1. Home
  2. BODY
  3. 半年で体型を戻せたセレブが実践! 筋トレ動画をトレーナーが公開

半年で体型を戻せたセレブが実践! 筋トレ動画をトレーナーが公開

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,732

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

エヴァ

一度崩れた体型を自力に取り戻すには、荒療治が必要なようです。

『デスパレートな妻たち』の有名女優、エヴァ・ロンゴリア(44歳)は、約1年前に息子のサンチャゴを出産。産後に増えた体重を減らそうと取り組んでいます。ラテン系の人たちを支援する「エヴァ・ロンゴリア基金」の先週の昼食会では、基本的に「空気を食べている」とジョークを言うほど。

エヴァはこの半年間、カンヌ映画祭に向けた準備として、かなり厳格に、ヘルシーな食事と運動を実践してきました。そのおかげか、今やステキに輝いていて、かつてないほど調子がよいそう。

5月1日の「ビルボード・ミュージック・アワード 2019」では賞のプレゼンターとして登場し、肩を出した黒いドレス姿で人々を圧倒。

お酒、砂糖、炭水化物を避けた

ワインは飲まなかったし、砂糖も摂らなかったわ。ここしばらく炭水化物を見てもいないの。でもカンヌに行って、レッドカーペットを終えたら、思い切り食べるつもりよ」と、『Us Weekly』のインタビューで話しています。

シェイプアップのために、セレブトレーナーのグラント・ロバーツにサポートしてもらったエヴァ。インスタグラムには、ジムで本格的に筋トレをしている動画が公開されています。エヴァの体型を変えたトレーニングとは、どのようなものでしょう?

背中と肩を鍛えるセット

先日、エヴァはこのスクワット・ローイング(膝がつま先よりも出ない程度に軽く膝を曲げるスクワット)の動きをインスタグラムにアップ。腕と肩が、ギュッと引き締まっているのがわかります。

大臀筋(だいでんきん)と大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛えるだけなく、背中と肩も強化するコンパウンド(複合)エクササイズになっています(大臀筋を引き締める方法は、こちらの記事を)。

トレーナーのグラントは2月、自身のインスタグラムに、肩幅ほどの長さの軽量パイプを持ってスパイナル・ツイスト(片足をもう片足に交差させ、体をねじる動き)をしているエヴァの映像をアップ。

肩の動きをよくすると同時に、体幹も鍛えられます。エヴァも、背中を鍛えるワイドグリップ・ラットプルダウン(両手幅程のバーベルを肩にまわし、腕を曲げ伸ばす動き)をしている映像をシェアしました。

大臀筋と体幹を鍛えるセット

上半身の運動とバランスを取るため、エヴァはデッドリフト(床に置いたバーベルを腰と膝を曲げて両手で握り、直立するまで持ち上げる動き)をしました。大臀筋を強化するだけでなく、体幹と背中を安定させます(こちらの記事も参考に!)

グラントは、エヴァの大臀筋、ハムストリング、ふくらはぎの筋肉、体幹を活性化するために、スレッド・プッシュ(重りを乗せた台車を両手で押して歩く動き)とバトル・ロープ(太くて重さのある2本のロープを上下にしなるように振る動き)のようなプッシュ&プル運動もセットに組み込んでいます。

エヴァのエクササイズ計画は、とても参考になりますね!

エヴァが言うには、「息子のために、ヘルシーな体型に戻りたかったの。子どもたちがいるから、やることはたくさんあるし、疲れ切って大変よ。疲れ切っているわ。でも息子のために、スタイルを保ってできる限り、最高にヘルシーな私になるの」

夏までに、やせる!

10分でOK。筋トレ+有酸素運動を組み合わせたトレーニングとは?

短時間で効率的に全身を引き締めることができると評判のサーキットトレーニングとは? サーキットトレーニングの仕組みやメリット、実践方法を学び、自分にぴ...

https://www.mylohas.net/2019/06/192363pvn_training.html

ぽっこりお腹は水泳で凹む。ランニングよりもいい理由

ウォーキングなどの有酸素運動に飽きたら水泳をしてみては?体脂肪を減らすのにぴったりという水泳の効果を専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/06/192148pvn_swimming.html

Tiffany Ayuda/Eva Longoria, 44, Reveals the Workouts That Built Her Amazing Post-Baby Body/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由