1. Home
  2. BODY
  3. ぽっこりお腹解消法を、−24kgダイエットに成功したトレーナーが伝授

ぽっこりお腹解消法を、−24kgダイエットに成功したトレーナーが伝授

24,748

横山智世

ダイエット

途中で挫折したり、リバウンドしたり……ダイエットの悩みは尽きないもの。なかには何度も繰り返し、ダイエットとは長い付き合いだという人も多いのでは。

パーソナルトレーナーでもありダイエットカウンセラーでもある大西ひとみさんは、なんと1年半で−24kgのダイエットに成功したそう。大西さんが実践したダイエットとは、腸内環境を整えることにより、ぽっこりお腹や便秘を解消していくというもの。

大西さんがすすめる、ヨーグルトで腸内環境を整え、腸内フローラを改善する方法を紹介します。

腸内フローラとは?

腸内細菌

以前にも紹介した、美容と健康に欠かせない「腸内フローラ」。腸内フローラとは何を指すのでしょうか?

人間の腸内にはたくさんの細菌が住んでおり、その数はなんと数百種600兆個以上とも言われています。その種類を大きく分けると健康や美容に役立つ善玉菌、老化現象の原因ともなる悪玉菌、そして状況によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌の3種類があります。これらを顕微鏡で見ると花が咲いたように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。(「Diet Plus」より引用)

プロバイオティクス

私たちの健康になくてはならない存在である「腸内フローラ」を整えることが、大西さんが成功したダイエットにおいてとても大切なんだそう。

大西さんいわく、便秘解消やダイエット成功だけでなく、身体の不調にも効果が期待できるのだとか。

体調やストレスなどによって日々変わっていく腸内フローラのバランスですが、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7の割合が、バランスのよい状態と言われています。この状態をキープすることが重要なのです。

美容と健康に欠かせない! 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

「腸活」「腸内環境をととのえて健康に」など、私たちの美容と健康には、腸を元気にすることが欠かせません。ですが、便秘や下痢など腸のトラブルはだれしも経...

https://www.mylohas.net/2018/07/169658intestinalflora.html

悪玉菌が増え、腸内フローラのバランスが崩れるワケ

ワインと肉

腸内に悪玉菌が増えてしまうと、身体への悪影響が心配されます。では、どんなことが原因で悪玉菌が増えてしまうのでしょうか?

腸内の悪玉菌を増やす食生活のひとつに、肉やアルコールの取りすぎがあげられます。それらを食べ過ぎてしまうと、便やおならの悪臭、便秘といったトラブルを招く恐れがあります。また、運動不足寝不足欠食水分不足食物繊維不足外食ストレスなども腸内フローラのバランスを乱す原因になってしまうので注意しましょう。(「Diet Plus」より引用)

便秘やぽっこりお腹、上記の生活習慣に当てはまる人は、大西さんが実践した方法をチェックしてみて。

ヨーグルトにおすすめの食べ合わせ

ヨーグルト

大西さんが実践したダイエットは、ヨーグルトにより腸内フローラを整えることで、ぽっこりお腹の原因にもなる便秘を解消し、お腹まわりのサイズダウンにつながったのだとか。

善玉菌を増やしてくれるヨーグルトを、大西さんはただ食べるのではなく、食べ合わせによってより効果的に腸内フローラを改善したようです。

(前略)ビフィズス菌を増やす野菜や果物と一緒に摂るのがおすすめです!

例えば、玉ねぎ、トマト、ニンジン、ゴボウ、アスパラガスなどはオリゴ糖を多く含んでいるため、一緒に食べるとさらに効果アップに繋がるでしょう。また食物繊維も合わせて摂ることで、代謝アップにもなり、やせやすい身体作りにも役立つと考えられます。(「Diet Plus」より引用)

そのまま食べるだけでは、少し飽きてしまうので、トッピングしたり、サラダに和えるなど工夫してみるのも楽しそう。

食べるタイミングはいつ?

時計

食べ合わせだけでなく、食べるタイミングを考慮することも大西さん流。さらなる効果が期待できると言います。

食べるタイミングは食後がおすすめです。乳酸菌の中には、胃酸に弱い性質があるものも存在します。胃酸が出ている空腹の時よりも、食後の胃酸が薄まっている時の方が効果的ですよ。(「Diet Plus」より引用)

ヨーグルトはまさに、食後のデザートにぴったり! さらに、乳酸菌は時間が経てば経つほど減ってしまうものもあるとのこと。なるべく新鮮なうちに食べてしまうのが大西さんのおすすめだそう。

ぽっこりお腹や便秘に悩んでいる方は、さっそくヨーグルトを食生活に取り入れてみませんか? 腸内環境はライフスタイルによって大きく影響を受けるので、継続して整えていきましょう。

楽しくおいしくダイエット

ぽっこりお腹を解消したい。便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養3つ

管理栄養士の藤井歩さんによる、薬に頼らず腸内環境を整える方法とは? 便のタイプ別・摂りたい食物繊維の種類や、便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養...

https://www.mylohas.net/2019/05/191421diet_constipation.html

200kcal以内でおいしいおやつ! ダイエット中の間食に役立つ10の工夫

ダイエット中に甘いものやしょっぱいものが食べたいとき、舌もお腹も満足できるヘルシーで低カロリーの間食を、栄養士が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/06/192913pvn_200kcal.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?