対応しています。

使い方は、朝晩のお手入れ時に化粧水のあと、指先に小さなパール粒1個分をとり、目のまわりにていねいになじませたらOKです。

「ナビジョンDRアイフィラー」は、ヒアルロン酸のうるおいをひと晩中、じっくりと角層の深くまで届けます。

だから、ふっくらとうるおう、はりのある目もとへ。主に血行不良が原因とされる青クマ、そして黒クマに対応しています。

週2回を目安に、夜、化粧水とアイセラムをなじませた後に使います。シートを貼ったまま眠れるから、とってもラク。

すべてのクマに対応している「ナビジョンDR フォーカスアイプログラム」。この長きに渡る美容皮膚研究から生まれたスキンケアブランドの技術を使えば、目もとの悩みも解消し、表情もいきいきと生まれ変わるはずです。

※ 30〜39歳女性に「肌にどのような変化があったときに自分が疲れていると感じるか」を調査(複数回答)。2017年7月実施。

[ナビジョン]

「老け顔」対策は大切です

皮膚科医に聞く「老け顔」対策。頬がこけるのを防ぐ方法は?

年齢とともにこけてくる頬。「老け顔」の進行をくい止める方法について、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/06/192894beauty_qa5.html

眠っている間に、顔のシワを増やさないためには?

自然な老化現象とはいえあまり作りたくないのがシワ。嫌なシワを減らしたいなら取り入れていきたいことをチェックして実践していきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/192527pvn_wrinkles2.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?