1. Home
  2. BODY
  3. ぽっこりお腹解消法を、−24kgダイエットに成功したトレーナーが伝授

ぽっこりお腹解消法を、−24kgダイエットに成功したトレーナーが伝授

26,040

横山智世

ダイエット

途中で挫折したり、リバウンドしたり……ダイエットの悩みは尽きないもの。なかには何度も繰り返し、ダイエットとは長い付き合いだという人も多いのでは。

パーソナルトレーナーでもありダイエットカウンセラーでもある大西ひとみさんは、なんと1年半で−24kgのダイエットに成功したそう。大西さんが実践したダイエットとは、腸内環境を整えることにより、ぽっこりお腹や便秘を解消していくというもの。

大西さんがすすめる、ヨーグルトで腸内環境を整え、腸内フローラを改善する方法を紹介します。

腸内フローラとは?

腸内細菌

以前にも紹介した、美容と健康に欠かせない「腸内フローラ」。腸内フローラとは何を指すのでしょうか?

人間の腸内にはたくさんの細菌が住んでおり、その数はなんと数百種600兆個以上とも言われています。その種類を大きく分けると健康や美容に役立つ善玉菌、老化現象の原因ともなる悪玉菌、そして状況によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌の3種類があります。これらを顕微鏡で見ると花が咲いたように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。(「Diet Plus」より引用)

プロバイオティクス

私たちの健康になくてはならない存在である「腸内フローラ」を整えることが、大西さんが成功したダイエットにおいてとても大切なんだそう。

大西さんいわく、便秘解消やダイエット成功だけでなく、身体の不調にも効果が期待できるのだとか。

体調やストレスなどによって日々変わっていく腸内フローラのバランスですが、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7の割合が、バランスのよい状態と言われています。この状態をキープすることが重要なのです。

美容と健康に欠かせない! 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

「腸活」「腸内環境をととのえて健康に」など、私たちの美容と健康には、腸を元気にすることが欠かせません。ですが、便秘や下痢など腸のトラブルはだれしも経...

https://www.mylohas.net/2018/07/169658intestinalflora.html

悪玉菌が増え、腸内フローラのバランスが崩れるワケ

ワインと肉

腸内に悪玉菌が増えてしまうと、身体への悪影響が心配されます。では、どんなことが原因で悪玉菌が増えてしまうのでしょうか?

腸内の悪玉菌を増やす食生活のひとつに、肉やアルコールの取りすぎがあげられます。それらを食べ過ぎてしまうと、便やおならの悪臭、便秘といったトラブルを招く恐れがあります。また、運動不足寝不足欠食水分不足食物繊維不足外食ストレスなども腸内フローラのバランスを乱す原因になってしまうので注意しましょう。(「Diet Plus」より引用)

便秘やぽっこりお腹、上記の生活習慣に当てはまる人は、大西さんが実践した方法をチェックしてみて。

ヨーグルトにおすすめの食べ合わせ

ヨーグルト

大西さんが実践したダイエットは、ヨーグルトにより腸内フローラを整えることで、ぽっこりお腹の原因にもなる便秘を解消し、お腹まわりのサイズダウンにつながったのだとか。

善玉菌を増やしてくれるヨーグルトを、大西さんはただ食べるのではなく、食べ合わせによってより効果的に腸内フローラを改善したようです。

(前略)ビフィズス菌を増やす野菜や果物と一緒に摂るのがおすすめです!

例えば、玉ねぎ、トマト、ニンジン、ゴボウ、アスパラガスなどはオリゴ糖を多く含んでいるため、一緒に食べるとさらに効果アップに繋がるでしょう。また食物繊維も合わせて摂ることで、代謝アップにもなり、やせやすい身体作りにも役立つと考えられます。(「Diet Plus」より引用)

そのまま食べるだけでは、少し飽きてしまうので、トッピングしたり、サラダに和えるなど工夫してみるのも楽しそう。

食べるタイミングはいつ?

時計

食べ合わせだけでなく、食べるタイミングを考慮することも大西さん流。さらなる効果が期待できると言います。

食べるタイミングは食後がおすすめです。乳酸菌の中には、胃酸に弱い性質があるものも存在します。胃酸が出ている空腹の時よりも、食後の胃酸が薄まっている時の方が効果的ですよ。(「Diet Plus」より引用)

ヨーグルトはまさに、食後のデザートにぴったり! さらに、乳酸菌は時間が経てば経つほど減ってしまうものもあるとのこと。なるべく新鮮なうちに食べてしまうのが大西さんのおすすめだそう。

ぽっこりお腹や便秘に悩んでいる方は、さっそくヨーグルトを食生活に取り入れてみませんか? 腸内環境はライフスタイルによって大きく影響を受けるので、継続して整えていきましょう。

楽しくおいしくダイエット

ぽっこりお腹を解消したい。便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養3つ

管理栄養士の藤井歩さんによる、薬に頼らず腸内環境を整える方法とは? 便のタイプ別・摂りたい食物繊維の種類や、便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養...

https://www.mylohas.net/2019/05/191421diet_constipation.html

200kcal以内でおいしいおやつ! ダイエット中の間食に役立つ10の工夫

ダイエット中に甘いものやしょっぱいものが食べたいとき、舌もお腹も満足できるヘルシーで低カロリーの間食を、栄養士が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/06/192913pvn_200kcal.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    3. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    4. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    5. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    6. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    9. キールズの紙袋が有料化。日本ロレアルの取り組む環境問題と女性支援のいま

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    3. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    4. 肌寒いのであたたかい鳥南蛮【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 3人のなかでもっとも仕事を任せられる顔は? 「顔の心理学」で人のすべてがわかる

    6. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    7. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    8. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 「おばさん」って誰のこと? 連載第1回「女が年をとるということ」

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    6. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら