1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 眠っている間に、顔のシワを増やさないためには?

眠っている間に、顔のシワを増やさないためには?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,831

顔を触る女性

image via shutterstock

シワというのは自然な老化現象のひとつ。年齢を重ねていくと、肌の弾力が失われてコラーゲン(肌にハリを与える繊維)の生成が減り、目やおでこ、口、さらには首などの周りに小ジワや深いシワができてきます。

前編では、シワが知らぬ間に増えてしまうNG習慣を紹介しました。今回は、嫌なシワを減らしたいなら取り入れるべきことに注目します。

睡眠を優先する

睡眠

image via shutterstock

美は睡眠によって得られるというのは、本当なんです。私たちの肌は寝ている時に回復モードに切り替わります。皮膚の肥厚細胞のターンオーバーを促進し、コラーゲンの生成を促し、細胞が早く入れ替わるように血行をよくするのです。

「睡眠によって得られる効果と同じ効果をもたらす注射やレーザー、プロダクトは存在しません」と話すのはニューヨーク大学ランゴン医療センター皮膚科臨床准教授で皮膚科専門医のドリス・デイ医学博士です。アメリカ国立睡眠財団は、毎晩少なくとも7時間から9時間の睡眠をとることを推奨しています。

そして、寝るときの姿勢は、仰向けのほうがシワの予防にいいのでしょうか? 人は平均して一晩の間に16〜20回ほど姿勢を変えているので、どんな姿勢で頭を休めたらいいのかを考えても無駄です。

でも、ベッドリネンの素材については別。たとえば枕カバーなら、綿よりもシルクのほうが肌に優しいかもしれません。

シワと闘うスキンケアをためしてみる

化粧品

image via shutterstock

美容注射や点滴はすばやく肌を修復してくれますが、一番自然に見える方法とは限りません。値段が高いのは言うまでもなく、肌に針を刺さないといけないというのが嫌ですよね?

医者に行かなくてもできる、シワを予防するのによいトリートメント方法もたくさんあります。化粧品などを選ぶ時に気にすべき成分は、次の通り。ただしすぐに効果は現れにくいので、焦らないことが大切です。

  • レチノール:シワを改善するコラーゲンの生成を促進します。
  • ペプチド:アミノ酸の鎖で、コラーゲンやエラスチンの生成を助けます。レチノールと似ていますが、そこまで強くなく、刺激性もありません。
  • レスベラトロル:フリーラジカル(肌細胞を傷つけるとされている不安定な分子)と戦う抗酸化物質で、コラーゲンとエラスチンへのダメージを防ぎます。
  • ヒアルロン酸:肌に水分をもたらし、一時的にシワをふっくらとさせる保湿剤です。
  • ビタミンC:コラーゲンの生成を助け、肌を明るくする抗酸化物質です。
  • ビタミンE:ビタミンCとともによく作用し、肌を保護してバリアを養い、炎症をやわらげる抗酸化物質です。

食べ物からシワ対策も

老けない、サビない人に。食材の抗酸化力をアップさせる食べ方って?

年齢を重ねるにつれて、体や肌は酸化していくと言われています。これは人間が酸素を吸って生き、活性酸素をつくり出す限り、変えられない事実。でもできること...

https://www.mylohas.net/2019/04/179253sp_aging_oxidation.html

ダイエットやシワ予防にも!? 柑橘系フルーツが健康によい理由

ミカンやグレープフルーツなど柑橘系の果物は栄養豊富。美容や健康によい理由を知って積極的に摂りたいものです。

https://www.mylohas.net/2019/04/188913pvn_citrus.html

Darcy Jacobs/How to Actually Prevent Wrinkles as You Age, According to Dermatologists/Maya A. Kishida(翻訳)

Maya A. Kishida(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 半年で体型を戻せたセレブが実践! 筋トレ動画をトレーナーが公開

    2. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自己肯定感を上げるのに、一緒にいるとよい人ってどんな人?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    9. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン