1. Home
  2. BODY
  3. 頭痛外来の医師が伝えたい。 頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

頭痛外来の医師が伝えたい。 頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

頭痛のキホン

4,934

大場真代

logo05_640_shutterstock_572387341

慢性的な頭痛に悩んでいる人は、国内に約4000万人もいると言われていて、約4人に1人が頭痛に悩んでいるといわれています。ポピュラーな症状であるからこそ「いつものこと」と思っていると別の病気の引き金になることも。

辛い頭痛との上手な付き合い方について、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

「痛い→痛み止めを飲む」をくり返し、我慢を重ねていくと……

05_640_shutterstock_1362689429-1

最初は単なる「ただの頭痛」だったかもしれません。女性は、男性よりも痛みに強いため、我慢に我慢を重ねてしまいがちです。しかし、痛み止めを飲んでもなかなか治らず、病院を受診しても特に異常は見つかりません。

一安心と思っていると、また頭痛が襲い、痛み止めを飲んでその場しのぎを続けているうちに、頭痛以外のさまざまな症状が出始め、どんどん辛くなっていきます。

私のもとへ来られる患者さんの多くは、我慢に我慢を重ねた結果、脳が常に興奮状態にあり、その結果、脳が誤作動を起こして、耳鳴りやめまい、不眠、イライラ、不安といった、頭痛以外の症状に悩む、脳過敏状態の方が多くいらっしゃいます

片頭痛をもっている人の多くに子どものころから何かしらのサイン!?

640_shutterstock_1150216715

片頭痛を持つ方の多くが、実は子どものころから何らかのサインが出ていることが多くあります。寝相が悪い、寝言が多い、乗り物酔いをする、歯ぎしりをする、周りの子どもに比べて落ち着きがない、朝が苦手で寝起きが悪い、几帳面だった、またアレルギーや小児喘息にかかったことがある人の中にも、頭痛持ちが隠れている可能性があります。

これまで頭痛は、 頭部CTスキャンやMRIなどに異常がなければ「命に関わる病気ではないから」と軽視されている傾向にありました。しかし、vol.1でもお話したように、頭痛を放っておくと、慢性的に脳が興奮している状態に陥り、頭痛以外のさまざまな症状も発症させてしまうこともあります。

頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

05_640_shutterstock_1337529227

現在、頭痛で悩んでいる人は、まず第一に頭痛が起きやすい生活習慣は避けることです。脳に過剰な刺激を与えないようにして、発作を未然に防ぐことが先決です。例えば、

  1. 痛みが起きそうな、月経前後や排卵日の前後は、遊ぶ予定を入れない
  2. 季節の変わり目や雨の日は無理をしない
  3. 目がチカチカする、異常な肩こりや生あくびなど、痛みの前兆や予兆症状が起きたらすぐに薬を服用する

などです。

それでも解決しない場合は、片頭痛の痛みを取るトリプタン系の薬や、脳の興奮を抑える抗てんかん薬などで、脳の興奮を抑える予防的治療を行うことになります。これは根本から頭痛を改善させていくもので、およそ8割の患者さんに効果があることがわかってきています

頭痛は不快で辛い症状はもちろんのこと、イライラしたり、融通がきかなくなるなど、性格まで変えてしまう嫌な症状です。

頭痛を甘く見て自己流に対処していると、より病状は深刻になります。がまんしたり放置したりせず、頭痛の原因を知って、生活習慣を見直すことから始めてみましょう!

清水俊彦先生
東京女子医科大学病院脳神経センター脳神経外科 頭痛外来 客員教授、獨協医科大学脳神経内科 臨床准教授(兼任)。日本脳神経外科学会認定医、日本頭痛学会監事や幹事を歴任、認定専門医。東京女子医科大学本院や同東医療センターの他に、汐留シティセントラルクリニック(東京都)、脳と心のクリニック(茨城県阿見町)、小山すぎの木クリニック(栃木県小山市)、獨協医科大学脳神経内科(栃木県)マミーズクリニック(東京都)、伊豆大島医療センターの頭痛外来を担当。学会活動をはじめテレビ、頭痛関連の著書も多数執筆。『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス刊)『頭痛は消える。』(ダイヤモンド社)『マンガでわかる 頭痛・めまい・耳鳴りの治し方』(新紀元社刊)など。

もっと頭痛について知りたい!

慢性的な頭痛を放置するとどうなる?

長い間、 頭痛に苦しんだ結果、起こる疾患が 「頭痛の最終形」といわれる「脳過敏症候群」。新しい疾患として提唱し、国際的な論文も発表している東京女子医...

https://www.mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html

「頭が痛くなりそう」と思ったとき、気をつけたいこと3

頭痛を悪化させないためのポイントを、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192922_sp_headache_new02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた