1. Home
  2. BODY
  3. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

47,106

踊る女性

image via shutterstock

体重が減っていないのに「やせた?」と聞かれたのはなぜでしょう?

体重計からは見えてこない運動成果の隠れたサインを、栄養士、医師、ヘルスコーチなど健康の専門家に聞きました。今回も引き続き、体重計以外のダイエット指針を紹介します。

「砂糖を欲しがらなくなった」「前より立ち直りが早くなった」などサイン10個は、こちらの記事で。

  1. 便通が規則正しくなった
  2. 血行がよくなった
  3. 運動の目標が達成された
  4. 幸福感が高まってきた
  5. ウエストが細くなったのを実感している
  6. 服がフィットしてくる
  7. 8時間の睡眠をとれている
  8. 薬を減らすことができた
  9. メンタルが改善している
  10. 肌の輝きが健康的になってきた

1. 便通が規則正しくなった

腸

「健康は身体の内側から始まるので、便通がよくなるのは、食生活の改善が効果を発揮している証拠となります。膨満感、便秘(排便が平均1日1回未満)、そして消化不良はすべて、消化器系が不調なサイン」と言うのは、栄養士カティ・バークさん。

これには腸内の悪い微生物の繁殖しすぎから、食物繊維や水分摂取の不足まで様々な原因があります。

膨満感や消化不良なく、平均1日1回のすんなりとしたお通じがあれば、消化器系が健康になっている証拠です。

2. 血行がよくなった

血液

健康状態が変化する前と変化した後の検査値を比べることで、どれくらいの成果が出たかを知ることができます。

コレステロール検査(複数の数値がわかるパネル検査)、ヘモグロビンA1c(血糖値)、C反応性タンパク質(慢性炎症の指標)などで、健康的な生活ができているかがわかります。

「こういったことは、かかりつけ医などでも検査できますよ」と、理学修士で、登録栄養士のマリア・ザマリッパさんは話します。

3. 運動の目標が達成された

ゴール

「体重が減ろうが減るまいが、なにか目標のためにトレーニングをしているならば、その目標をやり遂げることが達成感をもたらすはずです。たとえば、5kmを走る、サッカーの試合に出るなど」と話すのは、理学修士、認定メンタルヘルスカウンセラーのブリー・シェリーさん。

4. 幸福感が高まってきた

ヨガ

精神的に健康になるほうが、体重の数値よりも大事。「健康状態を測る上で最も重要なことのひとつは、自分がどのように物事を感じているかです」と、健康リサーチチーフで博士のバニア・ニコロワさん。

病気になることが少なくなった、穏やかで調和のとれた気分がしてきた、ジェットコースターのような感情の起伏がなくなった、などが長期的に見た気分の改善を示すサインです。

5. ウエストが細くなったのを実感している

腰

全米スポーツ医学協会認定パートナー、アシュリー・スチュワートさんによると、身体のサイズは成功の尺度

「実際に測ることが一番でしょう。巻き尺を使って、ウエスト、腕、脚のサイズを記録します。運動して筋肉が増え、脂肪が減るにつれて、引き締まってくるのがわかります」

6. 服がフィットしてくる

髪の長い女性

単に自分の服がどの程度フィットしているかをメモしておくだけで、大丈夫。

「サイズを測る必要はありません。服のサイズが小さくなっているか、クローゼットの奥にある服を着られれば大成功」と、認定家庭医のクリストマリー・コールマン医師。

7. 8時間の睡眠をとれている

眠る女性

「きちんと寝て、気持ちよく目覚めることも、健康状態を測るもうひとつの方法です。睡眠はコルチゾールのようなストレスホルモンを減らす、血糖値を調整するなど、健康のあらゆる面で重要な役割を果たしています」(バルクさん)

より多くの睡眠をとれるようになったら成功です。運動を増やしたり食事を改善することでも、睡眠はもっとよくなるはず。

8. 薬を減らすことができた

薬

薬の量も、健康の達成度のひとつの指標になります。

「高血圧、糖尿病、高コレステロールのような慢性疾患を抱える人には、体重計の代わりに服用している薬の量を把握することをお勧めします。薬の量を減らすことができて、健康状態を上向けることができれば、成果が出てきている証です」(コールマンさん)

9. メンタルが改善している

家族

「健康とは、肉体面だけでなく精神面も含むもの」と、理学修士で、登録栄養士のクリスタル・カルゲスさん(国際委員会認定授乳コンサルタント)は説明します。

「全般的な健康状態の改善の目安は、メンタルの健康度や働きから知ることができます。頭がぼんやりしなくなってきた、より明確に考えるようになった、不安やうつ病などの症状の軽減されてきた、そして重要なことに集中する心構えができるようになってきた、など」(カルゲスさん)

メンタルが改善すると自尊心が高まり、美意識が芽生え、自分の身体に持つイメージもよくなり、食への執着や外見への心配がなくなっていきます。

10. 肌の輝きが健康的になってきた

顔を見る女性

吹き出もの、ウイルスのできもの、ニキビはすべて体内のアンバランスや炎症の症状です。バランスの取れたヘルシーな食事、水分補給、十分な睡眠のすべてが肌に現れます。だから、健康状態を確認するために自分の顔をチェックしましょう」(バークさん)

おいしいダイエットレシピ

糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

暑い日に家に帰って食べたくなるのがアイスクリーム! ダイエット中でも食べられる、砂糖や乳製品を使わずに、フルーツだけで作る低糖質かつ栄養満点なアイス...

https://www.mylohas.net/2019/06/192809tropicalgelato.html

貧血気味の女性に。ビーツとカッテージチーズのサラダ

女性に不足しがちな葉酸がたっぷり含まれる「ビーツ」と、チーズの中でも低脂肪でダイエット向きな「カッテージチーズ」を使ったサラダのレシピをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/05/190396diet_recipe.html

Katherine Martinelli/20 Non-Scale Victories That Prove You're Making Weight Loss Progress/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 10名のすっぴん美人がやっている習慣。美容クリームよりもいいのは...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」健康と筋肉に効く食事とは?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 2週間でデブ味覚→やせ味覚! ダイエット外来医師が教える成功の秘訣

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    10. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    1. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    2. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?