1. Home
  2. MIND
  3. 名医も実践!「ストレス漬けの生活を変える4分間トレーニング」

名医も実践!「ストレス漬けの生活を変える4分間トレーニング」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,236

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

助ける人

ストレスを減らすために、あなたは何をしていますか?

健康的な食事を摂り、定期的な運動を行い、そして十分な睡眠をとること。そうすれば気分や感情、認知機能が調整されていきます。しかしこれは基本的なことで、とりわけ緊張が続いているときには、なかなか簡単にはいきません。

これまで3回にわたり、ストレスと脳の関係についてお話しました。今回は、メイヨー・クリニック医学教授で同クリニックの回復プログラムの創設者、アミット・スード医師が実際にクリニックで採用している「1日4分でできる、ストレス軽減トレーニング」をご紹介します。

「ストレスを抱えやすい人」の脳の特徴はこちら
女性が男性よりストレスを受けやすい理由はこちら
パートナーへの助けの求め方はこちら

脳に「RUM」を与える

休憩する女性

image via shutterstock

「RUM」とは、休息(Rest)、高揚感(Uplifting emotions)、モチベーション(Motivation)の頭文字をとったもの。

脳を活性化し、疲労を避けるには3つ全てが必要です。仕事中2~3時間おき(もしそわそわしてきたら、もう少し早く)に3~5分、RUMができる状態をつくります。

方法:パソコンから離れ、あるいは作業を止めて、家族など大切な人の写真や好きな旅行先の写真を見る。

元気の出る詩や文章を読む、友人に電話する、幸せになる短い動画を観るなど。

気分を盛り上げ、やる気の起こる行動を選びます。

朝起きたら、まず感謝の気持ちを心に浮かべる

祈る女性

image via shutterstock

脳がその日の心配事で乗っ取られないように。よりハッピーで、もっと絆を感じられる気持ちで朝を迎えよう(こちらの記事も参考に!)。

方法:起床後、ベッドから出る前に数分間、あなたを気にかける人たちのことを考え、静かに感謝の念を送ります。

もう一つメリットがあります。最近のある研究によると、目覚めたときにその日のストレスに先回りして対処することで、1日のワーキングメモリ(作業記憶、作動記憶とも)に影響が出るとわかったのです。実際ストレスのかかる事が何も起きなかったとしても(ワーキングメモリとは、物事を学び、気が散った時でもそれをキープするのを助けてくれるものです)。

注意を外に向けてみる

外を見る女性

image via shutterstock

瞑想はストレス解消に大変役立ちますが、誰もが20分以上、内面に目を向けて座っていられるわけではありません。

しかし研究によると、注意を外側に向ける事も瞑想と同じ脳のネットワークを使うことがわかってきました。そのため、意識的に注意を世界に向けることによって、瞑想と同様のストレス緩和の効果を得られるのです。

方法:好奇心を働かせ、コーヒーショップのバリスタの目、上司のネクタイの柄、ご近所さんの家に咲いている花など、細かい点を観察することにトライしてみては。

好奇心は脳の報酬系ホルモン(セロトニンなど)を養い、気分を上向きに。それはまた記憶と学習を強化します。

優しさを大切に

目を瞑る女性

image via shutterstock

本当にいい人であっても、他人を批判するのは簡単なもの。自分と違うタイプなら特にそうです(違いを脅威と解釈する脳の領域、扁桃体の働きのせい)。

方法:扁桃体を休めるため、誰かについて批判的になりがちなときは、2つのこと……「どの人も特別であること」「皆苦労して生活しているということ」を考えること。

道ですれ違う人、職場では、みんなの幸福を願うくせをつけるのです。そうすると、絆のホルモンであるオキシトシンが分泌され、心拍数がゆっくりになります。そうすると優しい気分に。健康や幸せにつながるはずです。

ストレスを改善するためには?

不安を手放せないのはなぜ? 心理的な理由と解決策

無性に不安になっていませんか? 不安を手放す具体的なワークとは? 精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生による、「自己肯定感を上げる方法」を毎日ひと...

https://www.mylohas.net/2019/06/192362positive_11.html

怒りっぽい人が今日からできる、怒りと向き合う方法

私は怒りっぽいからダメ? いえ、そんなことはありません。怒りは「抑える」のではなく、「怒りとして捉えない」ために何ができるかを知っておくことが大切で...

https://www.mylohas.net/2019/06/192365positive_12.html

Jenny L. Cook/How Stress Hits Women’s Brain’s Harder—and Why Men Don’t Always Get It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?