1. Home
  2. EAT
  3. 200kcal以内でおいしいおやつ! ダイエット中の間食に役立つ10の工夫

200kcal以内でおいしいおやつ! ダイエット中の間食に役立つ10の工夫

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

17,845

Maya A. Kishida(翻訳)

おやつ

誰ですか、まだおやつにポテトチップスを食べているのは?

つい買いに走って、おやつに食べてしまいがちなポテトチップス。しかし、多くのダイエッターにとっては、脂肪や塩分、糖分を大量に摂取するようなものでしょう。

せっかくの努力を水の泡にしないためにも、栄養士が推奨する低カロリーの間食を試してみては? タンパク質や繊維質など、栄養もたっぷりで小腹も満たされるのに、どれもおよそ200kcal以内(こちらの記事でも、栄養のエキスパートである認定栄養士サラ・フルグラッドさんは、おやつに適したカロリーはおよそ200〜250kcalと話しています)。

いつものメニューに少しの工夫を加えるだけで、ダイエットに適したおやつが完成しますよ。

  1. ダークチョコレートとアーモンド
  2. ポップコーン
  3. ライスクラッカーとアボカド
  4. ホットチョコレートミルク
  5. バナナホイップ
  6. フルーツ添えアーモンド
  7. リンゴのスライスとナッツバター
  8. シナモンリコッタ
  9. バナナとピーナッツバター
  10. ピーナッツバター&ジェリーのアレンジ

1. ダークチョコレートとアーモンド

チョコ

この甘くてカリカリしたコンビネーションは、チョコレートバーを食べたいという欲求を抑えてくれるはず。

砂糖が多く入っているグラノーラバーとは違って、ひとかけらのダークチョコレートと数個のアーモンドなら食べる量も糖分も減らせます。

2. ポップコーン

ポップコーン

バターをかけなければ、ポップコーンもヘルシーなおやつに。

レンジやコンロでポップコーンを作ったら、すりおろしたパルメザンチーズ、ガーリックパウダー、塩胡椒で味付けを。

甘いポップコーンのヘルシー・バージョンを作る場合は、純粋なメープルシロップを垂らしてシナモンパウダーをひと振りしましょう。

3. ライスクラッカーとアボカド

アボカド

そう、アボカドトーストもおやつになるんです!

パンの代わりにライスクラッカーにすれば、小腹を満たしつつ、摂取カロリーを少なくできます。

4. ホットチョコレートミルク

ココア

スムージーを飲みたい気分ではないなら、温かいホットチョコレートを。

低脂肪牛乳、あるいは甘味料と乳成分を含まないミルク1カップに、砂糖無添加のココアパウダーを加えれば、魅惑のホットチョコレートのできあがり」と、 認定管理栄養士のタマラ・デューカー・フラウマンさん 。

5. バナナホイップ

バナナホイップ

タンパク質たっぷりのスイーツです。プレーンで甘くないギリシャヨーグルト1人前に、スライスしたバナナ1/4本、パウダータイプか普通のピーナツバター大さじ2を混ぜ合わせます。

ダイエットのための栄養プログラム「2Bマインドセット」の考案者で認定管理栄養士のイラーナ・モルスティンさんは、仕上げにシナモンパウダーで香りづけするのをすすめています。

「よく混ぜ合わせるとホイップムースやチーズケーキに似た味になり、次の食事までけっこう時間が空くときなどの間食にぴったりです」

6. フルーツ添えアーモンド

ナッツ

良質な脂肪、タンパク質、繊維質を摂るのによいアーモンドは、低カロリーで手軽なおやつにぴったり。

フラウマンさんによれば、1人前のアーモンドを少々のフルーツと一緒に食べると体に活力を与えてくれるとのこと。脂肪と繊維質が血糖値を安定させて急降下を防ぎます。いつでも取り出せるように、ポーチやジム用バッグ、机の引き出しにアーモンドを一袋入れておきましょう。

7. リンゴのスライスとナッツバター

りんご

ピーナッツバターとリンゴは相性もバッチリ。アメリカでは昔からおなじみの間食ですが、脂肪分の少ないタンパク質、ヘルシーな脂肪、すぐにエネルギーとなる炭水化物が摂取できるので、ワークアウト前に食べるのに最適。

好みのナッツバター1人分を、シャキッとしたリンゴのスライスに塗ってどうぞ(フラウマンさん)

8. シナモンリコッタ

リコッタ

なめらかで濃厚な味のリコッタチーズは、低カロリーなのにちょっとしたデザートのような間食に。

リコッタにシナモンパウダーと砂糖無添加のココアパウダーをふりかけるだけで、フラウマンさんいわく、ほんのり甘くて栄養たっぷりのおやつになります。

9. バナナとピーナッツバター

バナナ

バナナのスライスにピーナッツバターを塗るだけの手軽なおやつ。

グリコーゲンをすばやく補給できるパワフルな組み合わせなので、激しいワークアウトの後に食べるのに最適です。

10. ピーナッツバター&ジェリーのアレンジ

ピーナッツバター

定番のピーナッツバター&ジェリーのサンドウィッチではなく、シンプルにブドウやイチゴなど、新鮮なフルーツにピーナッツバターをつけてどうぞ。

パンも一緒に食べたいなら、代わりに全粒粉クラッカーでカナッペのようにしてみては? カロリーを200kcal以内におさめることだけ忘れずに!

次回に続きます。

おやつの工夫

砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

普通ブラウニーを作るには、小麦粉、卵、牛乳、チョコレートや砂糖、バターをったっぷり使いますが、このレシピにはこれらの材料をどれも使っていないんです!...

https://www.mylohas.net/2019/04/189118browny.html

おやつは何カロリーまで? 栄養士おすすめのヘルシーな間食9つ

ダイエット中のおやつは健康的なものがいいけれど、自分にあったおやつがわからない……。あなたの期待に答えるヘルシーなおやつをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/04/188316pvn_snacks2.html

Alyssa Jung/30 Low-Calorie Snacks to Curb Hunger and Lose Weight, According to Dietitians/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析