1. Home
  2. STYLE
  3. 漢方に精油…。カヒミ・カリィさんが実践する片頭痛の対処法

漢方に精油…。カヒミ・カリィさんが実践する片頭痛の対処法

カヒミ カリィのThe plate of my life

10,513

カヒミ カリィ

ペパーミントの精油

今月は片頭痛のお話です。私は子どもの頃、背丈が小さくてひょろひょろとしていたのですが、体は意外に丈夫でほとんど大きな病気をすることもなく過ごしてきました。

けれどその代わり、幼い頃から原因不明の慢性関節炎持ちで、普段の生活には支障ない程度なのですが時々夜になると足が痛くなって眠れず困ったものです。

子どもの頃は成長痛だろうと言われていたのですが、大人になってもそれは相変わらずで、病院で検査などをしてもはっきりとした原因は分からずじまいでした。けれど私の妹達も同じなのでどうやら遺伝的なもののようです。

一日寝込んでいたいくらい辛い頭痛も

その関節炎が30代半ばから段々と落ち着いてきたのでほっとしていたのですが、それと入れ替わりに頭痛が出るようになったのでした。

妊娠中の時だけはピタリと関節炎と頭痛が止まったので、どうやらホルモンのバランスも関係しているように思います。

当時は、朝までレコーディングをして長時間起きていたり、かと思うと撮影で朝の6時に出かけてその晩は遅くまで執筆したりと、仕事柄、生活が不規則になりがちでした。

まずはそれが問題だと思い、睡眠時間に気を付けたりヨガや水泳をして体を整えるように心がけるようにすると、頭痛の頻度は減ってきました

それでも時々、一日寝込んでいたいくらい辛い日があっていまだ試行錯誤しています。

漢方に精油……頭痛になった時の対処法

ペパーミントの精油

普段の生活で頭痛が出た時の私の対処法としては、辛いときには漢方薬の五苓散(ごれいさん)と呉茱萸湯(ごしゅゆとう)をとっています。また、なり始めの時に効くなと感じるのはペパーミントの精油です。

ペパーミントはガムなどにも使われるので、頭痛のような深刻なものには効かなそうだと思っていたのですが、意外にも私は効果を感じました。

ペパーミントの精油を少しこめかみに付けてマッサージしたり、ペパーミントとスパイクラベンダーとゼラニウムをブレンドしたオイルを冷凍庫で冷やしたアイマスクに垂らして目もとに当てたり、ミントティーを飲んだりします。

でも冷やすと悪くなることもあって、そういう時は、ブレンドした精油を入れたお風呂に入って体を温め、ヘッドマッサージをすると楽になることも。

頭痛とともに肩や首、目の奥が痛むことも多いので、私は肩と首の裏にアルニカのジェルや「Amish Origins」というブランドの軟膏を塗ることもあります。

お酒を飲むときは「メスカル」を少しだけ

頭痛にも何種類かあってそれぞれ対処法が違うようですが、私の場合は片頭痛と緊張性が混ざっているような……その時々によって変わっている感じがしますが、はっきり分かりません。

食べ物は、片頭痛によくないと言われているチョコレートやチーズ、ナッツは大丈夫ですが、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系はどうやら私には合っていないようです。本当は大好きなので残念……。

普段、家ではお酒は全く飲まないのですが、時々外出先で飲んだりすると量は少なくても後悔するほど頭痛になることがあるので、本当に特別の日だけにしています。

お酒はどうやら種類にもよるようで、私の場合、例えばワインはダメだけれど純米酒は大丈夫なことが多かったり、メスカルというテキーラに似たお酒に限っては、なんと頭痛が止まったことがあるのです。

大好きな友人がツアー中にNYに来ていて、皆でお土産のメスカルで乾杯をすることになったので、実はまさに片頭痛中だったのですが覚悟を決めて飲んだら、なんと私の場合は逆に具合がよくなって驚きました。

なのでそれ以来、お付き合いなどでお酒を飲む機会にはメスカルを少し飲むことが多いです。

色々と試していますが、でもいちばん効果的なのはやはり規則正しい生活と適度に体を動かすことでしょうか。そしてPCでソファーに固まっている時間を減らすこと

今年の夏は、自然豊かな場所でたくさん体を動かしたいと思っています。

>>【カヒミ カリィのThe plate of my life】をもっとみる

疲れが溜まってヘトヘトになったら。カヒミ・カリィさんのリセット術

カヒミ・カリィさんの人気連載は、2018年4月からよりヘルシーな内容になってお届け。今回は、カヒミさん流、ストレス解消法!

https://www.mylohas.net/2019/05/190684kahimikarie.html

NY在住カヒミ・カリィさんが心がける「抗酸化対策」とは

カヒミ・カリィさんの人気連載は、2018年4月からよりヘルシーな内容になってお届け。今回は、カヒミ・カリィさんも気になり始めた抗酸化対策について。

https://www.mylohas.net/2019/04/189808.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?