1. Home
  2. BODY
  3. 新型頭痛「脳過敏症候群」の恐ろしさ。慢性頭痛の最終形!?

新型頭痛「脳過敏症候群」の恐ろしさ。慢性頭痛の最終形!?

頭痛のキホン

7,097

大場真代

logo_640_shutterstock_1374753122

「頭が痛いけど、薬を飲めばなんとかなるから」と、医療機関での治療を受けずに自己流で対処している人、多いのではないでしょうか?

実際に、日本では頭痛を病気と認識しておらず、たとえ医療機関を受診しても「命に別状はないから」と、適切な治療を受けられないまま、やむなく頭痛を放置してしまった人もいるのではないでしょうか。

このように長い間、頭痛に苦しんだ結果、起こる疾患が「頭痛の最終形」といわれる「脳過敏症候群」です。

新しい疾患として提唱し、国際的な論文も発表している東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に、「脳過敏症候群」について話を伺いました。

慢性的な頭痛が姿を変えてあらわれる症状とは?

640_shutterstock_552438085

長い間、慢性的な頭痛に悩まされてきた方の中には「年をとるごとに痛みが少なくなってきた」と感じる人が少なくありません。しかし、痛みは少なくなったものの、頭が重く感じられることが毎日続くようになったり、耳鳴りやめまい、不眠や不安、イライラなどの症状が現れたりと、頭痛以外の症状に悩まされることもあります。

一見、どれも頭痛とは関係ないため、耳鼻科へ行ってみたり、心療内科や精神科へ行ってみたりはするものの、あまりよくならずに不調を抱えた毎日を過ごしている人もいます。

実はこうした耳鳴りやめまい、不眠や不安などの症状は、慢性的な頭痛が姿を変えてあらわれた可能性があるのです。

慢性的な頭痛を放置していると、脳が常に興奮状態に

640_shutterstock_1385392394

頭痛には、緊張型頭痛や片頭痛、群発頭痛といった種類がありますが、種類に関係なく、慢性的な痛みは、脳の異常な興奮が招いていることがわかってきました。この異常な興奮を放置していると、脳はちょっとした刺激で興奮しやすい状態になり、ささいなことでも 頭痛を感じるようになったり、さらには頭痛以外にも音や光に過敏になったりします。

脳過敏症候群の患者さんの多くは、片頭痛のようなしつこい頭痛に長い間悩まされてきた人たちです。病院を受診して「片頭痛は年をとったら治る」「年とともに痛みが収まっていくから」と言われた経験があるかもしれません。

実際に、年をとるごとに痛みが弱くなってくることも多くあります。それは、年をとるにつれ、どんな人でも血管が硬くなる(動脈硬化)ことが関係しています。血管が硬くなると、異常な拡張が起きにくくなり、 脳血管周囲の痛みのセンサーを刺激しづらくなるために痛みそのものは感じにくくなります。「年をとると片頭痛はおさまる」といわれているのはこのためです。

脳過敏症候群になると、脳の機能障害が引き起こる可能性あり

01_640_shutterstock_1155969631

しかし、痛みの水面下で起こっていた脳の興奮状態は治ったわけではありません。痛みを和らげることだけを目的にして痛み止めを飲み続けたりするような治療を続けていて、脳の興奮を放置しておくと、年齢とともに事態は悪化。

片頭痛のたびに大脳が興奮を繰り返すと、後頭葉や側頭葉、さらには視床という感覚の中枢から、めまいや平衡感覚に関連した小脳にも刺激が繰り返し伝えられます。その結果、脳の各部位は正常に機能しなくなり、さまざまな機能障害が引き起こされる可能性があります。

脳過敏症候群の状態になると、頭痛以外の症状ではせみが頭の中に何十匹もいるようなひどい耳鳴り(頭鳴)、めまい、頭が重い感じが続く、なかなか寝付けず、すぐに起きてしまうなどの症状のほかに、うつ病やパニック障害と思われていた人が脳過敏症候群だったというケースもあります。さらに、物忘れや記憶力障害、イライラといった、一見認知症のような症状が出てくることもあるのです。

脳過敏症候群を引き起こさないためにすべきこと

01_640_shutterstock_791232271

脳過敏症候群は、片頭痛への間違った対処法が引き起こします。がまんにがまんを重ねていたり、痛み止めに頼りすぎていたり、治療法を間違えていたり……。脳の異常な興奮が慢性化して、脳過敏症候群を引き起こしてしまってからでは大変です。

特に女性の場合、40代半ば頃からは更年期障害により、体調を崩される人も少なくありません。脳過敏症候群と更年期障害のダブルパンチは、本人にとっても、周囲の人にとっても辛いことです。まずは、正しい診断と治療を受けることが何より大切です。

清水俊彦先生
東京女子医科大学病院脳神経センター脳神経外科 頭痛外来 客員教授、獨協医科大学脳神経内科 臨床准教授(兼任)。日本脳神経外科学会認定医、日本頭痛学会監事や幹事を歴任、認定専門医。東京女子医科大学本院や同東医療センターの他に、汐留シティセントラルクリニック(東京都)、脳と心のクリニック(茨城県阿見町)、小山すぎの木クリニック(栃木県小山市)、獨協医科大学脳神経内科(栃木県)マミーズクリニック(東京都)、伊豆大島医療センターの頭痛外来を担当。学会活動をはじめテレビ、頭痛関連の著書も多数執筆。『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス刊)『頭痛は消える。』(ダイヤモンド社)『マンガでわかる 頭痛・めまい・耳鳴りの治し方』(新紀元社刊)など。

もっと頭痛について知りたい!

「頭が痛くなりそう」と思ったとき、気をつけたいこと3

頭痛を悪化させないためのポイントを、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦先生に伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192922_sp_headache_new02.html

薬剤師に聞く、頭痛薬の上手な選び方って?

「頭が痛いな」と思って薬を手に取るとき、どのような基準で薬を選んでいますか? 市販されている痛み止めも、それぞれ成分が異なるため、症状にあった薬を選...

https://www.mylohas.net/2019/06/193008sp_headache_medicine.html

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    8. 食欲ないのに食べ過ぎる...「夏のうつ」がもたらす厄介な症状

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」