1. Home
  2. MIND
  3. 女性は男性よりストレスを受けやすい。その科学的な理由

女性は男性よりストレスを受けやすい。その科学的な理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,400

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

男女

image via shutterstock

別れや不安で、傷つくのはいつも女性のほう。それには、科学的な理由がありました。

アメリカ心理学協会の年間レポートでは、女性は男性より高レベルの緊張状態にあり、ストレスに関係する身体症状と感情的症状により悩まされていると繰り返し報告されています。頭痛、胃のむかつき、疲労感、気持ちのいらだち、気分の落ち込みといった状態です。

ストレスは糖尿病リスクを高めることも

さらに、ウィスコンシン大学マディソン校の加齢研究所で進められている研究報告によると、中年期の女性は、男性や他の年代の女性以上にストレスのかかる出来事をよく経験していることがわかりました。

過度なストレスがかかった状態にいると、慢性疾患にさえつながる可能性があります。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の最近の研究によると、自宅や職場での長期間のプレッシャーに加えトラウマ的な出来事で受けたストレスは、高齢女性の2型糖尿病のリスクをほぼ倍増させることもわかったのです。うつや不安障害のようなストレスを引き起こすメンタルヘルスの問題に陥りやすいのも、女性なのです。

なぜ女性はメンタルを病みやすいのか?

落ち込む女性

image via shutterstock

前回は、メイヨー・クリニック医学教授で同クリニックの回復プログラムの創設者、アミット・スード医師に、脳とストレスの関係について説明してもらいました。スード医師は、女性は下記の理由から、緊張やプレッシャーの影響を受けやすいと言います。

女性の脳はストレス因子に敏感

第一に女性の脳は、ストレス因子や気持ちをコントロールできていない状態を男性よりも敏感に感じ取るのです。感情や記憶をコントロールする大脳辺縁系のエリアが、女性においては非常に活発であるために、感情が傷つけられる事や軽蔑された事を記憶しやすくなっているのです。

これらに気を取られていたり、いつまでも忘れられないでいたりすることで、否定的感情の脳回路が強化されてしまうのです(これはネガティブバイアスの別の働きの例です)。こうして女性のストレスはさらに強まります。

集中できない要素が多い

加えて、子育てや家族の健康に気を配るといったことも求められ、なおさら女性の集中力は散漫になりがちなのです。そして先ほど説明したように集中できないから、またそれが原因になってストレスが増してしまう。「子育て中の女性のアンテナは常に子どもを守ることに向き、脅威に対してより早く反応します。女性は男性よりも行き詰まりやすく、思い悩みがちなのです」とスード医師。

すれ違うのは、“わからない”から

喧嘩するカップル

image via shutterstock

この男女間における緊張の感じ方の違いは、“すれ違い”につながる場合もあります。

もしあなたが女性なら、上司と意見が食い違った時を考えてみてください。上司があなたをどう見たか、上司が何と言ったか、あなたがどう感じたかの話を、帰宅してあなたのパートナーにぶつけても、おそらく彼はどんよりした目になるはず。

「この話はそこまで。明日、その上司と話しあったらどう?」などと言われて、あなたはショックで、腹立たしく、見捨てられた気分になるでしょう。その後は、エスカレートして口論になるか、あるいは引き下がるかしかありません。

ストレスの処理方法は男女で異なる

新しい研究では、男女がどのようにストレスを処理するかを調べ、“すれ違い”の理由を提示しています。

fMRI(血流の変化を観察できる機能的MRI)を使用して脳の活動を調べているエール大学医学部の研究者たちによると、個人的で強いストレスのある出来事をイメージすると、男性の脳は、行動や計画に関連した部分が活発に活動しました。一方、女性の脳は映像化するような働きが活発になり、認知的かつ感情的に経験を処理していたのです。

女性は不安を何度もイメージする

女性の会話

image via shutterstock

この研究の第2部によると、男性と女性がともに強い不安を覚えても、女性の脳で活動的だった領域は男性では活動的ではないこともわかりました。エール大学学際ストレスセンターのラジータ・シンハ博士によると、女性はストレスを処理する中で頭の中で何度も繰り返し、再イメージするため、それにとらわれてしまうことが多いそう。

「女性は心配事について話し、自分の感情やストレスの元について説明して対処しようとします」(シンハさん)。これには問題を何度も考えてしまうリスクがあります。

男性は悩まずに、次の行動を考える

男性は、自分の脳の認知処理部分にアクセスしていないようで、「すぐに何かに取り掛かり、行動を起こすことを考える傾向があります。悩みについて言葉で説明するのとは反対です。それは生まれもっての違いとなります」

悩んでいる人へのアプローチも違う

悩みを聞く女性

image via shutterstock

また、ストレスに悩む誰かに対して、女性は感情的な面から支援しようとする傾向があるのに対して、男性は金銭や行動などの実体の伴った支援やアドバイスを行おうとする傾向があるのはこのためです。

「皮肉にも、男女ともに張りつめているときに求めているのは、感情的な支援なのです」と、ウェイクフォレスト大学のコミュニケーション准教授、ジェニファー・プリームさんは解説します。そのため、ストレスにさらされる人は男女ともに女性からのサポートを好むのです。

次回に続きます。

幸せな恋愛関係のために

カップルが別れやすいのは7年目ってホント? 倦怠期をうまく乗り越えるには

「7年目の倦怠期」というのは本当に起こることなのでしょうか。倦怠期を乗り越えて結婚生活を長続きさせる秘訣について、心理療法士が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/06/192343pvn_adele.html

心理カウンセラーが教える「信頼を失った相手と復縁する方法」

恋愛でも仕事でも、一度失った信頼関係を取り戻すには時間とコツがいります。心理カウンセラーがすすめる5ステップを紹介。場合によっては、信頼関係をさらに...

https://www.mylohas.net/2019/05/191485sp_mental_pvn_relationship.html

Jenny L. Cook/How Stress Hits Women’s Brain’s Harder—and Why Men Don’t Always Get It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析