1. Home
  2. MIND
  3. ストレスがMAX! パートナーに助けを求めたいときにうまくいく方法は

ストレスがMAX! パートナーに助けを求めたいときにうまくいく方法は

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,629

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ベッドの男女

前回は、男性より女性のほうがストレスを受けやすい科学的な理由を述べました。

それでは、男女間のストレスギャップはどのような時におこるのでしょう? ウェイクフォレスト大学のコミュニケーション准教授、ジェニファー・プリームさんは、カップル間で問題が起きるのは、ストレスになるものについて受け止め方が違う場合だと考えています。

もし、あなたがストレスを感じていても、パートナーが必ずしも支えてくれるとは限らず、「大したことではない」と思っているかもしれません。ならば、パートナーからサポートを得たい場合、どのようにアプローチをすれば助けを得ることができるのでしょうか

ただただ、思いを聞いてほしいと伝える

話す男女

image via shutterstock

それが一番です。聞くこと、人の思いを確認すること。

「本当にストレスを感じているのだね」と中立的にはっきり言ってもらうだけでも、思いを確かめて不安を和らげることにつながるのですと、エール大学学際ストレスセンターのラジータ・シンハ博士は言います。

取り合ってくれないのはつらいと伝える

話す男女

image via shutterstock

パートナーが重要に思ってくれなくて軽視されてしまうと、ストレスを感じている側としてはさらに意地になって、思いを同じくしてほしいと相手方を説得したいと感じます。

そういうときはこう伝えるのです。「本当に困っている。気持ちを顧みてもらえず残念。たとえ理解してもらえなくても、困りごとはわかってほしい。そうしたら気分も晴れるはず」とプリームさんは言います。

自分を責めない

泣く女性

image via shutterstock

「女性は感情をコントロールできないと自分を責める傾向があります」(シンハ博士)。そんなとき、女性はパートナーの言葉を批判的に受け止めてしまいがち

たとえそんな意図がなくても。もしその通りなら、自分を責めないこと。あるがままに考え、そしてパートナーのことも受け止めること。そうするとゆとりが生まれ、ポジティブに考えられるようになります。

いざこざを解決するすべを学べば、プレッシャーはもっと軽くなるはず。脳にため込まれていく恐怖感や疲労感を、うまくガス抜きしていく方法を学ぶのは大事です(次回の『Prevention』では、ガス抜きの賢いやり方を紹介します)。

健康と幸せ、そして回復力をもつ脳があれば、ストレスをコントロールすることができ、素晴らしい見返りもあるでしょう。

次回に続きます。

パートナーを理解するには?

「離婚」の文字が頭によぎったら。ふたりを変える3つの努力

パートナーとの関係は時がたつにつれて変化していきます。いつのまにか修復できなくなる前に、以前のように親密になる方法はあるのでしょうか。

https://www.mylohas.net/2019/05/190603pvn_marriage.html

もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

結婚生活に問題を抱えているとき、離婚を考える前にできることは? ふたりの関係を改善するためのヒントを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190604pvn_marriage2.html

Jenny L. Cook/How Stress Hits Women’s Brain’s Harder—and Why Men Don’t Always Get It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?