1. Home
  2. BODY
  3. あなたの頭痛対策、間違っていない? やってはいけない4つのこと

あなたの頭痛対策、間違っていない? やってはいけない4つのこと

頭痛のキホン

6,147

大場真代

logo_02_640_shutterstock_1418423042-1

慢性的な頭痛に悩まされている人は、自分なりの対処法を持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、頭痛対策、と思っていることは実は頭痛を悪化させる要因になっていることも。

実は逆効果な頭痛対策について、vol.1、vol.2に引き続き、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

痛みを増長してしまう! やってはいけない4つのこと

片頭痛や脳過敏症候群を持つ人の場合、脳の血管が拡張し、その周囲の神経を刺激することで 頭痛や頭重感が起こります。つまり、脳の血管を緩めると痛みを助長させてしまうことも。

痛みがひどいときは、つい横になったり、リラックスできる方法を取りがちですが、それが痛みをさらに悪化させてしまっていることもあるのです。頭痛対策に良さそうで実は逆効果なリラックス法を紹介します。リラックスの際もポイントを抑えて、痛みを悪化させない対策をしていきましょう。

01.【NG】頭が痛くなったときはすぐに寝る

03_640_shutterstock_128889719

「なんとなく頭が痛いので少し寝よう」とすぐに寝ると、目が覚めたときに頭がより痛くなっていて、吐いてしまったり、という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

片頭痛の場合、頭痛の起こり始めに寝てしまうと、一気にリラックスモードを司る副交感神経が優位になり、血管の広がりに拍車がかかります。またそこに空腹が重なると、血糖値が下がった状態が、さらに血管を拡張させます

少しでも「頭が痛いな」と思ったら、飴やビスケットなどを口に入れて、頭痛薬を飲んでから休むようにしましょう

明け方、頭痛を感じて目が覚めてしまったときは、そのまま起きて一度、甘いものを口に入れてから頭痛薬の服用を。血糖値が低下した状態での短時間の二度寝は、一気に脳血管が広がってしまうのでNGです。また短時間の昼寝も頭痛を誘発しやすいので注意しましょう。

02.【NG】休日には寝だめをする

03_640_shutterstock_1255580002

忙しい平日が終わると、どっと疲れが出て、休日はダラダラと過ごしてしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、頭痛持ちの人は、日常生活のちょっとした変化や刺激に過敏に反応しやすく、それによって頭痛を招いてしまうことが少なくありません。

休日に寝すぎて頭が痛くなるという経験がある人もいると思いますが、たくさん寝ることで脳の血管はゆるみ、脳血管周囲の痛みの神経を刺激して頭痛やめまいが起こることも

休日はがんばりすぎない程度に、決まった時間に起きて、好きなことを楽しむようにしましょう。朝寝坊するよりも、 昼食後にゆったりとした昼寝のほうがおすすめです 。

03.【NG】好きな映画やテレビで大笑いや大泣きする

640_shutterstock_421458946

感情の起伏も頭痛に大きな影響を与えます

大笑いしたり、大泣きしているときは、交感神経が優位になるので、脳の血管はギュッと縮まっていますが、気持ちが安定してくると、一気に副交感神経が優位になり、脳血管が急激に広がり、頭痛が起きやすくなります

楽しいイベントの翌日に頭痛で寝込んだり、お通夜やお葬式で大泣きした翌日に頭痛がして寝込むのは 疲れではなく、まぎれもなく片頭痛なのです。 頭痛持ちの人は、平穏な日常を心がけるようにしましょう。

04.【NG】心を安らげるためにクラシック音楽を聴く

02_640_shutterstock_576394204-1

クラシック音楽は、さまざまな音楽のジャンルの中でも心が安らぐイメージがあり、頭痛にもよさそうな印象を受けがちです。しかし、クラシックは、突然転調したり、テンポが早くなったり、激しい打楽器の連打があったり、曲調が大きく変わることがよくあります。変化に過敏な頭痛持ちの人の脳には意外にも悪影響なのです。

頭痛を起こさないときの音楽として適しているといわれているのが、ヘビーメタルやハードロック! はじめから激しい緊張感を持って聞き入ることで、頭痛が起こりそうなまでに広がっていた血管が縮まり、頭痛が起きにくくなるのです。ただし、頭痛が起こってからでは、脳の興奮状態を悪化させるので避けましょう。

清水俊彦先生
東京女子医科大学病院脳神経センター脳神経外科 頭痛外来 客員教授、獨協医科大学脳神経内科 臨床准教授(兼任)。日本脳神経外科学会認定医、日本頭痛学会監事や幹事を歴任、認定専門医。東京女子医科大学本院や同東医療センターの他に、汐留シティセントラルクリニック(東京都)、脳と心のクリニック(茨城県阿見町)、小山すぎの木クリニック(栃木県小山市)、獨協医科大学脳神経内科(栃木県)マミーズクリニック(東京都)、伊豆大島医療センターの頭痛外来を担当。学会活動をはじめテレビ、頭痛関連の著書も多数執筆。『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス刊)『頭痛は消える。』(ダイヤモンド社)『マンガでわかる 頭痛・めまい・耳鳴りの治し方』(新紀元社刊)など。

もっと頭痛について知りたい!

慢性的な頭痛を放置するとどうなる?

長い間、 頭痛に苦しんだ結果、起こる疾患が 「頭痛の最終形」といわれる「脳過敏症候群」。新しい疾患として提唱し、国際的な論文も発表している東京女子医...

https://www.mylohas.net/2019/06/192917_sp_headache_new01.html

「頭が痛くなりそう」と思ったとき、気をつけたいこと3

頭痛を悪化させないためのポイントを、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192922_sp_headache_new02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析