1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 実年齢より老け顔になる、うっかりやりがちな習慣3つ

実年齢より老け顔になる、うっかりやりがちな習慣3つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,082

Maya A. Kishida(翻訳)

しわ

image via shutterstock

シワの出現を減らすには、魔法の薬も高価な商品も必要ありません。

シワというのは自然な老化現象のひとつ。年齢を重ねていくと、肌の弾力が失われてコラーゲン(肌にハリを与える繊維)の生成が減り、目やおでこ、口、さらには首などの周りに小ジワや深いシワができてきます。

シワができやすいかどうかについては、親から受け継いだ遺伝的な影響もありますが、特定の人種的背景も関係していることが研究でわかっています。白人女性はエイジングの兆しが比較的かなり早く現れますが、それにくらべてアフリカ系、東南アジア系、ラテン系の女性は、場合によってはシワが現れるのが10年ほど遅くなることも。

だからといって、年を取るにつれて見た目が変化するのをコントロールする術がないわけではありません。嫌なシワを減らしたいなら、やってはいけないことは?

タバコを吸うのは、NG?

タバコ

image via shutterstock

タバコを吸わないというのは、健康全般にとって最善の選択肢のひとつ。ある種のガンや心疾患のリスクを軽減するほか、より長期間にわたりシワも(それも体全体のシワを!)予防してくれるのです。

喫煙者のシワは、大抵は人生のかなり遅い時期にならないと現れないのですが、350人の非喫煙者、現在喫煙している人、過去に喫煙していた人を調査した研究では、20歳から39歳の現在喫煙している人に「極めて微細の表面のシワ」の兆候が見られることがわかりました。

その理由は、タバコに含まれるニコチンが皮膚の最上層にある血管を狭め、その過程で血流が止まるからだと、アメリカの大手総合病院であるメイヨークリニックは説明しています。そのため酸素が減り、ビタミンAのような有益な栄養素が肌に届きにくくなってしまうのです。

さらにタバコには、コラーゲンやエラスチンにダメージを与える化学物質が大量に含まれています。また、タバコを吸う際の特定の顔の表情(たとえば唇をすぼめるなど)も小ジワの出現を早めてしまう可能性があります。

顔の集中エクササイズは、NG?

顔マッサージ

image via shutterstock

ほおを膨らませる、舌を突き出す、口をすぼめるなど、大げさな表情で顔の筋肉をぎゅっとしめると、自然に肌がリフトアップする……そんな話を耳にしたことはありませんか?

しかし研究では、そのような結論は出ていないようです。逆にそうすることで、自然に生まれるシワが余計に深くなってしまうかもしれない、とボストンのベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター皮膚科専門医レイチェル・V・レイノルズ医学博士は注意を促しています。

だからと言って、笑ったりしないほうがいいということではありません。笑うときに使う筋肉をただ動かすだけでも実際に幸せな気持ちになり、あなたをより信頼できる人に見せると、2017年に発表された138の研究のメタ分析が示しています。

日焼け止めなしで外出は、NG?

日焼け止め

image via shutterstock

シワを予防し、日光によるその他のダメージを防ぐには、できれば紫外線を防ぐ効果をもつ化粧品に頼るのではなく、ちゃんとした日焼け止めを早めに、かつ頻繁に塗ること。老化などの日焼けダメージの80%が紫外線によるものだからです。肌の色が濃い人の場合でも同様です。

日焼け止めをたっぷり塗るのがよいというのには別の理由もあります。『Dermatologic Surgery』誌に掲載された2016年の研究で、SPF値の高い日焼け止めを塗ることで、シミを減らし、顔色も明るくなり、肌のキメもなめらかになり、肌が自ら修復するのを促す可能性があることがわかりました。

UVA(肌の奥まで達する紫外線)とUVB(日焼けの原因となる紫外線)を両方防御するためにも、日焼け止めはSPF30以上のものを選びましょう。2時間ごと、あるいは水泳や汗をかいたらその都度塗ること。メイクの上から塗り直すのがいやなら、UVパウダーがタッチアップ用に便利です。

シワ対策は早めにしたい

肌や髪のツヤ、鉄不足を解消すれば手に入るかも。コツコツ鉄を摂る方法

どんなときも気になる、くすみやシワといった素肌の状態。実は鉄不足が関係していることもあります。 鉄は、肌にも深く関係しています。 たとえば美肌に欠か...

https://www.mylohas.net/2019/05/190124iron.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html

Darcy Jacobs/How to Actually Prevent Wrinkles as You Age, According to Dermatologists/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由