1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医に聞く「老け顔」対策。頬がこけるのを防ぐ方法は?

皮膚科医に聞く「老け顔」対策。頬がこけるのを防ぐ方法は?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

9,347

AYANA

0shutterstock_1339911011

image via Shutterstock

MYLOHAS読者のニッチだけど深刻な美容のお悩みを解決していく「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回は、「年齢とともに頬がこけてきて、顔だけどんどん老けていく気がします。会社帰りに電車の窓に映った、げっそりした自分の顔にいつも驚いてしまいます」というお悩み。

お答えいただいたのは、泣く子も黙る美貌の持ち主、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生です。

頬の肉は、加齢とともに落ちてしまうもの

こけた女性

image via Shutterstock

実は、頬の肉がどんどん減ってしまうのは避けられないこと。

「ゴルゴ線ができやすい目の下、額、あご周り、頬骨の下、コメカミ、頬。このあたりはどうしても年齢とともに肉が落ちてきてしまいます。

体重を少し増やしたとしても、そこだけ肉を増やすことはまず難しいのです。顔が急激に痩せてしまわないよう、過度なダイエットを控えつつ、代謝を上げてワークアウトすることが予防につながります」(慶田先生)

たとえば、ストイックな糖質制限をかけてしまう場合がありますが、これも過度なダイエットのひとつ。

栄養不足になると、生命維持に重要な臓器に優先的に栄養素が配分されてしまいます。すると、肌はふっくら感が失われ、骨と筋肉が目立つゴツゴツした状態になり、顔やせにつながってしまいます。

「顔の筋トレをすれば美しさをキープできる」と思ってしまいがちですが、肌のハリ感ややわらかさを担うのは、コラーゲンやヒアルロン酸、そして脂肪

筋肉を鍛えても、そこを強化することはできないのです。

ほほ笑みをキープする癖をつけて!

笑う女性

image via Shutterstock

顔の肉を美しいままキープするには、たるまないようにほほ笑んでいる表情をキープするといいそう。

「表情を美しく保つという心がけですね。激しいマッサージや筋トレとは違って、自重でキープすることが大切。

バレリーナの動きに近いです。バレリーナたちはダンベルなんて持たないですよね。でも自分の腕の重さで動きをキープしたりする。地味に辛いんですが、これが効きます。

このとき注意してほしいのが姿勢です。猫背、あごをいつも上げている、あごが前に出ている、このような悪い姿勢によってたるみが加速してしまいます」(慶田先生)

その他、日やけ止めを塗る、保湿する、過度な体重の増減を避ける、抗酸化スキンケアを取り入れる、などが効果的です。

一日の途中にエネルギーチャージを

疲れている女性

image via Shutterstock

「会社帰りに電車の窓に映った顔がゾンビみたいにげっそりしている」という現象についてはどうでしょう。

「そもそも、人の顔は朝はむくんでいるんです。それが一日過ごすうちにだんだん脱水してくるからそのようなことになる。

あとは帰って家で寝るくらいなら、そんなに気にしないことですね。でも、夕方のブレイクタイムに水分や糖質を補うのはいいと思います。

頬が脱水してこけていくスピードを緩和できるでしょう」(慶田先生)

補給したいおすすめの栄養素3選

ミルク

image via Shutterstock

夕方以降の「老け顔」につながらないために摂りたい栄養素を、慶田先生に教えていただきました。

糖質

頭を使う仕事なら、糖質を補給するのがおすすめ。ヨーグルト、豆乳、アーモンドミルク、きな粉ドリンク、ナッツなど。カロリーはしっかりありつつ、加糖ではないものを選ぶのがベター。

タンパク質

弾力のある美肌を目指すならタンパク質を。チキン、枝豆、豆腐など。今はコンビニに脂質の低いチキンが多く並んでいるので、ぜひ活用を。

水分

脱水を避けるためには、やはり水分チャージを。ここで甘いものを摂る習慣をつけてしまうと糖尿病のリスクが。ミネラルウォーターやお茶などを選んで。ちなみに、アルコールは細胞から水分が奪われるので逆効果。

規則正しい生活、じゅうぶんな睡眠、そしてバランスの取れた食生活。美しい肌をキープするためには、これらの基本的なことも忘れてはなりません。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

実年齢より老け顔になる、うっかりやりがちな習慣3つ

年齢とともに増えていくシワ。なるべくシワを減らすためにはどうしたらいいのでしょうか。嫌なシワを減らしたいなら、やってはいけないことを探ります。

https://www.mylohas.net/2019/06/192519pvn_wrinkles.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析