1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 羽生結弦さんが実践している「オンとオフの切り替え術」

羽生結弦さんが実践している「オンとオフの切り替え術」

9,592

MYLOHAS編集部

羽生結弦さん

日本を代表するトップアスリートで、五輪連覇記録を持つ男子フィギュアスケート選手の羽生結弦さん。先日、仙台で行われた「雪肌精」プレミアムトークショー「Yuzuru Hanyu meets SEKKISEI PREMIUM TALK SHOW」に出演しました。

今年3月から「雪肌精」のブランドアンバサダーをつとめる羽生さんはこの日、淡いブルーのスーツ姿で登場。雪のように透明感のある羽生さんの肌は、吸い込まれそうなほどの美しさ!

現在はアイスショーを終え、次なる試合に向けてトレーニング中とのことですが、アスリートにとっては、正しく休息をとることも最高のパフォーマンスに繋がる大事なステップ。果たして羽生さんはどうやって、オンとオフを上手に切り替えているのでしょうか?

香りの刺激が心のスイッチに

羽生結弦さん

これまでにも羽生さんはお気に入りのリラックス方法として、「好きな音楽をイヤホンで聞くこと」と「ゲームをすること」KOSE公式ブログに挙げています。とくに、元気の源である良質な睡眠をとるためにも、“イヤホンで音楽”は欠かせない様子。

そして今回は、リラックスに繋がる要素に「香り」もあると触れています。

「オフになりたい時には、何かしらのきっかけが必要。たとえば、香り。雪肌精の香りやアロマとかでもいい。嗅覚を使って脳を休ませたり、または高めたりしています

「雪肌精」の香りについては、さらにこんなコメントが。

ジャスミンやローズの配合が、他にはない独特のいい香りで気に入っています。男性にもアスリートにもおすすめしたい化粧水ですね」

失敗や成功の「記憶」が切り替えのカギ

羽生結弦さん

そして、オンとオフの切り替えに有効なのは、香りだけではないようです。

「僕自身には記憶が重要で。悔しい気持ちを思い出してスイッチをオンにします。逆によかった記憶を思い出して、少しずつ心を落ち着かせたりします。

少し専門的な話になりますが、記憶は嗅覚、視覚、聴覚などと連動させて記憶することで、より強く記憶されたり、スイッチが切り替わったりするといいます。だから僕は、(メンタルを整えたいときに)いろいろな記憶を辿っています」

厳しい競技人生を歩んできたアスリートだからこそ、悔しい経験は豊富にあるもの。しかし、そのような失敗ゆえに見えてくるものがあったり、それらが成功につながることもあるようです。

美もスケートも、バランスのよさが大事

羽生結弦さん

ところで、トークの中で「氷上で演技を披露するときに大切にしていることは?」と聞かれた羽生さん。

「プログラムや曲によって異なる世界観を表現しないといけないので、ジャンプ、スピン、ステップのバランスのよさが非常に大事」

そんなバランスという点では「雪肌精」も同じ。「雪肌精」は、有効美容成分であるハトムギエキス、トウキエキス、メロスリアエキスを中心に、約100種もの和漢植物エキスを配合。その絶妙なバランスが、透明感の高い肌へと導きます。

最後に、羽生さんから「雪肌精」に関する耳寄りなTipsを。

「これから暑くなる季節には、冷蔵庫で冷やすと清涼感を感じやすくなるので、さらにおすすめ。冬場の寒いスケートリンクでも、運動後の肌のほてりをクールダウンさせるのにいいんですよ」

美と技術力に磨きがかかり更に魅力が高まる羽生結弦さんに、今後も注目です!

羽生結弦選手のサイン入りグッズ プレゼント!

ただいま「雪肌精」では、雪肌精商品を総額 5,000 円(税込)以上購入して応募すると、羽生結弦選手サイン入りグッズが当たるキャンペーンを開催中。

羽生選手直筆サイン入りスケート靴(5名様)をはじめ、サイン入りマグカップやTシャツなどが抽選で総勢3,505名様に当たります。

応募期間は2019年6月30日まで。詳しくはこちらを。

アスリートはなぜメンタルが強い?

【丸山桂里奈のメンタル】「自分自身を信じること。それがすべてを可能にする」

日本サッカーで初めてワールドカップ優勝を経験した、当時のメンバー、丸山桂里奈さん。現在は、おとぼけキャラとしてお茶の間の人気者です。そんな丸山さんを...

https://www.mylohas.net/2019/05/191400sp_mental_maruyamakarina.html

スランプを乗り越えて手に入れた「これ以上はない」と思える最高のキャリア〜元テニス選手・杉山 愛

連載「元アスリートの意識改革」の5回目となる今回は、元テニスプレイヤーの杉山愛さん。テニス界のレジェンドとしてはあまりにも有名ですが、そんな彼女も現...

https://www.mylohas.net/2017/11/065738sugiyama.html

雪肌精]画像提供:株式会社コーセー

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析