1. Home
  2. EAT
  3. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

12,159

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。インスタグラムでヘルシーなレシピを紹介しています!

マンゴーアイス

image via Shutterstock

最近とても暑くなってきましたね。湿気もすごくて、家に帰るまでの道のりだけで汗をかいてしまうほどです(笑)。そんなときに、家に帰って食べたくなるのがアイスクリーム! ダイエット中だと少し躊躇してしまうと思いますが、そんな心配はいりません。

今回は砂糖や乳製品を使わずに、フルーツだけで作る低糖質かつ栄養満点なアイスクリーム、「ナイスクリーム」のレシピをご紹介します!

トロピカルナイスクリーム

ジェラート

ナイスクリームとは、英語の“ナイス”と“アイスクリーム”を掛け合わせた造語です。フルーツや蜂蜜の天然甘味料などで甘さを加えることで、カロリーや糖質はとても抑えられるため、ナイスなアイスクリーム=“ナイスクリーム”と呼ばれています。

動物製品を食べないヴィーガンの方や、カロリー摂取を控えたいモデルさんに愛されており、さまざまな種類のナイスクリームが作られてきました。今回は、そのなかでも身近な食材で作ることができる一番簡単なものをご紹介します!

【材料】

  • 冷凍バナナ 1本
  • 冷凍マンゴー 60g
  • 冷凍パイナップル 50g

【レシピ】

  1. すべての材料を、ミキサーかフードプロセッサーにかける。
  2. すべての材料が滑らかになったら完成。
  3. 滑らかな状態で食べてもおいしいですし、容器に入れて冷凍庫で完全に冷やしてから食べてもおいしいです。

このレシピのスーパーフード:バナナ

バナナ

image via Shutterstock

バナナは食物繊維とカリウムをたっぷり含むため、整腸機能や疲労回復機能、体内の水分調節機能が備わっています。

また以前の連載で紹介したように、バナナはスムージーバナナブレッドといったさまざまなスイーツに使えるので、冷凍保存しておくと便利。その際、「冷凍するためのバナナを買う」よりは、家に置いておいて熟しすぎてしまったバナナや、お店で安売りしていて余ってしまったバナナなどを冷凍してみてください。お得なだけでなく、甘みがグンと増すのでオススメですよ。

このレシピのスーパーフード:マンゴー

マンゴー

image via Shutterstock

南国を代表するこのフルーツには、ビタミンA、C、βカロテン、食物繊維といった、さまざまな栄養素が含まれています。「バナナの味があまり得意ではないけど、甘いものが大好き」という方は、バナナの量を減らして、マンゴーの量を増やしてみてください!

マンゴーは生の状態で買うよりも、冷凍の状態で買ったほうが甘いですし、お得なのでオススメです。

このレシピのスーパーフード:パイナップル

パイナップル

image via Shutterstock

もうひとつの南国を代表するフルーツ、パイナップルには、ビタミンCやビタミンB1、タンパク質の分解を助けてくれるブロメラインという酵素などが含まれています。

私はいつも、生のパインを購入し、芯の部分も一緒に冷凍してナイスクリームやスムージーに使っています。芯は生で食べると硬いですが、ミキサーで滑らかにしてしまうとまった硬さは感じません。食ロスも防げちゃうので一石二鳥ですね!

フルーツ好きなあなたへ

血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

モモやサクランボなど、ジューシーでキレイな色のストーンフルーツと呼ばれるフルーツの仲間。血圧を下げ、ヘルシーな体重を保ってくれるだけではありません。

https://www.mylohas.net/2019/05/190595pvn_stonefruits.html

乱れがちな食生活をリセット! 全然苦くない、デトックスグリーンスムージー

やっと寒さが終わり、暖かくなってきましたね。そうすると飲みたくなるのがジュースやスムージー。そこで今回は、6種類もの野菜と果物がたっぷり詰まったグリ...

https://www.mylohas.net/2019/05/189781greensmoothie.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由