1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 夏に注意! デコルテに「赤いポツポツ」ができる原因と4つの予防法

夏に注意! デコルテに「赤いポツポツ」ができる原因と4つの予防法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,165

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

デコルテ

鏡を見て、あれ、これ何? と思いますよね。

ニキビは、どこにできてもイヤですが、顔ならまだしも突然に、胸のあたりに出たら困るものです。

根本的には「胸にできるニキビも、顔や背中にできるニキビも、その原因は同じです」と、ニューヨークにあるマウント・サイナイ病院の皮膚科で美容・臨床研究部門の部長を務める、ジョシュア・ゼイックナーさん。毛穴や毛包がつまって炎症を起こし、ブツブツになるのが一般的なのだそう。

なぜ胸にニキビができるのか、それを治すにはどうすればよいか、どう予防すればよいのか、専門家に聞いてみました。

胸のニキビとは?

デコルテ

image via shutterstock

「胸のニキビは、顔のニキビほどホルモンバランスの変化から影響を受けません」とニューヨークにマウント・サイナイ・アイカーン医科大学の皮膚科臨床准教授のゲイリー・ゴールデンバーグさん。

汚れてつまった毛穴に加えて、バクテリアが毛包に入り込むと感染症をおこし、胸のニキビの原因になります。「汗をかくこともニキビの原因となります。夏場によく運動する人に、ニキビはよくみられます」(ゴールデンバーグさん)

糖分の多い食事をしていませんか?

「ピチロスポルム属と呼ばれるカンジダ真菌も、ニキビの原因になります」と、カリフォルニア州の皮膚科専門医で、「ドクターシンシアベイリースキンケア」の最高経営責任者でもあるシンシア・ベイリーさんは説明します。

もともと誰の皮膚にもカンジダ真菌は住んでいます。しかし、それに適した環境である、温かく、汗ばんだ皮膚などの条件が揃うと、一気に繁殖し、肌にブツブツを引き起こすのだそう。

ベイリーさんは「ニキビは赤い色をしていて、かゆみや、触ると痛みがあります」「皮膚はよく小さいブツブツで覆われることがありますが、それは毛穴がつまって閉じた状態なのです」と説明します。

高い気温、通気性の悪い衣類、または運動量の増加などがカンジダ真菌の繁殖に影響します。カンジダ真菌は糖分が大好物なため、糖分の多い食事をとっていると、胸のニキビが悪化しやすくなります」とベイリーさんはいいます。

胸のニキビを治すには?

化粧水

image via shutterstock

生活習慣をほんの少し変えるだけでも、胸のニキビを撃退できます。

しかし、もしここに挙げるヒントを全部試しても治らなければ、かかりつけの皮膚科医に相談してください。治療として、抗生物質入りのローションや経口抗生物質が必要かもしれません。

ボディウォッシュを使う

体を洗う女性

image via shutterstock

手始めに、ニキビ肌用ボディウォッシュを定期的に使ってみるのがいいかもしれません。ゼイックナーさんのおすすめは、「細菌を退治する過酸化ベンゾイル配合のものや、毛穴のつまりを解消するサリチル酸配合のもの」とのこと。(日本では医療機関で過酸化ベンゾイル配合の薬が処方されています)

あなたのその胸のニキビがカンジダ真菌によるようであれば、フケ用シャンプーを身体に使ってみると効果があるかもしれません。フケ用シャンプーの有効成分は、頭皮のイースト菌に効果があり、身体のその他の部分にも同様の効果を持ちます。使い方は、フケ用シャンプーを胸に薄くのばして数分間放置し、すすぐだけです。

またベイリーさんいわく、乳酸が配合された保湿剤を使うのも、古い角質を取り除くのに役立ちます、とのこと。

ニキビ専用クリームを使ってみる

クリーム

image via shutterstock

「もしブツブツが特にひどい箇所があれば、過酸化ベンゾイルが配合されたニキビ専用クリームを使ってみるのもよいかもしれません」とベイリーさん。

ただし過酸化ベンゾイルは衣類に付着すると変色させるので、それを注意して使ってください。(日本では医療機関で過酸化ベンゾイル配合の薬が処方されています)

運動用のウェアを変えてみる

スポーツウエア

image via shutterstock

汗をかいているとき、何を着ているかは極めて重要なことです。「運動をするときには、吸汗速乾素材のウェアを着るようにし、肌がべたつかないようにすること」と、ゼイックナーさんはいいます。

またゼイックナーさんは、運動後にコットン製のシャツを着るのは避けるようすすめます。コットン製のものは肌にくっつきやすく、ニキビの原因を作りやすくするからだそう。

それから、「運動後には汗をかいた衣類をすぐに脱いで、シャワーを浴びて」とゴールデンバーグさんは話します。シャワーを浴びることができない場合には、汗ふきシートでもいいので、とにかくそのまま汗を放置しないことが大事だそう。

砂糖を断つ

砂糖

image via shutterstock

ベイリーさんは、新鮮な果物、野菜、未精製のオーガニックの穀物類を食事に取り入れることを推奨します。

もし胸など、身体にニキビができるのであれば「砂糖、炭水化物、乳製品を避けるように」と、ベイリーさんはいいます。甘味料入りの飲み物のかわりに水を飲むと、さらに肌によいとのこと。

厄介なニキビを治すには?

頭にできたニキビを悪化させずに、きれいに治すポイント

いつのまにかできている頭皮のニキビ。なくすにはどうすればいい?原因と対策を皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/04/189628pvn_acne.html

「大人ニキビ」を本気で治すなら。医師が教える5つのポイント

できると憂鬱な大人ニキビ。皮膚科医が教えるニキビの治し方とは?通常は、どんな塗り薬を処方されているのでしょう?

https://www.mylohas.net/2019/02/185986pvn_acne.html

Korin Miller/How to Get Rid of Stubborn Chest Acne for Good, According to Dermatologists/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. パソコンの位置を変えれば、とたんに調子のいい体に!

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    5. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること