1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が教える、しなやかな筋肉のための食事法

管理栄養士が教える、しなやかな筋肉のための食事法

筋肉学

24,945

MYLOHAS編集部

シリアルバーを食べる女性

美容と健康、そして、ひきしまった身体のために、筋肉をしっかりつけたいという方が増えています。そのために必要なのは、適切なトレーニングと食事

前編では、オリンピックのチーフ管理栄養士もご担当され、著書「筋肉の栄養学 強いからだを作る食事術」を出版された管理栄養士の川端理香さんに、「筋肉を効率よくつけるには、タンパク質など、ひとつの栄養素だけしか意識しないのはやめましょう」というお話をうかがいました。

おおまかな栄養素をとりあげて説明して頂きましたが、実はそれ以外にもかかわりの深い栄養素があるといいます。後編では、それらを普段どのような食事をすることで摂ることができるのか、またトレーニング前後の補給など具体的に教えていただきました。

タンパク質は、どんな食品を選ぶかが重要

タンパク質

まず、筋肉をつくるタンパク質を含む食品は、何を選ぶかが大切です。タンパク質を多く含む食品は大きくわけて、

  1. 魚介類
  2. 乳製品
  3. 豆製品

に分けられます。1~4は動物性タンパク質、5のみ植物性タンパク質です。

タンパク質の質はこれまでアミノ酸スコアというもので評価されていました。これによれば、1~5はすべてアミノ酸スコア100という良質のタンパク質。ただこれは消化などを考慮していないため、PDCAAS(タンパク質消化吸収率補正アミノ酸スコア)やDIAAS(消化性必須アミノ酸スコア)という指標が用いられるようになりましたが、これによれば動物性タンパク質の方が若干数値は高いものの、1~5は同等とみなしても大丈夫です。

タンパク質を多く含む食品の上手な摂り方

1. 肉

肉

WHO(世界保健機構)が、加工肉や赤身肉と大腸がんのリスクを指摘して話題になりました。赤身肉とは、鶏肉以外の豚肉や牛肉、羊肉などをさします。ですからこれらの種類の肉類ばかりを食べないようにして、また食べる際には野菜の量を増やすようにしましょう。ハムやソーセージなどは、結着補助剤や塩漬で増量もしているものも多く、避けたほうがよいでしょう。好き嫌いが分かれるレバーは、実は鉄だけでなくあらゆるビタミンを含む優れもの。月に数回は食べるようにし、高強度のトレーニングを行うときには選びたい食材です。

2. 魚介類

魚介類

青魚やうなぎ、トロなど、魚の脂にはオメガ3であるEPAやDHAが豊富。脂がのったものほど、加熱せずに刺身で食べましょう。おすすめは魚の缶詰です。さば缶が人気ですが、鮭やいわしの缶詰でもこれらの脂はとれます。これらにはビタミンDも多いので、骨や筋肉を作るのを助けます。最近はプロテインなどのサプリメントにもビタミンDが含まれているように、身体づくりは必須なのです。しらすにも多く、魚介類以外では、卵やしいたけなどに多く含まれます。

3. 卵

卵

黄身より白身の方が高タンパク質低脂肪として筋肉づくりには効果的なイメージがありますが、実は黄身には鉄や葉酸など身体をつくる栄養素も豊富。葉酸は妊娠期に多く摂るようにすすめられることからも、細胞を作るためには欠かせない栄養素。卵以外では、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれます。タンパク質を摂りたいからと白身だけを食べるのは、実は効率の悪い食べ方なのです。

4. 乳製品

乳製品

日本人は牛乳を飲むと下痢をする乳糖不耐症の人が多いです。そのため日本人には牛乳は合わないのではないかといわれたりします。下痢をしないまでも、乳製品を摂るとおなかが張るなどする人は無理をする必要はないでしょう。ただ、牛乳は合わないけれと、チーズやヨーグルトは大丈夫という人も多いです。ヨーグルトは上に水がたまっていることがありますが、これはホエイといって筋肉を効率よくつくる栄養素。捨てないようにしましょう。

5. 大豆製品

豆製品

大豆のなかで、何といってもおすすめは納豆。大豆を発酵させている納豆は、腸内環境をよくするだけでなく、ビタミンKなども豊富です。大豆にはイソフラボンが含まれ女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするということで意識している方も多いと思いますが、本物の女性ホルモンよりは作用が非常に弱いため、一度にたくさん摂るよりは、毎日こまめにとることがおすすめです。豆腐は木綿豆腐の方が身体をつくる栄養素が多く絹豆腐は疲労回復に効果があります。避けたいものは、油揚げと調整豆乳です。油揚げは、豆腐を薄く切って揚げたもので、調製豆乳は植物油や糖が加えられています。

タンパク質はまとめて食べるよりも、回数を分けて摂りましょう。「朝ごはんは食欲や時間がなくて食べず、昼食はおにぎりやパン、その分、夕食はタンパク質をしっかり」ではなく、3食に必ずタンパク質の多い食品をとりいれるのです。

もちろん、鶏肉だけ、卵だけという〇〇だけという摂り方ではなく、さまざまな種類をとることで、タンパク質以外のビタミン等も不足せずにとれるようになります。タンパク質を摂るときには、前編でお話したビタミンB6や食物繊維などの栄養素も意識すること。

筋トレする・しないで、食事は変わってくる

shutterstock_1297768456

さらに、トレーニングを行う日とそうでない日の食事量を調整している人も多いと思いますが、気を付けたいのは、トレーニングをしない日も筋肉や骨などを維持するためにタンパク質は必要になるということ。トレーニングをしないからといって、糖質だらけの食事にならないようにしましょう。むしろ、とりすぎた糖質は体脂肪になるので注意してください。

トレーニングを行う場合は、終わってすぐに栄養補給をしましょう。これは量が少なくても大丈夫です。とりあえず終わってすぐに摂ることで、筋肉の破壊を修復にシフトさせるのです。手軽にとりいれやすい豆乳や牛乳、鮭おにぎり、ちくわ、チーズかまぼこなどはおすすめです。これらを軽く摂ったあとに食事をすることで効率よく体をつくることができます。

食べてトレーニングをすることで、筋肉は作られます。これらの知識を実践して、ぜひのぞむ身体を手に入れてください。

川端先生

川端理香(かわばた りか)さん
管理栄養士。昭和女子大学非常勤講師。2004年アテネオリンピック「VICTORY PROJECT」チーフ管理栄養士、08年北京オリンピック委員会強化スタッフ。JリーグやVリーグ、プロ野球、プロゴルフ、ラグビーなど多くのトップアスリートをサポート。著書多数。一般を対象にした講演などの食育活動や執筆、レシピ開発、企業の栄養アドバイザーも務める。

タンパク質についてもっと知りたい!

筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

強い骨や筋肉をつくるのに欠かせないタンパク質。なかでも9つの必須アミノ酸すべてを含んだ「完全タンパク質」を摂取するのに最適な、8つの植物性の食品を紹...

https://www.mylohas.net/2019/06/192206pvn_protein.html

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を...

https://www.mylohas.net/2019/06/192432diet_egg.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析