1. Home
  2. BODY
  3. 頭痛外来の医師が伝えたい。 頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

頭痛外来の医師が伝えたい。 頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

頭痛のキホン

5,020

大場真代

logo05_640_shutterstock_572387341

慢性的な頭痛に悩んでいる人は、国内に約4000万人もいると言われていて、約4人に1人が頭痛に悩んでいるといわれています。ポピュラーな症状であるからこそ「いつものこと」と思っていると別の病気の引き金になることも。

辛い頭痛との上手な付き合い方について、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

「痛い→痛み止めを飲む」をくり返し、我慢を重ねていくと……

05_640_shutterstock_1362689429-1

最初は単なる「ただの頭痛」だったかもしれません。女性は、男性よりも痛みに強いため、我慢に我慢を重ねてしまいがちです。しかし、痛み止めを飲んでもなかなか治らず、病院を受診しても特に異常は見つかりません。

一安心と思っていると、また頭痛が襲い、痛み止めを飲んでその場しのぎを続けているうちに、頭痛以外のさまざまな症状が出始め、どんどん辛くなっていきます。

私のもとへ来られる患者さんの多くは、我慢に我慢を重ねた結果、脳が常に興奮状態にあり、その結果、脳が誤作動を起こして、耳鳴りやめまい、不眠、イライラ、不安といった、頭痛以外の症状に悩む、脳過敏状態の方が多くいらっしゃいます

片頭痛をもっている人の多くに子どものころから何かしらのサイン!?

640_shutterstock_1150216715

片頭痛を持つ方の多くが、実は子どものころから何らかのサインが出ていることが多くあります。寝相が悪い、寝言が多い、乗り物酔いをする、歯ぎしりをする、周りの子どもに比べて落ち着きがない、朝が苦手で寝起きが悪い、几帳面だった、またアレルギーや小児喘息にかかったことがある人の中にも、頭痛持ちが隠れている可能性があります。

これまで頭痛は、 頭部CTスキャンやMRIなどに異常がなければ「命に関わる病気ではないから」と軽視されている傾向にありました。しかし、vol.1でもお話したように、頭痛を放っておくと、慢性的に脳が興奮している状態に陥り、頭痛以外のさまざまな症状も発症させてしまうこともあります。

頭痛に悩んでいる人に意識してもらいたいこと

05_640_shutterstock_1337529227

現在、頭痛で悩んでいる人は、まず第一に頭痛が起きやすい生活習慣は避けることです。脳に過剰な刺激を与えないようにして、発作を未然に防ぐことが先決です。例えば、

  1. 痛みが起きそうな、月経前後や排卵日の前後は、遊ぶ予定を入れない
  2. 季節の変わり目や雨の日は無理をしない
  3. 目がチカチカする、異常な肩こりや生あくびなど、痛みの前兆や予兆症状が起きたらすぐに薬を服用する

などです。

それでも解決しない場合は、片頭痛の痛みを取るトリプタン系の薬や、脳の興奮を抑える抗てんかん薬などで、脳の興奮を抑える予防的治療を行うことになります。これは根本から頭痛を改善させていくもので、およそ8割の患者さんに効果があることがわかってきています

頭痛は不快で辛い症状はもちろんのこと、イライラしたり、融通がきかなくなるなど、性格まで変えてしまう嫌な症状です。

頭痛を甘く見て自己流に対処していると、より病状は深刻になります。がまんしたり放置したりせず、頭痛の原因を知って、生活習慣を見直すことから始めてみましょう!

清水俊彦先生
東京女子医科大学病院脳神経センター脳神経外科 頭痛外来 客員教授、獨協医科大学脳神経内科 臨床准教授(兼任)。日本脳神経外科学会認定医、日本頭痛学会監事や幹事を歴任、認定専門医。東京女子医科大学本院や同東医療センターの他に、汐留シティセントラルクリニック(東京都)、脳と心のクリニック(茨城県阿見町)、小山すぎの木クリニック(栃木県小山市)、獨協医科大学脳神経内科(栃木県)マミーズクリニック(東京都)、伊豆大島医療センターの頭痛外来を担当。学会活動をはじめテレビ、頭痛関連の著書も多数執筆。『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス刊)『頭痛は消える。』(ダイヤモンド社)『マンガでわかる 頭痛・めまい・耳鳴りの治し方』(新紀元社刊)など。

もっと頭痛について知りたい!

慢性的な頭痛を放置するとどうなる?

長い間、 頭痛に苦しんだ結果、起こる疾患が 「頭痛の最終形」といわれる「脳過敏症候群」。新しい疾患として提唱し、国際的な論文も発表している東京女子医...

https://www.mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html

「頭が痛くなりそう」と思ったとき、気をつけたいこと3

頭痛を悪化させないためのポイントを、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192922_sp_headache_new02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?