1. Home
  2. BODY
  3. 医師が教えるカモミールティー7つの効能。腰痛、目の下のクマにも

医師が教えるカモミールティー7つの効能。腰痛、目の下のクマにも

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,224

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

カモミール

寝る前以外にも使えるんです!

かわいらしい小さな花なのに、驚異的な力をひめているカモミール。この花の成分は、人を眠りに誘ったり、炎症を和らげてくれたり、お肌を引きしめてくれたり、また神経を落ち着かせてくれたりもしてくれます。

オレゴン州ポートランドに拠点を置く自然療法医ローラ・ネヴィル医師が、症状別のカモミールの使い方を伝授。全身のさまざまな悩みに使ってみましょう。

  1. 自然と眠気を誘う
  2. 腰痛を和らげる
  3. 不安を落ち着かせます
  4. 目の下のクマを改善
  5. 血糖値を下げる
  6. 胃のむかつきを和らげる
  7. 生理痛を軽くする

1. 自然と眠気を誘う

カップ

カモミールティーのすごい点は、なんといっても眠気を誘う力があること。植物のフラボノイドは脳内のベンゾジアゼピン受容体と結合し、穏やかな精神安定剤のように働くのです。

気分よい眠りのため、ベッドに入る前にカモミールティーをゆっくりと飲むとよいでしょう。

2. 腰痛を和らげる

オイル

きれいなソックスに乾燥カモミール1カップを詰め、ソックスの口をしばります。

温かいお風呂にソックスを浸し、エプソムソルト(硫酸マグネシウム)を加えて、ラベンダーオイルを5滴ほどたらします。

「お肌に吸収されたカモミールの成分は、エプソムソルトやオイルとともに筋肉をゆるめ、腰の痛みを和らげます」と、ネヴィルさんは話します。

3. 不安を落ち着かせます

オイル

カモミールは、あれこれ思い悩んでいる人の気持ちを落ち着かせてくれます。

ペンシルベニア大学の研究によると、軽度から中等度の全般性不安障害を持つ人々を対象に調べたところ、カモミール抽出物を処方された人は、プラセボ(偽薬)を処方された人よりも症状が軽減することがわかりました。

不安や動揺を感じているとき、カモミールのエッセンシャルオイルをスプレーしたり、何も入れないカモミールティーを飲んだりすることをおすすめします」とネヴィルさん。

4. 目の下のクマを改善

パックする女性

「カモミールティーは血行をうながして、目の周りにかかる刺激を和らげてくれ、目の下のクマを減らしてくれるのです」とネヴィルさん。

2個のティーバッグを数分間、熱湯にくぐらせてから取り出し、冷まします。そのティーパックをまぶたの上に置き10分間リラックス。それを外したら、目をぬぐってから布を当てて肌を乾かします。

※カモミールはブタクサと同じ科に属するため、ブタクサに対してアレルギーがある場合は使用を避けてください。

5. 血糖値を下げる

お茶

一杯のカモミールティーを飲む大きな理由としては、いくつかの研究の存在もあります。

カモミールティーを毎日飲むことによって、2型糖尿病患者の血糖値が下がることが示されているのです。

よい結果のためには、昼食と夕食の前に一杯のカモミールティーを飲むのが大切。

6. 胃のむかつきを和らげる

レモンティー

ペパーミントやショウガなどのおなかの調子をととのえてくれるハーブと組み合わせると、カモミールティーは胃のむかつき、下痢、さらには赤ちゃんのおなかの痛み(疝痛)を和らげます。

7. 生理痛を軽くする

入浴する女性

ジャーマン・カモミール・オイルは炎症を軽くしてくれることで知られています。

温かいお風呂にオイルを数滴たらすと、差し込むような生理痛とイヤな気分も落ち着き、リラックスできますよ。

リラックスすることは大切

禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

感情に取り込まれないためのワークとは? 「不安で行動ができない」というときに試してみて。精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生による、「自己肯定感を...

https://www.mylohas.net/2019/06/192720positive_17.html

リラックスに導くCBDオイルの効果的な使い方。摂るべき量や注意点も

話題の大麻草由来のCBDチンキ。摂り方や飼い方など、CBDチンキの上手なとり入れ方をまとめました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192041pvn_cbd2.html

Marisa Cohen/Yes, Chamomile Tea Can Help You Sleep—But It Has So Many Extra Benefits/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析