1. Home
  2. MIND
  3. ストレスがMAX! パートナーに助けを求めたいときにうまくいく方法は

ストレスがMAX! パートナーに助けを求めたいときにうまくいく方法は

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,524

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ベッドの男女

前回は、男性より女性のほうがストレスを受けやすい科学的な理由を述べました。

それでは、男女間のストレスギャップはどのような時におこるのでしょう? ウェイクフォレスト大学のコミュニケーション准教授、ジェニファー・プリームさんは、カップル間で問題が起きるのは、ストレスになるものについて受け止め方が違う場合だと考えています。

もし、あなたがストレスを感じていても、パートナーが必ずしも支えてくれるとは限らず、「大したことではない」と思っているかもしれません。ならば、パートナーからサポートを得たい場合、どのようにアプローチをすれば助けを得ることができるのでしょうか

ただただ、思いを聞いてほしいと伝える

話す男女

image via shutterstock

それが一番です。聞くこと、人の思いを確認すること。

「本当にストレスを感じているのだね」と中立的にはっきり言ってもらうだけでも、思いを確かめて不安を和らげることにつながるのですと、エール大学学際ストレスセンターのラジータ・シンハ博士は言います。

取り合ってくれないのはつらいと伝える

話す男女

image via shutterstock

パートナーが重要に思ってくれなくて軽視されてしまうと、ストレスを感じている側としてはさらに意地になって、思いを同じくしてほしいと相手方を説得したいと感じます。

そういうときはこう伝えるのです。「本当に困っている。気持ちを顧みてもらえず残念。たとえ理解してもらえなくても、困りごとはわかってほしい。そうしたら気分も晴れるはず」とプリームさんは言います。

自分を責めない

泣く女性

image via shutterstock

「女性は感情をコントロールできないと自分を責める傾向があります」(シンハ博士)。そんなとき、女性はパートナーの言葉を批判的に受け止めてしまいがち

たとえそんな意図がなくても。もしその通りなら、自分を責めないこと。あるがままに考え、そしてパートナーのことも受け止めること。そうするとゆとりが生まれ、ポジティブに考えられるようになります。

いざこざを解決するすべを学べば、プレッシャーはもっと軽くなるはず。脳にため込まれていく恐怖感や疲労感を、うまくガス抜きしていく方法を学ぶのは大事です(次回の『Prevention』では、ガス抜きの賢いやり方を紹介します)。

健康と幸せ、そして回復力をもつ脳があれば、ストレスをコントロールすることができ、素晴らしい見返りもあるでしょう。

次回に続きます。

パートナーを理解するには?

「離婚」の文字が頭によぎったら。ふたりを変える3つの努力

パートナーとの関係は時がたつにつれて変化していきます。いつのまにか修復できなくなる前に、以前のように親密になる方法はあるのでしょうか。

https://www.mylohas.net/2019/05/190603pvn_marriage.html

もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

結婚生活に問題を抱えているとき、離婚を考える前にできることは? ふたりの関係を改善するためのヒントを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190604pvn_marriage2.html

Jenny L. Cook/How Stress Hits Women’s Brain’s Harder—and Why Men Don’t Always Get It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?