1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 旅先のスキンケア。乾燥しやすい移動中の機内や車内で、どう保湿する?

旅先のスキンケア。乾燥しやすい移動中の機内や車内で、どう保湿する?

2,729

知恵子

DAMDAM

旅用コスメはかさばらないようにしたい。でも省き過ぎると後悔することも。それなら自分で揃えず、セットコスメを選ぶのが楽ちんです。たとえば自然派スキンケアのDAMDAMなら、たった5アイテムでOKです。

DAMDAMのエスケープセットとは……

有害物質や毒素が含まれていない、アジア原産の素材を使ったスキンケア「DAMDAM」。シンガポール版「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」元編集長として活躍していたジゼル・ゴーと、そのパートナーでPRコンサルタントのフィリップ・テリアンによってつくられたナチュラルスキンコスメです。

今回注目したいのは、トラベルキットの「ファイブ エスケープセット」です。

DAMDAM

【DAMDAM】ファイブ エスケープセット 10,584円(税込)
写真左上から時計回りに:ノーマッズクリーム ピュリファイングクレンザー 35g 、スキンマッド パワーマスク 35g 、パラディシミスト ハイドレーティングエッセンス 30ml 、マジックドロップス バランシングオイルセラム 20ml 、リトルワンダー リップアンドスキンバーム 8g、クリアポーチ付き

旅先のシーン別スキンケア

宿泊先でのスキンケア〜3ステップで肌にうるおいチャージ

DAMDAM

旅先では花粉やホコリ、黄砂が肌に付着することも。「ノーマッズクリーム ピュリファイングクレンザー」でそれらの不純物やメイク、古い角質を、疲れと一緒にさっぱりと落とします。

そして、うるおいが肌にしっとりとなじむ「パラディシミスト ハイドレーティングエッセンス」をシュッとスプレー。バラの花油やグレープフルーツの果皮油が、くすんだ肌や敏感肌に潤いとハリを与えてくれます。

仕上げに「マジックドロップス バランシングオイルセラム」を手に2、3滴とって、肌をマッサージ。基本はこの3ステップで完了です。

スペシャルスキンケア 〜夜はフランキンセンスの香りのパワーマスク

DAMDAM

いつもと違う環境で肌や心のストレスを感じたら、基本スキンケアに「スキンマッド パワーマスク」をプラス。

使い方は簡単。寝る前に肌にのばして5分おき、乾いたら洗い流すだけ。毛穴の汚れがきれいに落ちて、肌にハリと潤いをチャージ。ビタミンC誘導体が紫外線ダメージをケアし、美白へと導きます。

ナチュラルなフランキンセンスの香りで一日の疲れや気持ちもすっきり。旅先で疲れた肌が滑らかに生まれ変わるはず。

移動中のスキンケア〜どんな場所でも、肌ストレスフリーに

DAMDAM

乾燥しやすい車内や機内では、「パラディシミスト ハイドレーティングエッセンス」を顔や髪にスプレー。乾燥を防ぎ、みずみずしい肌に見せてくれます。爽やかなシトラスの香りで、移動ストレスもリフレッシュ。

唇、ヒジには、しっとりとしたテクスチャーの「リトルワンダー リップアンドスキンバーム」を。ミツロウ、オリーブ果実、ラベンダーなどがうるおいを与えます。

首・デコルテの保湿には「マジックドロップス バランシングオイルセラム」。円を描くように優しくマッサージすると、エキゾチックな香りに包まれ、深くリラックスできます。

コンパクトなのに、しっかりと肌に栄養を与えてくれるデイリーエッセンシャル、DAMDAM。その全てが試せる「ファイブ エスケープセット」を使えば、旅先でもお悩み知らずで思いきり楽しめそうですね。

[DAMDAM]

旅先でもケアはしっかりと

洗濯にも洗顔にも使える! 万能オーガニックソープの10通りの使い方

旅先での荷物は最低限にしておきたいですよね。そこで、旅先でマルチに使えて大活躍する多機能アイテム「ドクターブロナー マジックソープ」を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/191790drbronner.html

「毛」を制する者は美しくなる。顔用グルーミングアイテム5選

女性にとって大敵な「ムダ毛」。それが顔まわりのことになると、第一印象をも左右しそうです。そこで、今回は便利なグルーミンググッズをご紹介します。眉毛、...

https://www.mylohas.net/2019/04/188724buy.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析